スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きゃぁ~、な月曜日…

仕事中だというのに、しっかり10時にはキャストチェック
これが月曜の楽しみになってきました…
確か去年の7月以前はチェックなんて行く直前しかしていなかったような…
これもブログを始めたお陰ですね(笑)

で、キャッツ…これは我慢しろって方がムリでしょう
見た瞬間松島さんって叫びそうになりました(笑)
芝さんも・福井さんも、って上げたらきりがないですね

異国の丘、とうとう石丸さんが来ましたね~
そして花代さん
団さんもいるし、京都にも行きたい…
でも先立つものがない…
宝くじあたらないかしら…

って職場でブログをUPしている私っていったい…って感じですね(笑)

キャスト見た瞬間に、カレンダーにソワレがある日に印をつけてしまいました…
仕事のことは一切記入していないのに…
これでお給料もらっていいのかしら、と一瞬だけ考えてしまった。
今週も引続き激戦の前予となりそうですが、1回だけでもいいので、電話がつながりますように…
頑張って電話します!!
職場の人には14時(正確には13:55以降)話しかけるなって言っておかないと♪

↓追記にラ・バヤデールについてちょこっとお知らせ?があります♪
スポンサーサイト
テーマ: ひとりごと | ジャンル: 日記

四季と違う…

20060226193011

「ラ・バヤデール」のパンフレットの松島さんの写真。

四季と違う!!って当たり前なんでしょうが…
前々から思ってはいたんですが、この写真になると益々…
そう、益々専門の時に嫌いだった苦手だった人によく似てます(笑)

でも松島さんは大・大・大好きです
どうやら私は外見に惑わされないらしい(笑)
今日は松島さんが猫観劇していたようなので(Aさん情報ありがとうございます♪)
明日のキャスト発表が楽しみです
テーマ: ひとりごと | ジャンル: 日記

新春公演「ラ・バヤデール」 0224

20060224225113

【登場人物】
ソロル…若き勇者
トロラグヴァ…ソロルの友人
ドクマンタ…王族の長
ガムザッティ…ドクマンタの娘でかなりの美貌の持ち主
アイヤ…ガムザッティの乳母
マクダベア…苦行層
ニキヤ…ソロルの恋人でバヤデール(巫女)
バラモン…大層正、ニキヤに横恋慕
黄金の仏像…仏像です(笑)

と登場人物はこの位。
バレエはほぼ初観なので、ドキドキ。
仕事を早退して劇場へ向かい、パンフを持って席に座り、あらすじを一生懸命読んでいました。
周りは…私一人場違いみたいでしたねぇ(汗)
みなさん「バレエやっています」「バレエやっていました」的な方々ばかり…
会話も「●●先生、お久しぶりです。 今日のお教室はどなたが?」などなど…
お子様方も沢山いて、親達のかるい皮肉が混じった社交辞令のオンパレード…
恐ろしい…
とこんな事は気にしてられない!!!
舞台に集中する為にも兎に角登場人物とあらすじだけでもおさえなければ、と。
で上に書いたような人々が登場することが分かった。
といっても、カタカナにとても弱いので、観るまでイマイチ???だったけれど。


第1幕 ~1場~
若き勇者ソロルと友人トロラグヴァ達が、王族の長ドクマンタに毛皮として送る
トラを狩って帰ってくる。
ソロルは苦行層のマグダベアを呼び、自分が聖堂のそばで待っている事を恋人で
バヤデール(巫女)のニキアに伝えるよう頼む。
一方寺院では、大僧正のバラモン達僧侶が火の神の祭りの準備をしている。
バラモンニキヤを呼び、踊りで祝賀に花を添えるよう命じる。
ベールに包まれたニキヤが登場し、神に捧げる踊りを踊り始める。
その真っ最中にも関わらず、バラモンニキヤへの思いを抑えきれず、熱烈に愛を告白。
あらゆる富も与えると約束するが、ニキヤはにべもなく拒絶。
マグダベアはそんな最中、ころあいを見計らってニキアソロルからの伝言を伝える。
ニキヤは嬉しさに胸躍らせる。
夜になり、ソロルマグダベアを従えて聖堂に行き、ニキヤを待つ。
人目を忍んで来たニキヤと抱擁し、永遠の愛を誓う。
時の経つのを忘れ、幸せな時間を過ごしている二人に無常にも朝が近づく。
そんな場面を聖堂の影から盗み見るバラモン
バラモンは嫉妬に狂い、若き二人に復習を決意する。

第1幕 ~2場~
ドグマンタの宮殿。
トロラグヴァや他の若い軍人達が広間でくつろいでいる。
上機嫌のドグマンタが現われ、巫女と娘を呼びに行かせる。
娘のガムザティが登場すると、唐突に花婿をと言い出す。
驚くガムザッティを尻目にソロルを呼びに行かせる。
ソロルが登場すると、ドグマンタはこれから二人を花嫁・花婿とすると宣言。
ガムザッティの美しさに一瞬我を忘れたソロルだが、すぐにニキヤとの誓いを
思い出し、断ろうとするが、ドグマンタは耳を貸そうともしない。
その上、結婚式は3日後に行うと宣言してしまう。
丁度その時、バラモンがあわられ、大事な話があると人払いをお願いする。
バラモンソロルニキヤの中を密告。
ドグマンタはソロルの行為に腹を立てるが、ガムザッティとの結婚は諦めず、
邪魔者のニキヤを殺そうと企てる。
恋敵ソロルを亡き者にしようとして密告した結果、ニキヤの暗殺に話が進んでしまった
バラモンは慌てる。
ソロルの殺害を進言するが認められず。
一方、この一部始終を立ち聞きしていたガムザッティニキヤを呼び出し、
婚礼の席での舞いを所望する。
ニキヤは快く承諾。
承諾を得た後、ガムザッティは自分の婚約者の肖像画をニキヤに見せる。
ニキヤは驚き、動揺する。
ガムザッティニキヤに別れるよう要求するが受け入れられず、多額の財宝も与えると
言っても承諾を得られず、プライドを傷つけられた王女はニキヤへ復習心を抱く。

第1幕 ~3場~
宮殿へと逃げ帰ったニキヤは哀しみと後悔で打ち沈む。
すると黄金の仏像が現われ、ニキヤの心を慰め、勇気付けてくれる。

第2幕
婚約式。
ガムザッティソロルの婚約披露宴が華やかに行われる。
トロラグヴァと軍人達が勇壮に踊り、次々と祝いの踊りが披露される。
そしてニキヤも…
バラモンソロルニキヤから目を離さない。
ドグマンタは時次女に命じて、毒蛇を仕込んだ花かごを二際に渡す。
ニキヤは人々を楽しませなければならない思いと、ソロルへの愛の絶望的な
思いの中で揺れ動きながら苦悩に満ちた踊りを踊る。
その最中、籠から這い出した毒蛇に噛まれる。
蛇に噛まれたことは死を意味することを知っているニキヤは、恋人ソロル
別れを告げる。
バラモンは自分への愛を誓うのなら解毒剤を渡すと告げるが、ガムザッティ
ともに会場を後にするソロルを観て、解毒剤を拒絶し、死んでいく。
ソロルの哀しみをみながらも、計略の成功を喜ぶドグマンタガムザッティ

第3幕
ソロルの部屋。
後悔がソロルを苛み、哀しみの底にしずんでいると、マクダベアが現われ、
気持ちを静める麻薬を進め、吸わせる。
マクダベアが去った後、暗闇から亡霊達が現われ、その中にニキヤの姿を見つける。
ソロルは彼女に導かれ、躊躇いもなく死の列に加わってしまう…。


第1幕 ~1場~
ではこれといって見せ場的なダンスってのは無かったように思います。
ミュージカルばかり観ているので、…あ、セリフがない!って思ったり。
でもあらすじを軽くではあったけれど、読んでいたので、心の中で
面白いようにセリフがついてきました(笑)
フムフム、この人がソロルで、この人がニキヤ…
ってだけの第1幕。
舞台はとても素敵な創りでした。

第1幕 ~2場~
ガムザッティの王女的な勝ち誇った笑顔がとても素敵でした
個人的にはニキヤよりもガムザッティをやっている彼女の方が技術的な事は
おいておいて(素人なので難しい事は分かりません…)魅力的でした!!
オレンジを基調とした衣装もとても素敵で、何より細い!!!
(ニキヤの方が細かったんですけれど)
ガムザッティを紹介されたソロル。
彼女の美しさにも、そして結婚にもびっくり。
友人のトロラグヴァに相談したり、オドオドしたり…
結構細かかったです。

人払いをされた後、立ち聞きするガムザッティ。
その姿もとても可愛かったし、先ほどのソロルと同じように同様するバラモンもよかった。
自分の部屋にニキヤを呼び出したガムザッティ。
消極的な女性?っぽいニキヤと勝気なガムザッティ。
衣装も華やかなオレンジを基調とするガムザッティと、薄い青を基調とするニキヤで対照的。
強気なガムザッティを拒絶し続けるニキヤ。
ニキヤが立ち去った後のガムザッティの顔が怖かった(笑)

第1幕 ~3場~
…すいません、ここ目的で観に行きました(笑)
黄金の仏像の独断場でした!!!
って他にはうつぶせになっているニキヤしかいないんですが…
仏像が安置されている部屋に飛び込んできたニキヤ。
泣きつかれて?仏像の足元に寝入ってしまいます。
そして仏像が動き出し、って感じなんですが、はじめ動かない黄金の仏像。
ピリピリとした緊張感が感じられました。
が、動き出したら、そんなもの飛んで行ってしまいましたね!!!
メリハリがあるのはもちろん、ミスト的な動き(ミストがバレエ的な動き
なのでしょうが)が満載でもう
でも、6列目に座っていたのですが、あまりのキラキラ加減で顔なんて
分かりません(汗)
でも本当に素晴らしい黄金の仏像の舞でした!!!
最後まで通して一番ブラボーが多かったですね。
(男性が叫んでいました…)
でもストーリー的には???な所。
別にこの仏像が何かをしてくれるわけではないし。
最後に導いてくれる、ってのなら話は別ですが、そんな事もなかったです…

第2幕
婚約披露宴。
ソロルの友人のトロラグヴァが踊りだすんですが、はじめは「おぉ」って感じ。
でもだんだん疲れ?(そんなに踊ってなかったような)が出始め…
女性達のダンスは凄く素敵でした
小さい少女ダンサーも2人出てきたんですが、(ミツバチの衣装で可愛かった)
上手側の少女の動きがとても素敵で、続ければ将来きっとメインを取れるのでは?と思ってみたり。
腕の表情だけなら、メインのニキヤより上でした!!!
そして花嫁のガムザッティのソロもあり。
思いっきりの見せ場でなぜだか転倒…
一瞬びっくりしてしまいましたが、何事もなかったかのように踊り続け、
(当たり前ですね)最後は大きな拍手喝采。
確かに素敵でした
やっぱり役柄とかではなく、彼女には「華」がありました。

ソロルは終始俯き加減で、哀愁を漂わせていました。
ガムザッティはソロルの気を引こうと一生懸命。
2人で踊る場面もあり、結構素敵でした!!!
ニキヤのソロ。
とても美しいのですが、私にしてみれば美しいだけにしか感じませんでした…
技術的にはきっと素晴らしいのでしょうが、私には伝わらない何かがあるのかも。
役柄的にも終始悲しそうな顔をしてるからかもしれません。
ガムザッティと役柄を変えたらまた印象も違っていたのかも。
幕が閉まる直前、やったぜ的にガッツポーズをするドグマンタが印象的(笑)

第3幕。
圧巻って感じでしょうか?
出て来る出てくるって感じで次々と女性が現われました…
最終的には8列4行っていうんでしょうか?
32人が舞台いっぱいに踊ります。
コレだけいると、足が上がっていなかったり、反り方が足りなかったり…
バレエをやっていても、色々なタイプの人がいるんだなぁと実感。
その後もう4人が加わり、これが死の演舞って感じでしょうか。
ニキヤも現われ、ソロルが見つけ、それぞれソロを踊ったり、一緒に踊ったり。
ここまでは松島さんの黄金の仏像が一番ダンスが素敵だったんですが、
やはりメインをやるってだけあって(生意気ですね・汗)ソロルは素晴らしかった…
でも彼にはミストは出来ませんけどね、きっと(笑)

拍手は最高潮に達したような気がします。

生オケだったし、会場も素晴らしかったし…
バレエの世界ってやっぱり好きですね、と改めて認識。
出来ることなら明日の25日も観たかった…
松島さんも黄金の仏像ではないですが、1幕に出るようでしたし…
うぅ、残念

でも思ったのは、ロングラン公演のキャッツと、2日間限定公演とを比べては
いけないのでしょうが、やはり松島さんとして観るのならキャッツに出ている
もしくは他の作品でもミュージカルに出ているほうが輝いている様に観えました…

長々と書きましたが、素人のたわごとですので、ご容赦願います
テーマ: バレエ | ジャンル: 学問・文化・芸術

「五郎治殿御始末」 浅田次郎著

20060222210308

そういえば最近本の感想かいてないなぁ…と。
ちょっと前に読んだものから少しずつ書いていきたいと思います♪

『五郎治殿御始末』 浅田次郎著 中公文庫


帯には
「最後の武士」の身の始末
明治維新という大失業時代にみずからの誇りを貫いた敗者たち

とありました。

うん、私の好きな時代ものだわ!
そして表紙がまた素敵って事で購入。

表題作以外にも
「椿寺まで」
「箱根証文」
「西を向く侍」
「遠い砲音」
「石榴坂の仇討」

の計6作が入っている短編集でした。

帯は殆ど見ずに買い、すぐにキャッツのカバーをつけてしまったので
明治維新直後の話だとは知らず、途中で「土方歳三」なんて名前が出てきて
びっくりしてみたり(笑)

全体的には帯にあるとおり、明治維新での色々な「敗者をメインにした話です。
私は特に「遠い砲音」以降の表題を含めた3作が好きでした。

そして最後の解説もとても素晴らしいと思いました。
ちょっとじーんとしてしまった解説から抜粋したいと思います。

~解説~ 磯田 道史
子や孫にだけは苦労をさせない。
思えば、武士をいうものを失ってから、それだけが、我々日本人の確かな道徳で
あったかもしれない。
…中略…
日本人は優しい。 
親が子を思い、子が親を思うという優しさの連鎖が、この国の人の心を安定させ、
社会を安定させてきた。 
これはまぎれもない史実である。
しかし、

…と続くのですが、解説のこの部分になぜだかとても感動してしまった…

先週(確か)のR25(駅などにおいてあるフリーペーパー)の最後にも
いい話が載っていたのですが、それはまた次回。
テーマ: 小説 | ジャンル: 小説・文学

黙ったまま耐えて強く!

行き着けるかー 来月まで

…我慢しましたよ、前予!!!
自分で自分を褒めちぎりました

オンタイムにキャストボックスを見て…
福井さんは久雄を抜けていたし、趙さんも本調子ではなさそうだし、
そろそろマンカス来るかな?って思っていたので予想範囲内だったんですが、
なんですか、スンラガス!!!!
上から順に真鍋ランペル・大口カッサ、福井マンカス…
ここまででもう、ぅぅぅ…
そしてスンラガス
更には芝タガー続投、ミストはもちろん蔡ミスト
萩原ギルに赤瀬マキャ…

どう我慢すればいいのですか?的な猫達…
(ほぼ逆切れしそうでした・汗)
14時00分まで悩み続けましたよ!!
今週は土日は9割ムリなので、そうなると平日ソワレ狙い…
でも今週は木曜ソワレがない
金曜は松島さんだし…
先週行ったし、勝手に一人で今月はダメって決めていたのに…
その葛藤。

13:55~ 携帯片手に時刻を確認している自分。
13:57~ 妙にそわそわし始める
13:58~ 絶対に電話は繋がらないし、もし仮に繋がったとしても
      ミスト握手席以外はNG
13:59~ ドキドキドキ

とこんな感じに一人舞い上がっていたんですが、これと同時に
別の自分もいて、ダメーとずーっと言い続けている…
↑なんて強情なのでしょう!!!
13:59:45~ ここで我慢することに決め、電話を置きました…

でもその後なにやらやる気が(もともと無かった気もしますが)どこかに
飛んでいってしまったようでかなり無気力…
そして後悔…


電話しなかっただけでこんなに無気力&機嫌悪くなるだなんて…
自分でもびっくり

でも我慢できました♪
この面子で我慢できたのなら、心が強くなったって事ね(笑)
ここで松島さんが来ていたら…汗

テーマ: ひとりごと | ジャンル: 日記

鹿鳴館 マチネ0219

20060219183917

初日以来の鹿鳴館。
次に観るのは福井久雄で、それで打ち止めかしら??って思っていたんですが、
田邊久雄、観てよかったです…

原作も読んでいないし、シーンごとに語るほど記憶力があるわけでもないので、
記憶に残っているところだけ書いてみたいと思います♪

今日一番はやはり、濱田顕子&田邊久雄…
特に冒頭から濱田さんにやられました…
余りにも「顕子」であった濱田さん、思わずシンクロしてしまったようで、
顕子が語り始めたところで泣きそうになってしまった…
いや、泣いたかしら??
初日と同一人物とは思えなかったです!!
まさに公爵家の娘さん、そして「」をしている女性でした
階段を上る時に、自分で自分のドレスの裾を踏んでしまってって
なった時も一瞬ありましたが、そつなくこなしていらっしゃいました…

田邊久雄…正直「久雄」に惚れそうでした(汗)
いや、惚れたか???
余りにも純で、余りにもまっすぐで、本当に…なんていうんでしょうか、
まぶしかったです。
途中、久雄は最後…なんて思うと泣きそうになったり、本当に素敵な久雄でした。
原作を読んでいないのでどうか分かりませんが、途中、景山伯爵のセリフで
昔の朝子に似ている、というようなくだりがありますが、その辺を聞いていると
久雄は福井さんより田邊さんが原作に近いのかしら?と。
だって、福井さんが着物の裾を引き摺りながら歩いているのって…
田邊さんならまだいける気がする(汗)
こうなってくると、やはり福井久雄が観てみたい!!!
キャンペーンもあるし、来月15日以降に来たら絶対に行きます!!!

景山伯爵。
1幕は語尾がグダグダなところが結構あって、なところが多かったんですが、
2幕の勢いはとても恐ろしかった…
あんな風に怒られたら(怒られているわけではないですが)怖くて、言い返す
事なんてできるのかしら…って思うぐらい気迫があり、迫力がありました!!
草乃が「美しゅうございますか」と尋ねた後、「あぁ…、美しいよ
本気で言っている気がしないところがまた景山伯爵らしく、草乃も伯爵も
嫌いになりました…

朝子。
野村さんは初日からかわらず素晴らしい朝子さんでした。
セリフの間、力加減など、多少違う、ってこれはきっと毎回違うのかもしれませんが、
とても鬼気迫る迫真の演技、というか、朝子さんでした。
指先までも美しい…
「お若いです」
「美しいです」
朝子さんにも野村さんにも向けられた言葉な気がします。

大徳寺公爵夫人。
1幕はじめ、かなりリズムがおかしかったように感じます。
セリフの間や立ち居振る舞い、どこかリズムが狂っているように感じました。
どこが、って聞かれると困ってしまうんですが。
その所為か、階段で躓いたり(大徳寺親子は親子そろって躓いてますね
、ちょっとやり取りがかみ合っていなかったり…
後半に向けてそんなものは飛んでいきましたが、はじめは危険って感じました…

清原。
うーん、広瀬さん素敵です(汗)
…素敵です
清原親子、かなりいい男ではないですか??
って今更言うまでもないんでしょうが、広瀬さんが演じる清原は
本当に素敵で、他になんていっていいやら…。

飛田。
芝さんの飛田は、いつ裏切ってもおかしくない、子供でも笑いながら殺してしまえる、
朝子さんも狙っている(殺したい)のでは??と思える危険な香がした飛田で、
景山伯爵についているのも、伯爵についていれば血が多く見られるからって
だけで、もっと多くの血を流させてくれる人が現われれば、そちらにつき
伯爵をも殺しそうな飛田って感じがしましたが、
田代さんの飛田は、血はもちろん好きですが、仕事として割り切ってやっている
というか、伯爵に対しても忠誠心のようなものがあったような気がしました。
芝さんと違って?子供は殺さないだろうな…
そして裏切りという行為は嫌いそうで、草乃の事は軽蔑していそう、って
感じました。
ただ、動きがちょっと鈍い??(すいません)
後半、清原を銃を片手に追いかけていく所など、動作が怪しかった…
本当に殺せるの?と…
芝さんは清原を仕留めていそう、田代さんは返り討ちにされていそう、と勝手に予想。

草乃。
女って恐ろしい…って方かしら。
久雄が死んだのは結局の所、この人の所為?と思うと(ちょっと違いますが)
怒りが…
朝子を失う事になる伯爵が最後まで約束を守ったのか、それがとても気になります。


やはりと言うかなんと言うか、鹿鳴館はご年配の方々が多いって感じました。
ただ、長セリフになると集中できないのか、そろいもそろって鞄をゴソゴソ…
持ってきたお菓子を食べるのは100歩譲って許します。
何故ビニール袋に小分けにして持ってくるのでしょうか…
観劇中、かなりの確立でガサガサ・ビリビリ・ゴソゴソ…
終いにはオエって言っていたり…
何度かその所為で集中力が切れたり、うーんって感じでした(汗)
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術

キャッツ マチネ0218 

20060218192408

昨日前予に成功したので、行ってきましたマチネ。
電話はオンタイムでつながり、確かはじめは回転席だったんですけどね…
回転席、その後少々お待ちください。
あんなに延々とBBの曲を聴くとは思いませんでした。
その後はすいません、って。
結果、2階席でしたけれど、これはこれで奇跡?があったので、よかったです♪
2階席、開幕以来(ジェリクルギャラリー以外で)2回目か3回目。
うわー…
って感じ。
1階席→自分が猫の大きさになった。
2階席→自分の部屋から窓の外を見ると、隣の空き地で舞踏会がひっそりと開かれていた…
そんな風に感じました。
2階席から観るとどうしても照明ばかりを気にしてしまうので、避けていたのもありますが、
もうちょっと2階席で観てもいいかも、なんて思ってしまいました。
今日は、今日こそは簡潔で行きます!!
たぶん(汗)


第1幕。
最初に発見したのはランパス。
しばらくランパスとコリコしか見えませんでした。
2階席だったのに…

目チカ。
ミスト
正面ですよ、正面!!!
って私は2列目だったので、私に目チカしたわけではないんですが(汗)
うーん、今日もすっごく可愛かったです♪
その後はカッサ。
カッサ、普通に歩きすぎです!!!
それも優雅で…まぁ、ありかな
そして目チカしてください(笑)

ジェリクルソング。
今日の最前列は常連さん?のようでタンブル&カーバ出で驚きがなくちょっと悲しかった…
芝さんタガーだって知ってはいたのに、タガー出てきたとき、
動きが違う!!
とちょっとびっくりしてしまった…
その後「あ、芝タガーだ!!」って。
「その孤独を」
「嵐が来るその気配を」
「行きつけるか…」
ここでもビク
だからキャストが違うんだって!
自分に言い聞かせたジェリクルソング
ミスト観て、タガー観て…
心で今日は浮気するの、ゴメンネ~と謝りながらの観劇。
普段これだけミストしか観ていなかったんだなと反省もしました。
観慣れない2階席なので、どこ観ていいのか…
ミストを見失ったことも(汗)
タガーを観ていたからってのもありますが…きっと
で、話はもどって芝タガー。
…マイクいらないのではないですか?って思いたくなるくらいの声量。
どんなに声が重なっても芝タガーの声だけは聞き分けることができるくらい。
本当にすごかった…

ネーミング。
2階席だからマンカス観ていようって思ったらコリコが。
でもコリコは私の前面から下手の方へ行ってしまったのでネーミングはなし。
しばらくしてから頭の上から声が降ってきた…
この声は!!!
振り仰ぐとそこには汗だくのカーバが
短い時間でしたがじっと目を見てくれました…

「ジェリクルキャッツ出てくる」
ミストーーーーー
今日のミストはとても柔らか。
とても伸びのある動きで、その伸びがタメのようで、動作が優雅で大きく観えました!!!
遠目で観ても可愛いものは可愛いんだなぁ、全然可愛さは損なわれない!!
なんて思いながらミストを凝視。


ジェニエニ。
結構他の猫に絡むことの多い井上ジェリロ。
ミストが一生懸命ジェニエニを起している時、ジェリロもかなり前に出てきて
起していました。
秋ジェリロよりもちょっとだけ若い?って猫で、興味は尽きないの、って感じでしょうか?
「動けなくなちゃった」
では「本当だ~」って顔してマンカスを仰ぎ見るジェリロ。
ゴキ出。
またリーナゴキとカーバゴキがチャンバラ。
今回はリーナが不利だったんですが、それを見たマンカスがリーナに加勢?
後ろからカーバゴキを一発!!
凹み顔のカーバゴキ、ご機嫌に笑うリーナゴキ♪

タップ時、タンブルとスキンブルゴキがジェニエニと一緒に後ろに下がったとき、
ジェリロはスキンブルの持っていたもの(アレなんて名前ですか?)を
奪い、ジェミマと一緒に遊んでいました♪♪
このタップの間中、タイヤの上では仲良しの3ガールズがとても可愛かった!!
ジェリロの上に乗りあがる?タント。
それを楽しむジェリロ、ジェミマ。
うーん、可愛い!!
ミストとマンカスがタップに参加してゴキ達にちょっかいを出されたり
押し出された時なんか、後ろで「何やってんのよ~」とゴキ達に一生懸命
アピール!!
でも後ろだから気づかれませんけどね(笑)
スロープ戻りでのコケはまたマンカスとミスト同じ!!
ミストは今日は結構後ろまでずるずると滑り落ちてしまってすっごく可愛かった


タガー。
メス猫たちと一緒になって「キャーキャー」言いたかった(笑)
今日のリーナのお色気時、いつもの「チュー」顔がなかった気がしますが、
気のせいかしら??
スンラタガーのように思いっきりオス猫達の手をはたくことなく、そして
突き飛ばすことの無いタガー。
タガーが突き飛ばさなくても、ヴィクとジェリロに突き飛ばされるから一緒なんですけどね(笑)
「ご無用」時、ランペルだったかしら?ジェミマだったかしら??
どちらか記憶にないんですが、タガーのシッポを掴んで匂いをかいだり、自分の耳をくすぐったり、それはもう、可愛かったですよ(笑)
あ、今日の連れ去りは回転3列目の女性でした♪
最後にデコチュー…
羨ましい(笑)

↑この書いた事意外の時はタガーばかり凝視で、他のこと全て観ていなかった気が…

グリザベラ。
…。
これですね、今日のグリザの感想は。
もう言葉では伝えきれない程のグリザベラ…

すっくと立ち上がり、グリザを見据えるジェミマ。
なんだかジェミマはやっぱり年若い猫なんだな、と変な感想を。
タイヤから立ち上がるジェリロはちょこっとおばさんぽかったかも…
すいません…
でも歌いだすと…
ジェリロの歌はガスナンバーで語ります。
ジェミマとの動きはシンクロしいなかったのですが、それもありかな、と。

バストファ。
タイヤの上で小突かれる(実際は小突かれてないですが)ミスト。
もちろん相手はリーナ。
横1列に並んで、バストファの到着時お辞儀をするミスト。
隣を横目でみつつ、「こうするの??」とお辞儀。
可愛いなぁ
演説時…上手のメス猫たちばかりを観ていたら、気づいたら終わっていた(汗)
ジェミマの寝っぷりが可愛くって!!
料理リレー。
全員料理を持ったまま終了。
ミストは料理を片手に持ち替え、ギルに差し出していました。
その後…どうしたんでしたっけ??
忘れました(汗)


マンゴとランペル。
ランペルの上をマンゴが飛び越える時、一瞬危なさそうな所がありましたが、
素敵なペアです♪
「豪華に栄養」このマンゴの手の動きと顔がとても可愛い
そしてやっぱりドツキアイがなんとも言えず、いい!!!
ドツキかたは磯谷ランペルが一番好きかもしれません♪
マンゴが吹っ飛んだ後の顔がなんとも言えず、「何やってんの??」って時と
「しょうがないな」って時と。
マンゴはやっぱり逃げ足が遅いというか、逃げる気がないっていうか…
捕まった時もランペルばかりを見ている(笑)
ランペルが大好きなのね、って感じ。

デュト。
趙マンカスと芝タガー…
幸せです
幸せです

この舞踏会に参加している猫達にとってのデュトはこんな感じなのかしら?と
デュト以外でデュトの存在を確かめ?ました…
趙マンカス、決して本調子ではないですが、それでも素敵なマンカス!!
物凄く声の張っている芝タガーにも決して負けていなかったです!!

ジェリクル舞踏会。
マキャビティ!
タガーはコートを一振りし、静かに消えていきました…
こうやって消えていたんだ、と新たな発見!!
「いつも優雅で上品に」
違う!!
言い方が違う!!

このあたりから上に書いたミストの伸びが!!
動きがとても素敵でした

2階席…当たり前ですが、ミストが後ろに下がってもしっかり観えます♪
タンブルの側転、上からみてもやっぱりすごい!
マンカスとヴィクのリフトも綺麗にきまりました♪
ミストとリーナのペア
…2階からでも変わりませんでした…
やはりミストしか観る余裕がありません(汗)
やっぱりリーナを観るには上手に行くしかない!!
今日の蔡ミストの動き、私の大好きな動きでもうずっと目が
そして石井デュトが
天上へ光を放ち…
貫禄があります!!
そしてミストが光を放つ!!
うーん、気持ちよくきまってすごく
そしてミストのオシリフリフリ!!
可愛い!!!
タガーは…いつも振ってるから(笑)いいや。

ここは曲の盛り上がりと共にミストばかり凝視!!!
タガー・タンブル・スキンブル・マキャ…かしら?
の4匹が出て来る時、タガーがタンブルたちに振り向き「行くぞ」みたいなことをやっていて、
それがなんだかすごく素敵だった~

首を傾げる、ただそれだけでなんだかすごいって思えるタガーです
リーナとランパスのペア…
何故?観ていませんでした(汗)
その後の何組かのペアダンス、これはまたカーバとタントペアを。
工藤タントの飛びつき方も思いっきりでとても素敵でした!!
そしてミストのクルクルクルクル…
上から観ても可愛い三角形の頂点になるミスト。
ただ1匹で振り向く時、今日はすごく気持ちのいいタイミングで振り返ってくれて、
すごく気持ちよかった!!!
タガーいるんですが、タガーいるんですが、やっぱりミストが大好きです(笑)
あ、書きもれ。
一度暗転する時、タガーが照明が消える直前、ぱっとポーズを!!!
す、素敵スギです!!!
皆がペアダンスを踊っている時、パブがただ1匹でタイヤの上に。
加わりたくて、タイヤから何度も降りようとするんですが、なかなか降りられない…
なんだか可哀そうでもあり、可愛くもあり。
そして皆でグルグル円上に回ってグリザをはじき出した後、やっぱり手を差し伸べるパブ。
すかさず間に立ちはだかるジェミマ。
ここいつも観てませんでした…
反省。

メモリー。
他の猫達のハケ方がよく分かりました…
パブがもう直ぐグリザに触れる、そんな直前でジェリロは2匹の間に立ちふさがりました。
そしてグリザからは目を離さず、後ろに引き下がり、パブをつれてはなれていきました…
グリザのメモリー…
感想とかではなく、ただ聴く身体にしみこんでくるようなメモリーでした。

幕間
携帯の電源をいれ、メールを確認すると友達から
「後ろ見てみて~」
と。
???
間違いメール?って思ってました、ココでは。

第2幕。
幸福の姿。

あ、ミストが観えない
って一瞬ですけれど。
久々の石井デュト。
…聴き入ってしまいました…
今日のパブは何かが違うと感じたんですが、パブファンではないため、それがなんだか分からず…
まだまだだなと思いました(笑)
この全員の歌声の中からでも芝タガーの声は拾える…
すごすぎです、芝タガー!!
ゆっくりゆっくりタイヤから降りたミスト。
デュトにすりより、デュトは優しく見下ろす…
リーナのシッポについてはいくが、直ぐに目を離し、センターへ。
ヴィクと遭遇してもスリスリはなし…
なんだかとても哀愁の漂うミストでした…
すごく悲しくなってしまって、思わずこんなところで泣きそうに…


ガス。
歌っているのに語っているようなジェリロ。
本を朗読してもらっているようでした…
井上ジェリロなんてどのくらいぶりなんですかね??
五反田で観るのは2度目な気がしました…
ガスに語るよう促し、ガスが語り始めると満足げに微笑み、隣に座る。
お陰でまったく他の猫観てませんでした…
ただ、拍手の煽りは秋さんが一番好きかも♪

グロタイ。
いや~
2階席は1階席よりも寝ているミストが長く観られる(笑)
ミストの脇に転がって寝ているタガー。
跳ね起きて一生懸命掃除…しているはず…
グロタイに諂っているタガーもさすが。
下がってきたスキンブルにイジワルに耳打ちする可愛いミスト。
隣でマンカスとマンゴも殴れ蹴れの指示。
タガーのシッポをもって振り回すミスト。
うーん、可愛い♪♪

グリドル出。
最近ではまったくグリドルを観ていない私…
それがソノクイで思わずグリドルの方を観てしまいました…
すっごい「ソノクイ」!!!
タガーは喜び庭駆け回り♪って感じにはしゃぎ、ミストはマンゴに引っ付いて
これまた可愛い
グリドルが降りてきてグロタイとの対面時、振り返ったグロタイを思わず
前に出て確認してから卒倒したグリドル!!!
グリドルの香をかぎに行くミスト、そしてチュー…
グロタイに追われ、急いで逃げていくミスト。
うーん、ミストがかわいい(笑)
グリドルがチューしようとしてもかわす?グロタイ。
もう」と怒るグリドル!!
シッポを踏まれたグリドルは必死に悶え、後ろのサイアミーズも一緒に悶え…
下手のデミータは自分のシッポを手繰りよせ、守るように持ちながら、
後ろのランパスに何とかしろと指示!!
ランパスはチラッと隊長を確認。
丁度隊長は待てってやっているところでした!!
グリドルはその後何度も自分のシッポを見たり撫でたり気にするそぶり。
よっぽど彼女のチャームポイントだったんだろうな、と。
って痛かっただけでしょうが…
最後の旗振り!!!
タガーやる気満々で、思いっきり振り回してました♪

スキンブル。
せっかくの2階席だからと、ミストが出てくるところを凝視(笑)
ランペルに続いて、急いで出てくるミスト
早くしなよ~とランペルに急かされて、軽く叩かれているミストがメチャクチャ可愛かったです♪

デュトの隣で可愛く寄り添い、シッポを振るミスト。
皆の所へ行く時もちゃんとデュトに許可を貰っていました♪♪
ヤクザなマンカス登場時、ミストとコリコは仲良くいつもの場所で座ってました。
ヤクザマンカスを見つけたミストはシッポを回す手が止まり、それを見たコリコが
ミストを自分に寄せ、2匹そろって後ろに下がり体育すわり
か、可愛いよぅ…

逆サイドのタガーは小さく小さく、本当に小さくマンカスに向かって
殴る動作をしつつ、本当に少しずつ前に出てました(笑)
マンカスのスキンブルに笑顔で謝り…
これが一緒に全部観える2階席、素敵です
列車組み立て時、いつまでもセンターに座ったままのランペルをマンカスが
しかって?ました。
早く移動するように指示しても???顔のランペル。
最後にはオデコを突かれてました

マキャ(デミボン)。
連れ去られたデュトを追いかけるマンカス。
このマンカスの跳躍がとても好き!!
キャストが変わると作品もやっぱり変わりますね~。
兎に角迫力のある滝沢デミ。
決して大きくないのに、大きく観えてしまいます…
南リーナは相手がだれであってもいい意味で変わらず、とても素敵です♪

ミスト。
スンラタガーよりはミストへの「」は感じられませんでしたが、
やっぱり素敵なタガー
ってスンラタガーは私が嫉妬しそうなくらいミストが大好きだから比べてはいけないんですけどね(笑)
今日のミストはタガーのシッポからではなく、何も無いところからステッキを出しました…
最近シッポから出すっての余り観ない気もしますが、それはちょっと残念。
飛んだギル。
それを一生懸命追おうとするデミータ。
動きを止められたジェリロとコリコ。
秋ジェリロのように動きが激しくないので、見落とすかも?
タガーは一切気にしてませんでした。
私と共に?ミストを凝視。
ただその凝視の仕方が
驚いちゃなんねぇ、オレは驚いちゃなんねぇ
って感じがしてなんだか面白くもあり(笑)
今日のミストは全部の動きと動作(あ、同じだ)が素敵でずっと目がになりっぱなし…
どこから観てもやっぱり可愛いわ、私のミスト
あ、どこかでタガーは歌舞伎の見得を切る動作をしてました!!
似合いすぎです(笑)

メモリー。
気圧されるマンカス。
その後ずさりの仕方がなんとも言えず、それでも近づこうとする猫達を
引き止める…
なんだかとても素敵でした
やっぱりじっと闇に溶け込んいる黒猫ミスト。
パブが歌い始める頃にやっぱり振り向き、歌い終える頃にはすっかり正面を見据えている。
タガーもそっぽをむいていたのに、じっとグリザを見つめる…
メモリー。
やっぱりじーーんとしてしまいました…
パブが手に触れ、でもずっと触れられていなかったら、その感触すらわからなかったのか、
振り向くまでにかなりの間が。
振り向き、パブに続きマンカスが優しく手を包み込む…
うーん感動

天上への旅。
猫にごあいさつ。

パブ、そしてジェリロと抱き合うミスト。
密かにココで2匹に嫉妬している私…
いい加減にしなさい、って自分で自分をしかりました(笑)
ここからはしばらくミストを凝視。

チェイサー。
猫が1列になる時、タガーとデミータ2匹で前に出て、スピードスケートの
スタートの真似?
をしていました!!
もしかしたら陸上かもしれませんが、今はオリンピック、きっとスピードスケートです!!!
2匹でびしっと決めたあと、満足気に微笑んだのがとても素敵でした♪

タガー締めのきっちりありました♪
煽るだけ煽って、ミストのマネして照明を小さく小さくして吹き消す…
つもりだったんですが、跳ね返るようにピンは全開!!
ふっと小さくため息をついた後、正座(可愛い♪)をして電気を消す仕種。
照明は消え、タガーも消えました…
あの「はぁ」って表情がなんともいえませんでした!!!

今日はソワレを観に来る方と会う約束をしていたので、ゆっくり帰り支度をしていると
後ろから私の名前を呼ぶ声が。
「あ●ちゃん」
ここで私をその名前で呼ぶ人はいないし、違う人を呼んでいるんだろうって
思っていたんですが、ずーと呼んでいるので振り返ってみると…
なんと友達がいました!!!
そう、幕間に「振り返って~」ってメールをくれた子です!!
すっごい偶然!!!
こんな事ってあるんですね
だって彼女は群馬に住んでいるし、まさか同じ日・同じ階、しかも1列挟んで
いるとはいえ、ほぼ真後ろ!!!
本当にびっくり
彼女は地元で安く手に入ったようで、それも急遽昨日来ることが決まったって言ってました…
本当にすっごい偶然でびっくりのし通し!!!
メールではよくやり取りしてましたが、会うのは久しぶり。
でも帰りのバスが直ぐって事だったので、出入り口までお見送りしました♪
素敵な再会をありがとう、キャッツ


えーっと、今日は目線も違うし、かなりかなり端折った(ミスト可愛いが少ないでしょ?・笑)つもりだったんですが、思ったよりも長い…
内容は無いのになぁ…
どうしてだろう。

私信ですが、ソワレ前にお会いできた方々、いろいろとありがとうございました♪
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術

ウィルスのように。

転職して約2ヶ月。
前人者の人とはメールしている仲です。

それは私がチケットを取ったりしてあげているから。
下で書いた今週末にチケットを譲った「友達」ってのは彼女のこと。
彼女も話を聞くと、有名どころのミュージカルは結構観ていたんです。
でもキャッツは品川の時チケットはあったものの観る事が出来ずで
オペラ座は徹夜飲み会のあとに行って(赤坂の頃)、爆睡して記憶が
なかったらしい…

前回はオペラ座が観たいといっていたので、取りますよ~と
チケットを前予で入手。
このオペラ座はメチャクチャ楽しんできたようです。
この時は旦那様と一緒でした。
ミュージカルに興味のなかった旦那様もオペラ座ではまったようで…
次は何がお勧めと聞いてきました♪
(奥様を通してですが・笑)

オペラ座後すぐにキャッツって言っていたんですが、彼女の体調が
思わしくなかったので、延期になっていてやっと体調が戻ってきたので
今回譲りました!!
生まれたらしばらくは観られないし、猫もいつまで東京にいてくれるか
分からないし(泣)
って東京に留まってもらうためにも皆さん通いましょうね(笑)

こんな話を前任者の人とメール・電話でやりとりしていたら、隣の席の
上司がボソッと
「…ライオンキングなんて取れるのかなぁ」
と。
なのでもちろん取れますよ~♪って答えました!
お子さん達と行きたいそうです!
なんならシンバのオーディションなんていかがですか?
と変な事まで進めてみました(笑)

で、こんな話をしていたら、もう1人の事務の人(私とその人2人しか事務はいない)
そんなに面白いの?って聞いてきた。
なので面白さを語ってみた!
やはり前任者の観たオペラ座とキャッツに興味があるらしく、どんな内容かと
聞かれたのでまずはキャッツから説明。
これはものの5分ほど。
だってストーリーないし、語りだすと永遠と終わらないから(汗)
で次はオペラ座。
オペラ座の話をまったく知らない人とであったのは初めて。
なので、登場人物の説明から。
そしたら時間がなくなった(笑)
主要人物しか説明してないや。
後は四季のH.Pで見てねといったら、その後しばらくH.Pと睨めっこしてました!
彼女も旦那様がいるので、旦那様と日程調整をするからチケットを取って欲しいと
言われました…

フフフ。
前の職場でもそうでしたが、私の周りは観劇する人が増えてきた♪
うーん、いい感じ。
今まで一緒に観劇した人はだいたい会員にもなってるし、まるで
ウィルスのように観劇好きが広がっているようです。

ジワジワ~って。
なんだか嬉しいなぁ。
テーマ: ひとりごと | ジャンル: 日記

縁がないのでしょうね~

明日の前予♪って事で、14時前には机を片付け(何故?)時計と睨めっこしながら
電話を握り締め、さあ電話。
以外とすぐに繋がって、希望演目・時間をつげ…
担当のおねぇさんが●席と●席と…といつもなら1つずつしか言わないのに
次々と席を上げて言ってくれた。
怪しい?と思いつつも●でと言うと…
どうやら新人さんだったようで、手順が???…
彼女が???になっている間にどんどん席はハケていき、彼女が理解できた頃には
もちろんチケはなくなっていた…

ものすごく謝ってくれて、私的にもこれも運かなぁと。
なので、明日は行けません…[emoji:v-356]
最近お会いしていなかった方々とも会えるかなぁって思っていたので
ちょっと残念。

先日掲示板で取っていたチケも譲ることを決めたので、今週自分が行くとなると
やっぱり前予。
うーん、この激戦、また彼女だったら絶対にムリだな(笑)

↑これ、譲ったのは行きたいと行った彼女が妊婦さんで、まもなく9ヶ月目だから。
(前から行きたいと言っていて、行ける体調になったら連絡くれるって言ってたんですが)
掲示板で譲ってもらったのは5列目だったし、おなかの大きな彼女には
圧迫間もなく、移動する時も楽だなぁって思ったから。
もっと言えば…生まれてくる子がランペ(彼女が小さいので)になると
いいなぁ、なんて野望もあったり(笑)

例え自分が前予失敗しても、またいつか芝さんには会えるし♪って事で。
ね。

今日は仕事帰りに数年ぶりに行きつけのカイロに行ってきたんです。
そのカイロ中に掲示板メールが。
明日のキャッツソワレがありました…

やっぱり明日は縁がないようで。
すっぱり諦め、CFYでも前予かな♪(ウソです!)

テーマ: ひとりごと | ジャンル: 日記

ゆず 2006 りぼん 横浜最終日

横浜への愛確かに感じたゆずのコンサート、横浜最終日。
気持ちよく「いってらっしゃい」って送り出せました♪

やっぱり横浜は違う、そう改めて感じたゆずコンサート。
平日、しかもバレンタイン
こんなに集まって彼氏よりも「ゆず」なんですね、みなさん
ゆずの2人も何度も「平日なのに」「バレンタイン」なのに、って言ってました!!

まだまだ折り返しにもならない今回のツアー。
なのでまた内容には触れません!

でも今回だけ?の特別があったので、それは記載しないと…
特別ゲストとして「南海キャンディーズ」の2人が来てくれました♪
もちろん一緒におどりましたし悠仁は襲われました(笑)
喰われるかと…一瞬本気で思いました

会場にはルー大柴の姿もあったのですが、騒がれたのは初めだけ。
あとはすっかり忘れ去られていましたね

横浜は3日間なので、いろいろ変更もありました!
おっ、おっって感じでいろいろ楽しかったです!!!!

やっぱりゆずは素敵です!!
ツアーに行きはじめてから初めてかも、横浜全日程行かなかったのは…
かなり後悔ですが、チケ取る時には予定が分からなかったから仕方がないですね…

猫ではそんなもの一切考えずに取るんですが(笑)
猫→ほぼ一人分
ゆず→友達と一緒

だからかもしれません…

うーん、仕事後のライブ、なかなか乙です
このまま勢いで木曜ソワレと行きたいものです(笑)

日曜、チケ取りましたが友達がどうしてもというのでもしかしたら譲るかもしれません…
そしたら土日この激戦を前予で頑張らねば!!!
時間がある心優しいお方は、チケ取れるよう祈っていてくださいね(笑)
テーマ: ゆず | ジャンル: 音楽

フフフフフ…

きゃ~♪
予感的中のキャストボックス
昨日キャッツシアターで芝さんを観た時に「これは」って閃き(笑)が
あったんですよね~
なので、前予が激戦になる前に、チケは昨日のうちに掲示板でゲットしてみました

フフフフフ…
怪しい笑みが離れません…
ただし、日曜までいてくれればって話ですが
↑木曜までな気もしますが…
結局、行く口実にしたいだけ(笑)なので、キャストが変わったとしても行けるだけで嬉しいですけどね~♪

さていきなりコレ↑ですが、これはキャッツキャストボックスを見た私の感想?です!
もう芝さんだし、芝さんだし、芝さんだし
って職場でチェックしたときは余りの嬉しさにタガーとグリザしか見ていなかった…
家に帰って再チェックしてみると、結構変わっていました
やっぱりチケ確保しておいてよかったです♪
出来ることなら木曜も行きたいですが、無理ですね、きっと。

鹿鳴館では福井さんまでも消え、もうしばらくお預けって感じです。

オペラ座の怪人…朝見たときはシングルだって思ったんですが、いつの間にかクリスティーヌとピアンジがWに…
朝は私の見間違い?
まぁ、芝さんで吹っ飛んでましたが

異国の丘はてっきり石丸さんが来るって思っていたのに下村さん
石丸さんはどこへ行ったんでしょうね~
団さん花蓮、観たいなぁ…。

でもう一人のミスト(松島さん)は~って一瞬思ってしまうんですが、
しばらくはいるわけがない…


適正・適職診断
話は変わってコレ。
先週のR25に載っていたんです♪
直感?でやるようです。
私もこれからやってみようかと…。

辛口性格診断
↑これもR25から。
うーん、これもこれからやってみます♪
みなさんもどうですか??
テーマ: ひとりごと | ジャンル: 日記

キャッツ 0212 マチネ

20060212202713

今日はオバサマ方の勉強会?だったのですが、来るのが遅い!!!
何故私が出かける時間に来るのですか??
お陰で家をでるのがかなり遅れて危うく遅刻するところだった今日のマチネ。
劇場についたのはオンタイム。
かなりドキドキものでした…
今日は通路側ではないし、回転だったので遅刻はしたくなかったんです
ま、結果間に合ったからいいんですが…

上記にもありますが、今日は久しぶりの回転センターでした。
えーっと、今日は一言で終われそうです…
「犯罪的な可愛さだったミスト
以上…
だって、あの白いミミ・黒い尻尾・可愛らしい指先・愛らしいお顔…
これ以外何を思い出せと???

とりあえず、書き始めてみたいと思います…
大丈夫かなぁ(不安)。



第1幕。
回転だったので、はじめに観た猫はランパス。
じっと見つめられてドキドキしちゃいました(汗)
でも心はミストを待ち続けていましたが…

目チカ。
1匹きましたね…誰だかわからず。
暗転の中に目だけが光っていてまさに「目チカ」でした!

タントソロ。
ギリに入ったもののキャスト表だけは握り締めて席につきました。
が、全然確認していなかったし、すっかり忘れていました…
タントが工藤さんだって
タントが身動きし始めて右足を下手に伸ばした時に???って思い、顔を上げた瞬間に「あっ」って。
小さい!!!
がはじめの感想ですね~。
華奢なタント・工藤さん本当に久しぶりに観ました♪

ジェリクルソング。
のっしのっし現われるマンカス。
近い!!!
今日は本当にそればかり。
タンブル・カーバがステージケコミから現われるとき、今日の最前の方々は驚いていました!!!
嬉しい~♪♪
やっぱりこうでなくっちゃ
今日は近いので、目の前以外は殆ど観えず…なのでムリをせず目の前の猫を観る!!!
つもりだったんですが、やっぱりミストばかり追ってしまいました…
だってかわいいんだものーーーーー!!!可愛い…って常に心では泣いていました(笑)
なのでこんなに近いのにギルの空中ブランコの記憶一切なし
「上のCまで」ではやっぱりタガーが煽っていました♪
高音に驚いたミストはマンゴと一緒に振り返る。
するとジェニエニが優しく微笑んでいる…
ジェニエニ素敵~
靴が落ちてきた時は、肩を上げて本当に驚いた可愛い愛おしい(私にとって)顔をしていました
その後はランパスと顔を見合わせたり…
ランパスがどんな顔をしていたのかも観ていない…
うーむ。
ジェリクルソング♪~
からはなぜだかヴィクと目線がばっちり。
これまたかわいくって目がはずせず、上手側を観たいのに叶いませんでした…
だってヴィクも可愛いんですもの…
「驚いている 顔をしているぞ」
…音響さん後で怒られますね!
謝るの決定って感じです。
これは追記で。

ネーミング。
うわ…
マンカスがセンター下手側を観るときは殆ど目線を頂いてしまいました…
あんな目で見つめられたら、瞬きできないじゃないですか…[emoji:v-402]
か、かっこいいです…(汗)
なので「その名」の所はこれ以上の記憶がありません!
マンカスのセリフの時に一番最初に動いたのはたぶんジェリロでした。
千葉さんがいるとギルが一番なんですけどね!
あとはパブって続いていたような…

ジェニエニ。
マンカスに指示されてミストが皆にシッシって。
ヴィクはびっくり顔・ランペル(だったかしら?)はちょっと不満顔。
ランペル本当に可愛い~♪
寝ているジェニエニを一生懸命?起すミスト。
タントと一緒に頭を撫でたり、手を摩ったり…
途中で諦め、一ノビしてから寝に入ったミスト
この眠りを妨げたくないなぁ、なんて本気で思ってしまった。
今日はマンカスを見るジェリロの目が違いました。
マンカスの言う通り、寝ちゃってるの~、動かないの…ってすがる様な目で
とても素敵でした
ネズミ登場時、ランペルネズミが可愛い!!
最近本当にランペルが可愛くって可愛くって…
マンカスに足蹴にされて転がった時とか、くっちゃくっちゃ口元を動かしたり、
舌をだしたり…
うーん、動きが細かくて素敵!!
ゴキ出、やっぱりリーナ&マンカスに叩かれる可哀そうなカーバゴキ…絶対リーナ狙ってたでしょう?って感じでハケでバチンって。
情けない表情のカーバ。
その反面リーナがとても楽しそうで可愛くって…

って今日は可愛い可愛いばかりですね(汗)
マンカス&ミストのタップ参加時。
うーん、この距離だと2匹を観るのが非常に難しい…難しい!!!
って事でマンカスに心でごめんなさいをして、ミストを凝視。
か、かわいい…
表情も表情も表情も~…
可愛すぎて瞬き忘れました(笑)
2匹が吹っ飛ばされた後、タイヤの上にいたジェミマがとても悔しそう(に見えましたが違うのかも)
でタイヤに潰せになったりしてて、それを見たタントが隣のジェリロに見てみて、
ってジェミマを指差し。
優しく微笑むジェリロとタント。
2匹でジェミマをツンツン。
起き上がるジェミマ。
ゴキタップを楽しそうに見つめ、いつしか参加。
丁度その時マンカスとミストはスロープを登り始め、一緒にコケ
位置的にミスト側を観るのはきつかったので、ここは近いマンカスを。
うーん、可愛いかも。
マンカスの腰のあたり、大好きです♪
(マニアックすぎですか?)
最後オーブンの上に飛び乗るミスト。
蔡ミストは大抵1回で足元を固定するんですが、松島ミストはここで何回か足元を確認するんですよね~
思わず蔡ミストって思ってしまった…
ゴキハケと一緒に上手に消えるミスト。
消える前に振り向く(可愛らしくちょこっと振り向き加減)んですが、
そこはすかさずタントが行きなさいって指示…
ずっといてくれていいのに…
次タガーだけど(笑)

ラムタムタガー。
ジェミマが可愛い!!!
今日はランペル・ジェミマがメチャクチャ可愛かった!!!
雰囲気からとても可愛くって、何故タガーその可愛さが分からない?って感じ(笑)
オス猫登場。
ビクビクしているギルがなんだか可愛い
「気が向くときしか~」のリーナはやっぱり表情が素敵
後ろにミストがいるんですがココだけはリーナの表情を堪能!
そんなリーナを無視してオス猫達と手をたたきあうタガー。
スンラタガーは思いっきり叩くのでオス猫達はしかめ顔!
そして寄りかかられ、その結果?ヴィク&ジェリロの美猫コンビに突き飛ばされ…
なんとも可哀そうなオス猫達(笑)
そんな中ミストはというと、可愛らしく滑り台にはまってました…
そのはまり具合もかわいい

↑ミストの記述に関してはもう病気の域なので気にしないでください…
女性連れ去り後のメス猫たちの表情が怖い怖い
ジェリロ&デミータなんて目がでした…
「ご無用」ではタイヤ上のカッサがギルをカリカリカリカリ
余りにカリカリされるので、逃げたギル(笑)

グリザ。
ジェミマが歌い始める前に伺いを立てるようにマンカスを見たのが印象的。
その後マンカスに向けていた表情から一転。
とても冷たい表情になり…
ジェリロは冷たくグリザを見、その後ジェミマに歩み寄り「グラマーキャッツ」
相変わらず色気が…
マンカスの少し後ろにいたパブはグリザから目を離さずじっと見つめ、
グリザが去っていく時にはマンカスに寄り添いつつもいつまでも追い続けていました…

バストファ。
いらっしゃい」そんな声がかかろうとも私の目はミストから外れません!!
タイヤの上にいたミスト。
リーナにツンツンされてタイヤをおり、バストファのお迎えへ。
お辞儀をする姿も可愛いなぁ、ってもうこの記述はいらないですか?(笑)
演説時、ランパスだったかしら?なんだか急に頷き拍手をしたり…
それを一瞬びっくりした顔で見つめるほかの猫達。
角度的にはコリコの顔を一番見えたんですが、本当にビックリ。
で、あそっか、拍手しなきゃって感じで拍手してました!
ミストはそんなコリコを見て??って感じ♪
料理リレー。
そう、この料理リレーをしているとき、後ろのタイヤの上にいたジェミマ&カッサがメチャクチャ可愛かった!!
ジェミマがカッサの毛づくろい。
始めは動かなかったカッサでしたが、最後にはジェミマに甘えるようにくっついていて
うわ~って感じ(笑)
料理リレーですが、いつも通りお皿を運んだ後、ギルが何やら腐った?
それともまずそうなものを発見!!
摘んでミストへ「はい」って。
物凄く嫌そうな顔をしつつも受け取るミスト。
そして隣のコリコへリレー。
…な顔のコリコ。
でもちゃんと受け取ってくれて、しばらく見つめた後後ろへポイ。
…角度的にデミの上に落ちたように見えたんですが、それは、ねぇ(笑)
コリコにその何かを渡したミストはギルと顔を見合わせて、自分のコートで手をフキフキ
いや~、ミストのコートがぁと一瞬思いましたが、汚れてたって、汚くたってミストは可愛いんです!!
と愛を再確認(バカです)!


マンゴとランペル。
最初に書いたように、本当に最近ランペルは可愛い!!
表情もちょっとした声も動作もすごく細かく可愛い!!
ランペルに「しっ!」って怒られたマンゴは床に向かって「しっ!」(笑)
「豪華に栄養」の所ではマンゴはランペルのオシリを差し出す?のがとても可愛い!
マンゴの表情もニコニコでこんなマンゴも結構素敵!
今日の逃げ方は結構頑張ってました
マンゴが必死に!!に観えました♪
でもしっかり捕まってましたけれど…

デュト。
クンクン。
スキンブルがクンクンしている間にもマンカスはしっかりデュトの方を確認…
スキンブル頑張れ(笑)
平べったくてもミストは素敵
ちょっとミストには寝ててもらって、ここはマンカスを凝視。
だって、素敵なんですもの…
もちろんミストが少しでも動けばミストへ視線は戻しましたが
パブ&ジェミマにイジワルするマンカスの表情、やっぱり素敵だなぁ。
ここだけは「リーダー」ではなく「マンカス」なんですよね~

ジェリクル舞踏会。
「舞踏会の支度をっ!!!!」
うわー…
かっこいい

やっぱり回転は近いと実感。
目の前以外の猫は観えません
でもその方がミスト以外の猫も観ることが出来て(いつも観られるはずなんですが)善かったかもです♪
視界にミストが入ったらそんな事わすれちゃうんですけどね~
ダンス入り、タントの動きがやっぱり違う♪♪
工藤タントですね~
パブの飛行機も近くで観るととても高く、表情がとても可愛い!!
マンカスとヴィクのリフトもなかなか綺麗に決まって、とても素敵!!
輪になってグリザをはじき出す時、こんなに早くグリザは走っているんだ~と
変な所を観てしまったり…
そして私のポイント(?)!!
ミスト(とリーナ)ですよ~
苦しい苦しいと思っていたら息するの忘れていました(笑)
そして瞬きも…
あの手の動き、振り向き方、何をとっても…
なぜそんなに可愛いんだー
と叫びたくなるくらい…
叫んだら引っ張り出されそうですが(汗)
今日は芝さんもいらしたのでそんな失態見せられません
って気づいたのは2幕前ですが。
何度も何度も振り返ってしまいました…
夢かと思ったので
転調後、ミストが駆け上がり照点灯…
ココピンポイントで好きです!!!
ここからしばらくはミストオンリー
オシリフリフリですよ~と変にテンション上がります!!
その後のメス猫たちのキックキックで移動してくるさまもとても好き
(シッポを振り回すのも)
ココからは色んな猫を追いかけてました~
やっぱりジェリクル舞踏会大好きです!!
そして気づきました…
回転センターから?だとリーナ&ランパスのペア観るのは難しいと…
ミストのクルクルクルクルはやっぱり可愛い
ここでは本当に泣きそうでした…
そしてメス猫+ミスト。
オス猫+ミスト。
そしてデュトに頷き、頷かれ、ミストが振り向き三角形の頂点へ。
ここから猫達が集まってくるはずなんですが、
なんですが…
後ろから優しい顔のマンカスとキリリとしたランパスの顔を観たまでは
覚えているんですが、その後の私の記憶にはミストしか残っていないんです…
どうやら勝手に映像処理がなされたもよう…
こまった脳です

グリザ。
無心でグリザに近寄るパブ。
本当にそう観えました…
そして、それを遮るジェリロ。
パブが動いた時のはっとしたジェリロがとても素敵で、両手を広げて
立ちふさがる姿もやっぱり凛としていました…
ジェリロって(秋さん)なんであんなに綺麗なんだろうと普通に思ってしまった…

第2幕。
ココです。
振り返ったら「芝さん」のお姿が目に入ったのは…
何度も何度も振り返って確認してしまいました…
こんなところでお会い(違いますが)するとは…
御意にございます」そう言いに行きたかった(笑)

幸福の姿。
デュトに寄り添うミストがたまらなく可愛い…
可愛い!!!!!
ここはやっぱりミストとヴィクの遭遇、そして別れが大好き…
なんでここのミストはとても寂しそうに観えてしまうのでしょうか


ガス。
本当に優しそうに微笑むジェリロ。
周りの猫たちもそれは一生懸命…
一生懸命眠気と戦っていました(笑)
タントはデュトに構って欲しそうにしてましたが、デュトはガスの後姿を見つめるので
精一杯?でタントには構ってくれず、その後タントは諦めて寝てしまいました…
反対側のランペルは本当につまらなそうに(笑)、「本当にいい男だったの~?」って
目で見てました
拍手を煽るジェリロの表情・動きが大好き♪
あの表情が本当にかわいくって、それ以外のジェリロっていい女って感じなので、
ここだけはちょっとはしゃいでるっているか何ていうか…
とにかく乙女のジェリロでとても好きです

ガス。
船が折り始めてきたらガスなんて(すいません)視界から消えます!!
ひたすら船が降りてくるのを待ち、眠っているミストをで観てます(笑)
寄りかかって寝ているなんて、なんて愛らしいんでしょう!!!
(本当に病気の域なので気にしないでください…)
跳ね起きた後は一生懸命掃除を始めるミスト。
ミストが掃除をするなら甲板掃除私もしようかしら?って気になりました(笑)
↑あ、うち父が漁師なので船あるんですよ
もちろんココを口ずさみながら♪

話が反れた。
マンカスとスキンブルは必死にデッキブラシを掛けてました!!
珍しくタガーもしっかり掃除をしてましたね~
そしてマンゴも。
殴られ戻ってきたスキンブルに戻れと耳打ちするミスト
その後ろでマンゴとマンカスも一緒になって「ナグレ」やら「押せ」などの
指示を出していました…
「ムリだよ…」そんな顔してグロタイの元へもどったスキンブル。
ま、できるわけがないんですけどね。
甲板を降りてきたミスト筆頭?の3匹。
グロタイの後をついていく姿がまた可愛い…
本当にどうしてあんなに可愛いんでしょうね…
これは世界の七不思議に入れるべきかも。
うんうん。
剣で斬りつけたれた後、マンカスに剣を突き出すグロタイ。
私にはわき腹を突き刺したように観えました…
観えました
一瞬グロタイに殺意を覚えました(笑)
グリドル出。
グリドル見たさにマンゴの背にしがみ付くミスト。
飛び跳ねたりしているうちに背後に気配が…
グロタイが来ている事に気づきマンゴと共に直立不動
目だけでグロタイの動きを見つめ、グリドルが降りてきたら表情がぐにゃり
襲いたいぐらい可愛い(←かなり本気で思ったあたり危ない)
グリドルに向かっチューもすっごく、すっごく可愛い!!!
その時他の猫達って何してるんですかね??
まったく観てません(汗)

グリドルの表情の変化もとても好き。
グロタイに向かっている時とそうでない時の表情の差がとても好き!!
あの嘲るような目!!
グリドル素敵~って。
グリドルのシッポが踏まれた時、下手側のサイアミーズのデミがすっごく
かわいい動作をしていたんです!!
左手を口元に当てて「い、痛そう」って。
↑声にだしていたわけではなくって、そんな風に言ってそうって感じでした!!
先週もだったんですが、グロタイ声がひっくり返るんですよね…
大丈夫でしょうか…
ギルの側宙も健在で、殺陣も…今日はちょっとぎこちなかったかも、ですが、
なかなかだと思います♪
旗手?のミスト。
ミストは最上手なので、ちょっと観るのはきついのでマンカスとタガーを観てました!
最後の竜になる時、そしてその後のミストの手の動きなんて観ていて
後ろで可愛らしく動いているんだなぁと…
それだけでも
最近ミスト愛が激しすぎるかも(汗)
でも好きなんですよね~


スキンブル。
辛うじて観えました!
ランペルがミストに向かって「早く早く!!」
ミストが笑顔で出てきたところを「パシ」って叩くところが♪
ランペルとも仲良しミスト

「列車に乗るのが~」の所でスキンブルのマネをするタガー
最近タガーはコレがお気に入りのようですね
デュトの隣で寄り添うように座って尻尾を回すミスト。
うーん、可愛い♪
「シグナルは青」はやっぱりオス猫!!
「シグナル」はメス猫が可愛い!!
「車内の通路」はもちろんミストしか観てません!!
ヤクザなマンカス登場時、コリコと楽しそうにリズムを取っているミスト♪
ヤクザマンカス発見してコリコと一緒に後ろへ下がり体育座り
両足を抱えて座る姿にまた愛しさ倍増(笑)

寝台列車時、中々ベットにならないタガー。
隣のギルに寄りかかっていて、ギルがベットになっていないことに気づく。
そしてタガーに向かってドンドンドンドン
床を踏み鳴らしていました!!
(そのギルの優しさに惚れた・笑)
パブにもカッサにも怒られたタガーはおとなしく?ベットになってました♪
ミストベットという素敵なベット(笑)にのったジェミマはいたく気に入ったらしく
ミストの頭の毛並みを一生懸命直していました♪

鉄道組み立て時、組み立てに行く前のヴィクが前まで来て「あっ」って
やっていくんですよね~
それがいつも可愛くって♪
そしていつまでもセンターに座ったままのランペルも♪♪

汽車組み立て後、汽笛がなるたびに振り返るマンカス。
そして振り返るとヴィクとジェリロという美猫がわらってマンカスを迎えてくれる
スキンブルより幸せものかも、マンカスって(笑)
でもこの3匹の絵がとても素敵でした!!

マキャ(デミボン)。
見とれてしまって(色々な事に)感想なんて無いのかも(笑)
ただリーナの「ほら、見てるわ」がいつもより低めで小さかったかも。
この2匹も結構お似合いですよね~
リーナのしっとり感、デミの目力。
うーん、いい感じ。
「どうでしょうマンゴジェリー」でぴくりと動くマンゴ。
その動き具合がまさしく猫って感じでした!!

VSマキャ。
マンカスがかっこいい…
それに尽きるのかも(汗)
ファイトが終わった後もしきりに腕を舐める仕種が本当に「猫」そのもの…
隣のタントも一生懸命傷口を舐めてあげる…
タント自身も振り回されたりしたのに…
あ、工藤タントは軽すぎるのか、ほんとに浮いてました!!

ミスト。
「ミストフェリーズに頼もうよ」
タガーの一言から異様に緊張する私。
うーん、もう病気だな。
ってさっきから言ってますね(笑)
タガーが降りてきてもしばらく腕を舐め続けるマンカス…
タガーではなくマンカスばかり観てしまいました…
で、ミスト登場
出てきただけで心臓打ち抜かれましたね(笑)
マンゴとランペルの元に現われた花。
キャッキャと跳ねてビックリした後、雷で股下にひゅんと飛ばすランペルが素敵でした♪
そして動きを止められるコリコ&ジェリロ。
最近のこのジェリロの激しく動き、ぴったり止まるってのがとてもお気に入りの私!!
かなり凝視ですよ!!
動けるようになってからの笑顔がとても好き!!
他の猫達は心配してたのに、本人達は楽しんでいるってのが本当に好き♪
ミストの動きにはもう言うことない!!
って今日はミスト凝視しすぎて細かいところを観ていないというか…
ミスト自身の細かいところは観すぎているんですけどね(笑)
指先がどうの、とか首を傾げる角度どか…ね。
もうずっと目がでした…
あの瞬間暗転にでもなったら速攻舞台に駆け上がってミストを鞄に詰めますね!!
…他のミストファンに殺されるの覚悟で、ですが(笑)。

メモリー。
ミストが暗闇に飲まれた後はマンカスを凝視。
動作の一つ一つが本当にマンカス…
素敵スギです…
メモリーではなく、マンカスの存在に感動してしまいました。
パブがメモリーを助けるように歌い始め、ミストがゆっくりとパブの方を向く。
他の猫たちは殆どグリザを見ているのに、ミストはしばらくパブを暗闇から見つめている…
そんなミストを観ていたらジーン

天上への旅。
猫にごあいさつ。

センターです。
ここでミストを観ないでいつみるの?とばかりに凝視。
センターにマンカスがいる時はマンカスの後姿を凝視していたんですけどね。
だってパブに寄り添うミスト観てたら嫉妬が(笑)

チェイサー。
ポケっとした顔で他の猫達の挨拶を見つめるミスト。
その表情溜まりません、とばかりにまたもや凝視。
えーと、なのでその頃挨拶した猫は一切観てないんですよね…
すいません。
横1列になっての挨拶時、スキンブルに舌をだして「べー」ってするデミが
すごく可愛かった♪
そしてグリザと顔を見合す前に隣のランペルと頭をゴツンするミストも
この2匹、仲良しで可愛い~
仲良しまでなら許す(笑)

タガー締め、今日もちゃんとありました♪
今日はなんだか熱いお客が多かったようで「ブラボー」の嵐。
後方の席から色々な人の声で飛んできてました!!
タガーの最後の一言は「Thank you」!
一本締め?もきちんと決まり、気持ちよく終了しました!!

あ、最後に奇跡?があったんですよ!
ミストと一度も目が合わない…
と凹んでいたんですが、最後のケコミ上に並び深ぶかとお辞儀をして最後に
きめポーズって時、あの瞬間ずっと目を見つめてくれたんです…
本当にでした!!!
やっぱり私はミストが大好きです♪(笑)
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術

ゆず 「りぼん」 横浜初日。

い、色っぽい
今日の悠仁はとっても、とっても色っぽかった!!!

っていきなりこれでは(汗)
今日はゆずの今年のツアーの横浜初日でした!!
やっぱり地方と違って、横浜は愛されてるな~と感じますね

二人の顔がまず違いますし、お客の反応も違う。
これは去年地方を回ってきたので分かりました…
地方で地名を間違えて「横は…」と言うこともシバシバですし(笑)

内容はまだツアー折り返してもいないので、あまり触れません…
追記でちょこっとだけふれるかも。
兎に角悠仁が色っぽかった~
ドキドキしちゃいましたよ(笑)

厚ちゃんも今までで一番テンション高かったかも
あんな厚ちゃん珍しい
お客を煽るし、汗かいてるし

今日は横浜初日だし、天気もよかったのでグッツも買いました~♪
今回のツアーはタオルが必需品なので、購入。
火曜に初ゆずの子と一緒なので、その子のぶんも購入。
あっと言う間にタオル・キーホルダー・マグネットは売り切れてました…
横浜はグッツが異様に売れるんですよね。
地方だとそうでもないんですが。
今回は限定ものがなかったので、そんなに大変ではないですが、限定がないのはないで
寂しいかも。

↑この購入している時の担当のお姉さんの電卓に黒猫を発見!!
シールで黒猫を貼ってあったんです
このお姉さんできる(笑)と思っていたんですが、会計が終わり、友達を
待っていたら、別のお姉さんに会計を済ませてもらった友達が一言。
●●(私の事)の担当のお姉さんの電卓、「劇団四季」ってシール貼ってあったね、って…
がーん!!じゃ、アレやっぱりミストじゃん
くー、話しかければよかった(笑)
って事で呼ばれたようなので、明日も猫行ってきます


兎に角今日は2人のテンションが高く、すっごく楽しいライブでした♪
さいたまの初日に比べると、多少変更点もあったり…
これから益々楽しみなツアーになりそうです♪♪
テーマ: ゆず | ジャンル: 音楽

母デビュー☆

掲示板には書いたのですが、今日母が毛嫌いしていたミュージカルデビューをしました…
しかも「」で。

私がキャッツに限らずチケットを取っても行かないの一点張りで、今まで
行った事なかったのに、町内会で行く事になり仲良しオバサマたちと行く事になったんです。
まあ、心配だったのは言うまでもないですが。
(上演中話だすんじゃないか、トイレにいくのではないか、イビキかいて
寝るのではないか…などなど。)


現に一人寝ていたそうですが

私が大層猫好きだってのは、よく私の家にくるオバサマ方なので知っていて、
帰りのバスでは↑このオバサマはしばらく家には来られないと笑い話になったそうです。
(私が怒ると盛り上がったそうな。)
ま、怒るけどね

チケットはバスの中で配布だったそうなので、チケットを配られたらいつでもいいので
電話するように母に言ってありました。
皆さん席にこだわるような人たちではないので、選ぼうと思ったわけで。
で、お昼に電話が来て
母「えーっと、列はね~」
私「列より番号は??」
母「●番~●番だって」
私「じゃ●番で。」

座席表もみず即答した私って…(笑)
母はそういうところは素直なので、私が指定した席に座ったそうな。
そして一番仲がいいオバサマはその隣。

電話が来た時に「オレンジのひょろっとした笑顔のオス猫が握手してくれるばず。
2幕で目立つから観ておいてね。」と言ってあったので、何となく分かったようです。
そう、母はマンゴ握手席だったんですよ。
握手した感想は、ひゃっこくて(冷たくて)可愛い手だたよ~と。
へ~、モモマンゴは手が冷たいんだ、と知りました。


私が帰宅したら玄関でお出迎え。
こんなの生まれて初めてです(笑)


初めがね、真っ暗で怖かったわ~
 ゴソゴソゴソ…とチラシを引っ張り出す母
で、どの猫が今日いたの??
と聞いてきたので、この可愛いのと、この猫とこの猫…だね。
隣で聞いていた一度品川でキャッツを観に行ったことのある妹②は
なんで分かるの??と不思議顔。
とりあえず「愛」と応えてみました(笑)
↑かなり悔しそうで、自分も行ったのに、とブツブツ言っていたので、
夏に取ってあるタガー連れ去り可能席をあげることにしました。
丁度2枚で取ってあるし。
が、あなた子供はどうするの??って感じです。
私は面倒見ませんよ…ええ。


しばらくは猫に通っても何も言われ無そうです!
今度の日曜(午前中)はキャッツの質問会だそうで、そのオバサマ方
寝ていた方は除く
が来るそうで、私が講師だそうです…
勝手に決めるな!!
何故午前かと言うと、母が●●(私のこと)は午後はキャッツだから、
午前じゃないと捕まらないといったからみたいなんですが、
今週は猫ではなくてゆずなんですよね~
ま、午前いるのは同じですが。
テーマ: ひとりごと | ジャンル: 日記

玄関先で…

ジャンプする!!
でしょう、普通。

昨日、部屋から茶の間へ行ったら、妹①と母(この2人はとても似ていてる)が
サスペンス(多分)を見ていました。
私が部屋へ入った瞬間その番組の主人公と思われる人が「玄関先で…」と
言ったので、反射的に「ジャンプする!」って叫んだんですよ…
そしたら母と妹①は「何それ?」って。

まだまだだな…

そう思いましたね、私は。
普通「玄関先で」って言われたら続きは「ジャンプする!
これが普通だ。
うんうん。

20060207200614←話は変わって、これ。
やっと続きが出るみたいです… 
ハリーポッターと謎のプリンス。
5月かぁ…
5月といえばミストのフィギュアが出る月だわ。
お金がないなぁ…
自分のせいなんですけれどね(笑)
テーマ: ひとりごと | ジャンル: 日記

し、しまった…

今日は月曜日~♪
別に希望のキャストとかも余りないのにキャストチェック!!
最初はもちろんキャッツでしょう
そしたら
タント:工藤さん
私、工藤さん観るのいつぶりになるんだろう…
って観る気ですね(笑)
後はコリコが塚下さんに。
コリコは皆大好きです!!

そして鹿鳴館
お、今週も福井久雄だ~
…ん??
何かがおかしい…

し、芝さんのお名前が無い!!!
なぜ?? 何故なの~

前予しようと思っていたのに…やっぱり猫に行けと?(笑)
ここは福井久雄はしばらくいると思い込んで、キャンペーン開始の15日以降まで我慢すべきかしら…

金さん、猫に来てくれるかな~と思っていたら
やっぱりサバンナへ戻ってしまった…
って、↑リンクの場所違いますね(笑)

話は全然違いますが、下の写真↓猫の目の上の白い点はゴミではないんですよ~
お月様」なんです…
携帯の写真じゃこんなものですね…
テーマ: ひとりごと | ジャンル: 日記

キャッツ 0205マチネ

20060205155405

母の手違いから今日も観劇できたキャッツ。
行ってよかった~って思っちゃいました!!
でも約1ヶ月我慢した後に2日連続で行ってしまった後は大丈夫なのかしら…
今月猫のチケはもうないんですよ??
松島さんの舞台のチケはありますが…



第1幕。
今日も一番最初に観たのはランペル。
目チカはたぶんコリコかなぁ…
頭の形と足元がそうだと思ったんですが、不確かです!
タントソロ。
今日は正面。
やっぱり観る角度によって違いますね!
連続してみて再確認って感じです。

ジェリクルソング。
今日は初観の方が多かった(団体が多かったようです)のか、席が回転した時も
タンブルたちが出てきたときもびっくりする声がここかしこで聴こえて面白かったです!!

「生まれたのか」この時はまだマンカスの変化に気づいてませんでした…
ミストが来る、ミストが来るーと思いつつミストが歩いてくることチラ観。
耳が観える~とこれだけでかなり幸せな私。
ギルが空中ブランコをしている時も、ギルを観たいと思いつつもギルを
観ているミストを凝視。
だって可愛いんだもの…
高い音も~上のCまで」この時のタガーはやっぱり面白い!
ここだぞ、ここ、ここまで声出せるか??ってメス猫たちを挑発しているようでした!!
たまに睨み返したりしているメス猫たちがまたたまらなくキュート

靴が落ちてきた時のミストは肩をすくめ、顔は下を向けたまま目だけで
見上げていて、その姿がまた可愛い!!!

その後はランパスと顔を見合わせにっこり。
可愛すぎ!!
「昇るのは誰」の時の手の動き、今まで松島ミストが一番って思っていたんですが、
幸田ランパスも素敵かも
「ファナティカルキャッツ」だと思うんですが、がっつりタントと目があいました…
たぶん。
目が合った瞬間「ニッ」って笑ったタントがたまらなく素敵でした~

ネーミング。
すごい、ミストが近くに来るって思っただけで動悸が(笑)。
立ち止まってのネーミングはされませんでしたが、見下ろされました
う、嬉しい…
その後はジェミマが。
「本当の名前は…」のあたりで私の横だったんですが、ジェミマにも
見下ろしてもらえた私。
このジェミマの言い方がとてもとても素敵でした!!
本当に高貴な感じがして「気軽に名前を呼んだりいたしません」って
思わず心に誓いそうになりました…
ジェミマって昨日も思ったんですが、かなり痩せましたよね??
「ジェリクルキャッツ出てくる」きゃー、ミスト
この後のマンカスのセリフ。
ここからです、違うって思ったのは…
昨日も多少声がかすれたりしましたが、調子よさそうだったマンカス。
でも今日はセリフ一つ一つ、言葉一つ一つに意味が乗っているっていうか、
何と言うか…
セリフ一つ一つがずーんと響きました!!

思わず惚れそうに…
ってミストが一番ですけれど(笑)

ジェニエニ。
ジェニエニの手を一生懸命揉み解すミスト。
それを見たジェリロとタントは優しげににっこり。
マンカスの足元に寄り添う3ガールズ。
相談後、マンカスをチラっと見る目が3匹そろって同じでなんだか面白かった!
3ガールズが歌っている間にミストは起すのを諦め、オーブンの上で一眠り。
でもすぐに「いえ」で起床。
ちょっと眠そうで可哀そうでした…
ネズミが出てきた時、後ろの初観のオバサマ方はリスだリスだって…(汗)
「座り続けてる」ではやっぱりジェリロが「違うのよ」って目でマンカスを睨み、
「言われたとおりになっちゃった」と諦めの目でまたマンカスを見る。
その表情の変化がとても素敵な秋ジェリロ。
ゴキ出。
カーバゴキがたまらなく可愛かったんです!!
ステージに上がったとたん、リーナゴキにハケで思いっきり頭を叩かれたカーバゴキ
(絶対に狙っていたリーナ。)
センター席までその叩かれた音が聞こえました!!
意表をつかれてびっくりしたカーバは応戦しようとリーナに向かっていきますが、
そこはマンカスにまた後ろから(リーナは前からでしたが、俯き加減だったので、
見えていなかったはず。)思いっきりバチンって。
これもセンター席まで聞こえました!!
そして誰だ??って見上げるとマンカス…
くすんって顔(だと思います)してすごすごとステージ奥へ行ってしまいました…
その動作がたまらなく可愛くって♪
リーナはと言うと終始笑顔で楽しそう、こっちもまた可愛かった!!

一度ハケたミストとマンカス。
ミストはちょっと早めに出てきてゴキ達のタップを楽しそうに眺めてました!!
タップに参加したマンカスとミスト。
今日は昨日よりも楽しげな2匹。
吹っ飛ばされた後、ミストはいつもの4列目に顔を覗かせ、なにやら話しかけられてました!!
私のよ~と心で叫んだのは言うまでもありません!!
マンカスと一緒のコケも健在!!
ここ、この2匹が一番タイミングピッタリでかわいい!!

タガー。
ジェミマが一生懸命目を輝かせてタガーを見ているのがとても可愛かった~
ジェリロとタントの表情もこれまた豊かで、出続けているとこうも変わるんだ!!と改めて実感。
今日も昨日に引き続きハミング多し。
とても楽しげなタガー。
「気が向くときしか~」でのリーナはやっぱり可愛い!!
ブッチューって口、その後タガーに逃げられたときのニャーとでも言ってそうな
口の動き!!!
それを横目で不思議そうに見つめるミスト。
うーん、好きだな、ココ。
オス猫達は終始不機嫌そうでした(笑)
「ご無~用」の時は、後ろのタイヤにいるカッサが悶えるたびに
「病気? 病気?? どっか痛い???」とでも心配していそうな動きのギルに
笑えた!!

ギル動きが可愛すぎだよ~

グリザベラ。
近づいていくヴィク。
デミの止め方がスピーディーで的確、素敵以外の何者でもないって感じ。
その後のマンカスの止め方もとても威厳があった…
昨日のように肩に手を置くのではなく、今日は軽く両手を広げヴィクとグリザの
間に入るって感じ。
パブが近づこうとして、ジェニエニにとめられ、その後また階段下で
怒られそうになったとき、マンカスは「それ以上は怒らないでやってくれ」とでも言ってそうでした。
実際マンカスを見たジェニエニはパブに向かって怒ることはしなかったし…
マンカスさすがです…

ジェミマとジェリロのタイヤの降り方が猫の年齢が出ているようで
興味深い。
ジェミマはすっくと立ち上がりスッスッと歩いていく。
ジェリロは気だるそうに速度的には余り変わらないんでしょうが、ジェミマよりは
遅く感じる。
2匹で一緒に歌う前に一瞬目で会話をするんですが、その時の目の合わし方がたまらなく好き…
そして1歩、2歩と歩く所…
なんだか真剣に観てしまいます。

バストファ。
何故こんなにグッツが出るのか分からないバストファ。(笑)
そんなにジェリクルムーンを食う奴が偉いのか???タイヤの上のミスト。
今日はリーナに顔を寄せることなく、ちょっと匂いをかいでタイヤを降りていきました。
今日、多分始めてここで歌っているジェリロとパブを観たかも(汗)
バストファがミストに進められて花を客席に。
ミストはにっこり、カーバはバストファに蹴り。
その時の表情、いっつも大好きですが、今日もやっぱり大好きです♪
演説時、座るミストになにやら耳打ちしたジェニエニ…
それに頷き慌てて席?につくミスト。
何言われたんだろ??って思っていたら…
すぐに寝に入ったミスト…
寝ろって言われたのかしら??
起きた後も大あくび。
隣のコリコは聞いていたフリしてまったく聞いていないって感じで演説が終わったことも
ミストに教えてもらってました!!
料理リレー。
また途中でバストファの食いっぷりに見とれて料理見るのをわすれたミスト。
その後あきれた顔してギルと顔を見合わせてました。
リレー終了後、ギルが床に置いた料理を眺め、動かないミスト。
それを見たギルは置けば?と促す…
その瞬間いきなり、なんの前触れもなくおおきなくしゃみ!!!
ビックリしたギル!!
料理も台無し!!
かなりショックを受けた様子のギル、それを観てご機嫌なミスト
可愛いよぅ…


マンゴとランペル。
ランペルのこと大好きでしょ?と思わせるマンゴ。
ランペルもきっとマンゴのこと好きだろうなって感じ。
最近すごく磯谷ランペルが大好き!!
このシーン以外の表情がとてもキュートなんですよね~♪
ミストとも仲いいし
その辺は心が広いんですよ(笑)
「またガラス細工の」の時の表情なんかも企んでそうで可愛い!!
マンゴはうーん、ランペルが泥棒するっていうから自分もやるって感じ?
と受け取ってしまった…
兎に角ランペルに嫌われないように一生懸命なマンゴに見えてしまう(笑)
逃げ足もランペルが逃げるから逃げるって感じがするからかしら?
本気で逃げているように観えないのは??
ランペル愛されてるわ(笑)

デュト。
クンクン、オールドデュトロノミー…
やっぱりクンクンの後、向きを変えてのセリフ…
とうとうデュトの位置が分かったのね、となんだか母親の心境に(笑)
マンカスに許可を得てデュトを迎えに行くスキンブル。
マンカスの慈愛に満ちた歌い方に思わず惚れ惚れ…
タガーも自分のナンバーとは声質を変えて…
うーん。
いいシーンだわ。
途中腕の毛並みを直すマンカス、その後の敬礼もとてもマンカスっぽくて素敵。
ミストは平べったくなったままなんですけど、ちゃんと観てますよ(笑)
相変わらずジェミマとパブと引きとめるときのマンカスの悪戯っぽい顔が素敵!!
それにすがり付くパブの表情もとても好き。
ジェミマは角度的に表情が見えないことが多いんですよね…

ジェリクル舞踏会。
マンカスの「舞踏会の支度を!!」
昨日からこのセリフにぞくっとしてしまう…

すっごいかっこいいんですよ~
ミストファンの私が言うんだから本当です

今日はとてもカーバとランペル・ジェミマが気になったのでミスト以外では
この3匹を観てました!!
今日のミストは軽く絶好調(笑)
1回だけ、すっごく調子がいいときにやる足の振り下ろしがあったので、
心で叫びましたね
ミストのダンスちょっと観ない間に変わりました!!
何が変わったかと言葉で表現すると…
うーん、全てに神経をいきわたらせているというか、技のすごさはそのままで
ミストのセリフのようにいつも優雅で上品になりました!!
あ、より優雅で上品になりました!!!
ますます惚れてしまいますよ、ミストに
(笑)
タンブルの側転(最近私が観るときは側転が多いかも)も素敵!!
岩崎タンブルかなり好きです 
マンカスのヴィクリフトも綺麗に決まりました!!
これ上手くタイミングがあうと重力を感じさせませんよね~
そして私が待っていたシーン!!!!!
ミストですよ~
あ、リーナも一緒です(笑)
もちろんリーナも大好きなのですが、ミストの比ではないためにこんな扱いになってしまいます…
すいません…
そしてやっぱりミストしか観えてません。
リーナを観るためには上手側にいかないとダメだなと思った今日この頃。
その後もしばらくミストばかり…
だって舞踏会のシーン大好きなんでもすもの
転調して、デュトが星の光を天上へ返す。
その後も引き続きミストばかり…
だって気持ちいいんだもん♪
オシリフリフリも可愛いよぅ
あのジャンプの高さ、一体なんですか???
そしてあの表情…
可愛すぎです!!!
1ヶ月も我慢できたなんて不思議なくらいの可愛さです!!!
ミストがいないときはカーバを。
そしてランパスとリーナのペア。
今まで気づきませんでしたが、ちゃんとリーナをエスコートしてくるんですね、ランパス。
今まで何を観ていたのでしょうか???
そしてミストのクルクルクルクル…
何をやっても可愛いよぅ…
照明を変化させる時の手の動き、頭の動き…
どれをとってもやっぱり私のミスト
(笑)
マンカスもとてもとても素敵ですが、やっぱり私にはミストだなぁと
再認識
ミストを中心に三角上に集まってくる猫達。
最後にメス猫たちが
近づいてきますが、その時のヴィクが「私はヴィク」って感じがして
(どんなだ??)素敵でした♪

メモリー。
グリザから目をはずさずに、きっちりとパブの前に立ちはだかるジェリロ。
一瞬でも気を抜きません、この仔の為に…
そんな雰囲気でした。
最後に一度グリザを見てパブのあとを追うジェリロ。
一人残されてのメモリー。
休憩中にCMを観に出たらメモリー上手いねって声が聴こえてきました…
私的にはすごく気持ち悪い音程だったんですがこれは好みですからね~
昨日はそんなに思わなかったのに…
今日はダメでした…

第2幕。
幸福の姿。

カッサキッカケでの音入り。
その時のタンブルの出方がすごく好き。
なんなんでしょう、素敵です
またまたデュトに寄り添うミスト。
なんて可愛いのでしょうか…
視界に入る猫全てが邪魔だと思えるくらい可愛かった…(笑)

ガス。
やっぱり歌い方変わったなぁとおもうジェリロの歌声。
ジェリロが語っていると一生懸命周りの猫達も聞いているんですよね。
いつも真っ先に寝るコリコも上体を起してジェリロを見つめていました。
そしてランペルも寝ないで聞き入ってました。
優しげなジェリロ。
ふんわり微笑みガスを見つめる目、語るよう促す指先…
もともと美人猫なのに、益々美人だと思ってしまう…
ずるいなぁ(笑)
ガスが語り始めると寝始める周りの猫…
一番最初に寝たのはランペル。
デュトを挟んで隣のタントは寝入ったランペルを見て微笑み、自分の尻尾を
手繰り寄せ軽く回してました…
寝ないようにしたのかしら??(笑)

グロタイ。
これはミスト凝視から始まりますね!!
だって可愛いんだもん♪
速攻起きて掃除を始めるミスト。
今日もタガーはまじめに掃除してました。
マンカスは痛そうに足を引きずりつつも甲板をデッキブラシでごしごしと。
タガーと交代して後ろに下がったスキンブル。
その後ろにそっと近づきなにやら耳打ちをするミスト。
マンゴは何だかわからずもはしゃぎ、マンカスは何を言われたか分かっていての
イジワルな笑顔。
イジワルミストも可愛いなぁ…
殴られるマンゴ
百々マンゴが一番痛そうかも。
「カナリヤ飛び出し」で後ろ向きで歩くミスト。
今日は珍しく↑このときタガーの足に躓くミスト
その後上手側に移動した時、その腹いせ??かタガーのオシリをパンって
一叩き
なんだよ~って顔で振り向くタガーにちょっとふてくされたミスト。
…可愛い

どうしよう、可愛い
(しつこいですね…)
グリドル出。
またマンゴの背に乗っかるようにグリドルを見上げるミスト。
タガーはさっさとお迎えに。
遅れてマンゴとミストも行こうとして、ミストがグロタイの存在に気づき
マンゴを引きとめます。
何だよと振り返るマンゴ。
その瞬間グロタイに睨まれ硬直マンゴ&ミスト。
マンカスは難を逃れて一匹一歩離れていました(笑)
昨日からそうですが、秋さんの表情なんて豊かなんでしょうか…
グリドルらしく誘うような表情・観えない所では「ケっ」とでも言ってそうな
表情…
そして他のクリューにも色気を撒き散らす態度…
うーん、可愛い!!
サイアミーズが出てきての尻尾踏まれ事件!
(いつものグリドルのシッポを踏むあれです)
昨日に引き続き後ろのパブ&カッササイアミーズが可愛い
どいて、どいて!!って動作で示すパブ。
観てられないって感じのカッサ。
両方とも可愛い~んです♪
頂上の隊長は静まれ!!って態度。
うんうん、隊長たるものそうでなければ。
殺陣は昨日同様なかなかです!!
でも今日は頭が爆発しているように観えたのですが(どのシーンでも)
そんなに動き回ってたかしら???
ってキャッツは常に動き回ってますが…

スキンブル。
昨日ほどすごいって思うことは無かったからか、今日はいつも通りミスとばかりみてました…
ごめんなさいスキンブル…
でも昨日は本当にすごく素敵でした!!
タイヤの後ろから慌てて出てくるミスト。
やっぱりランペルが優しく迎えて…くれると思った瞬間バチンってミストを
叩いてました!!
びっくりした表情のミストもこれまた可愛い!!!

もちろんミストを観ていたんですが、サイアミーズからヴィクが異様に元気というかなんと言うか…
兎に角元気なんですよ!!!
ちょっと先ですが、寝台列車のシーンではヴィクが余りにも顔を上下に動かすからベットのマキャ(ですよね??)が大変そうでした(笑)
話は戻って…
「車内の通路~」以降のミストのフリ(というか皆一緒ですね)、大好きなんですよ~
表情といい、動きといい、もうツボですね
ヤクザなマンカスの時は今日はいち早く気づいたミスト。
段々動きが遅くなり、マンカスが自分の横あたりを通った時には完全に止まり
後ろに駆け上ろうと必死でした!!
それを見たコリコは状況を察し、ミストのシッポをひっぱり、坂から引き摺り下ろしてました
逃げ切れなかったミストはコリコの足にしっかりと抱きついていて
これがまた犯罪的可愛さ

動悸が止まらなくなりそうでしたよ(笑)
そんなミストの後方ではタンブルとカーバ(確かこの2匹)もミストと同じように
後ろに駆け上っていて、スキンブルに注意されているマンカスを見て
2匹で顔を見合わせ「ヘヘヘ」と言っているように笑い何事もなかったかのように
滑り降りてきてました!!

汽車組み立て時、今日のミストはあまりリズムを刻んではいませんでした。
コリコとマンカスが振り返る角度が一緒で、それじゃあ、コリコは観えないでしょ!
と突っ込んでみたり…
マンカスは隣のヴィク、ジェリロとも顔を見合わせにっこり。
楽しそうだなぁ…
列車崩壊は私も悲しい…
だってミストは疾風のごとく消えてしまうんですもの…

マキャ(デミボン)。
昨日間近で見たからかすごく気になるデミータ。
歌に流れが観えてきたと感じたからかもしれませんが…
南リーナも好きだし、ってキャッツで嫌いな猫ってめったにいませんが。
最近苦手な猫がいるんですが、それは…仕方が無い。
さてそれは誰でしょう(笑)

ミスト。
本当に楽しそうなタガー。
絶対にミストのことを愛しているはず
相手がタガーだろうがミストは譲りませんが
ここはどう表現したらいいのでしょうか…
誰か教えてください…
このシーン、ジェリロがすっごく優しそうに微笑んでミストを見つめてるんですよね~
軽く嫉妬(笑)
頭の先からつま先まで、いえ影の先までも愛おしいミスト…
どうしましょう、こんなに好きで
後方で勢いよく振り向いたジェリロ。
そのジェリロにつられて振り向いたコリコ。
その瞬間ミストによって動けなくなって…
それをみたジェニエニとタガーは必死にミストにアピール。
あの子たち、動かないよ~って。
ミストは軽くムシ。
でもちゃんと元通りに。
それ以外もクルクルクルもぴょーんぴょーんぴょーんも
(↑なんだか分かりますよね?笑)
どこをとっても素敵すぎて語れない…
あ、一つ。
ギルが飛ぶ前、ランパスがカーバの所へギルを受け止める為に行くんですが、
それが2匹で両手を広げて抱き合っているように観えてなんだか笑えてしまった…
そしてギルが宙を飛び…
ギルの隣にいたデミがびっくりしてひっくり返り、驚嘆の表情でミストを眺めているのがとても印象的
そして最後デュト召喚後のミストを観るデミの優しげな微笑がとても、とても素敵。
拍手煽りではスキンブルが真横に…
来ているのは知っていたんですが、ミストが観たいのよ~とステージを
凝視していたらかなり熱い視線を感じ、見上げてみるとスキンブルが微笑んで見下ろしてくれてました…
嬉しいんですが、嬉しいんですが、私はミストが観たいのよ~
と思いつつも私も大人。
微笑まれたので微笑み返してみました(笑)
そしたら満足したらしく去っていきました…
あぁ、ミストが観られえると思ったら今度はタガー。
すいません、邪魔です
えっと、タガーもスキンブルも好きなんですよ、ええ。
ただミストの方がずっと好きってだけなんです…
ミストって罪ね(笑)

メモリー。
マンカスの程よく染み渡るような声を堪能しつつミストを凝視。
だって次いつ観られるかわからないんですもの…
来週はゆずのライブだし、鹿鳴館(前予・予定)だし…
その次は…その次はないなぁ(笑)

コリコとランペル…でしたっけ?を後方に押しやるマンカス。
そして自分が威嚇し、気圧されたように後ずさる。
このコリコたちの押しやり方が昨日は力強く、今日は押しのけられる2匹のことを考えての押しやり方で優しさを感じました!!!
ここではミストはさっさと暗闇に溶け込んでしまうので追うのが大変です。
最近蔡ミストはパブの歌入りでゆっくりと振り向くのでその瞬間を逃さないようにだけ気を張ってしまいます…
ミストが暗闇に溶け込んでいようともミストを観ているのでその視界上に
グリザが入ってくると…どけ!と思っている汚い自分がいる…
だって、だって…。
昨日は我慢できましたが、今日は動いちゃいましたマンカス。
優しいなぁ。

天上へのたび。
猫へのごあいさつ。

ここはミストしか観ていないので割愛、というか端折ります。
2幕書く前に端折らなきゃって思ったんですよ、本当に。
思って実行したつもりだったんですが…
何なんでしょうか、この長さは…

チェイサー。
横1列にならんでの挨拶?の時、ミストはグリザとですが、その前に隣のランペルと
頭をゴッツンコ

って実際にぶつけたわけではないですが、近づけて2匹でにっこり。
うううううう、可愛いよぅ
今日の握手はマンカスと。
ミストと同時にセンター席に走ってきた時は、ミストとマンカスが目を見交わしているのが
とても素敵でした
どうしても、どうしてもミストを追ってしまう私。
今日にかぎって殆ど同時に握手のペースなんですもの…
でもちゃんとマンカスと握手してきました!!
こんなにミストを愛しているのに、マンカスはしっかり目を見つめてくれて、
軽く握った私の手をギュって握り返してくれました…
ちょっと感動…

でもその後しっかりミストを目で追いかけている私は…
今日は本当にマンカスが素敵でした!!!
ミストをこんなにも好きではなかったら、今日が初観だったらマンカスファンになってたかも、って日でした♪
カテコ、グリザ挨拶時のミストがハケる時の手の振り方が、たまらなく可愛かった…
愛おしいミストでした

タガー締め、今日もちゃんとありました♪
昨日はなかった拍手煽りがあって、会場笑いに包まれての盛り上がった
タガー締め。
拍手もぴったり。
ただ口は読めたんですが声が聴こえなかった「Thank you」!
ちょっとだけ残念。


おまけ。
今日はジェリクル舞踏会から音響が交代したんじゃないかと思うくらいレベルが変わりました!!
センターであそこまで音が大きく、しかも低音までしっかり聞こえたのには
(私は低音がちょっと苦手)
びっくり。
センターであのレベルだと両サイドのSPに近い人たちは耳が痛かったんじゃないのかしら?って心配になっちゃいました!!
でも気持ちよかったですけどね~
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術

キャッツ 0204ソワレ

20060204234819

約1ヶ月ぶりのキャッツ。
何故こんなに意味もなく(?)我慢したのか今となっては不思議でしょうがない(笑)
もう前日からドキドキでどうしようかと思ったほど。
友達もつられてドキドキしたようで、劇場ついてすぐにお手洗いにいったのに、
劇場探索して席についたら「もう1回お手洗いに行って来る」って(笑)
その間にずっとお会いしたかった方にもご挨拶が出来て嬉しかった…
家に帰ってから失礼はなかったかとちょっと考え込みましたが…
今日の観劇日記はちょっと短めになる予定です!!


第1幕。
一番初めに目に入ってきたのはランペル。

目チカ。
一瞬だけれどタンブルが来てくれました。
友達は怖い怖いボソボソ言っていて反応が面白かった!

ジェリクルソング。
車のライトに反応するマンゴ・ランペル・マンカス…
これだけで感動
この時点でミストが出てきたらどうするんだろ私、とちょっと不安になりました(笑)
生まれたのかッ」おぉ、力強いマンカスの第一声…
…あれ、マンカス前より顔の黒い部分が増えてる…
あ、そっか、冬用毛皮か…って本当にそうか??
でも素敵
このジェリクルソングは出てくる猫出てくる猫を必死に追いかけました!!
(でもミストが歩いてくるあたりではチラッとそちらを盗み観・笑)
「天国にも」
きゃー
か、かわいいよぅ…
「みすぼらしく」…あ、張さんだ!
この」で顔を上げなかったので気づきました…
でも本当に千葉さんに似てきた~
すいません、ここからは観える限りミストばかり(自然に)観てました…
蔡ミスト、動きが柔らかくなった~
本調子ではなさそうでしたが、肩から指先までの動きがとても滑らかで
やわらかく、背筋もとてもしなやかで…素敵…

「上のC」では上部にいるタガーが「歌えるか?歌えるか??」みたいに
メス猫たちを煽っているのがとても素敵~
今日のタガーは終始ご機嫌でとても調子よさげ!!
靴が落ちてきた時のミストはかわいい~としか表現のしようがない!!
これを可愛いといわずして何と言う??

ネーミング。
角度的にミストがまったく観えない…
観えない観えないと念仏のように心に唱えていたら、隣の友達が私にもたれかかってきた。
何?と振り向くとデミータにネーミングされていた(笑)
助けを求めるように私を振り向く友達、思わず笑ってしまった!
そしたら私に目線を移動してきたデミータ…
綺麗だなぁと、思わず見入ってしまいました…
近くで観たことなかった(目に入らなかっただけかもしれませんが)けれど、
ヴァネッサデミすっごい美人猫ですね
「ジェリクルキャッツ出てくる」
ミスト…
なんであなたはミストなの??と変な自問自答が始まった(笑)
マンカスのセリフ…
たまにかすれたりもしましたが、調子が悪いわけではなさそう。
笑顔が素敵すぎですよぅ…
ミストの次に

ジェニエニ。
始めは頭、次に右手、ジェニエニに触れながら起そうとするミスト。
途中で「起すの可哀そう?」とあまり触れなくなったミストにタントが
「起しておいて」って指示(笑)

「いつも暴れて~」
きゃー、高島田さんだ!!!
久しぶりかも♪♪
(でもサバンナでも観たいかも…ってLK行ってないですが)
「座り続けてる~」とマンカスが歌っているのを「キッ」と睨みつける
ジェリロ。
まるで「本当は違うのよ」とでも言っているよう…
でもジェニエニが動かず、3ガールズでクルクル回しているときは「本当に動かない…」と
ちょっと困り顔でマンカスを見るジェリロ。
すっごい可愛かった!!
ゴキ出ではカーバゴキとリーナゴキがチャンバラをしていて面白かった~
カーバもリーナもかなり本気の顔をしていて、マンカスにカーバが叩かれるまで続けてました!!

タップで吹っ飛ばされたミスト&マンカス!
ミストは残念ながら見えず(今日は下手側でした)、マンカスは寝転がっていたような…
スロープを登り始め、ミストと一緒にコケ!!
そう、これが観たかったのよ~とまた心で叫ぶ私。
最後、ちょこんとオーブンの上に座るミスト。
1回でちゃんとオーブンの取っ手に足をかけるミスト!
こんな事だけで誇らしげになってしまう私…

ラムタムタガー。
タガーが出てくるまで、ジェミマが頭をゴソゴソと。
頭痒い??と思いましたが、マイク直していたようです。
絶好調のタガー!
観ているこっちも楽しくなりました♪
オス猫登場。
終始不満顔のタンブルが観ていて面白かった!!
ランパスも足元に出てきたランペルに話しかけ、足止めしようとしますが、
聞き流されてうなだれていました(笑)
途中からひっそり出てきたミストはオイショオイショって感じで滑り台の中を
移動し、興味なさげにタガーとその周りのメス猫たちの様子を眺めてました。
ふーん、って感じで

グリザベラ。
久しぶりにジェリロの「グラマーキャッツ」を聞いたような気がしました…
セクシー!

バストファ。
バストファを見つけたときのジェニエニの顔が「ふふん」って顔で可愛かった♪
タイヤの上にいたミスト。
またリーナに邪魔にされるのかな~?と観たらいきなりリーナに顔を近づけ、
リーナビックリ
きゃー羨ましい!!!
そんなにそんなにミストに顔を近づけてもらって

そういえばココってジェリロとかも歌ってるんですよね…
いつも観るのに一生懸命で気づいてないに等しかったかも(笑)
演説時は大あくびをしながら聞き続けるミスト。
モグモグするお口がたまらなく可愛い!!
「まずいものを」の時、今日はミストとだけではなくランパスも一緒に前にでて
「うぅ」で一緒に後方のコリコの所へ泣きながら戻って行きました!!
抱え込むコリコのウンウンって顔が素敵~

料理リレー、ミストはバストファの食べっぷりが気になるらしく、
ろくに料理もみずリレー。
飽きてからはちゃんと料理と手渡す猫を見つつリレーしてました♪
終了後はギルが置いたお皿の上に自分のお皿を載せ(私の角度ではそう見えた)
ちょっと眺めてからツマミ食い。
手についたベトベトも舐めている姿がたまらなく、そうたまらなく可愛かった~

マンゴとランペル。
マンゴの顔が丸い!!!(笑)
あ、百々マンゴだ~
終始笑顔で人のよさそうなマンゴでした!!
ランペルの尻に敷かれてます!ってマンゴ。
アクロバットはあまり無かったですが、コレもありかな~と。
今日はランペルがとても元気で好奇心旺盛!!!
このナンバー以外のところでそれはそこかしこで現われてました
マンゴの上にランペルが乗るときは一生懸命耐えてます!
だって後でランペルに怒られるもんって感じ(笑)

逃げるときは…マンゴはなから諦めてます…って雰囲気。
ランペルが逃げるから逃げてみました、そんなランペルにまとわりつくような(違うか)マンゴでした~。

デュトロノミー。
クンクン、デュトロンミー。
そうつぶやくスキンブル。
今日はクンクンした後で出てくるあたりを仰ぎ見てのセリフ。
おぉ、ちょっと変わった!!
デュトの元に行こうとするジェミマとパブ。
マンカスにぐっと引きとめられたときのパブのビクっとした感じがとても
子猫って感じで可愛かった!!
「行ってもいいでしょ??」スリスリスリスリ…
それを上から優しそうに見下げるマンカス…
素敵です

ジェリクル舞踏会。
…表現できません。
「いつも優雅で上品に」
…ちょっと見ない間にますます上品になってきた~

最近はずっとセンターが多かった(笑)ので、下手側から観るのは久しぶり。
普段観えていなかった(ミストしか観ていないから)猫達も、角度的にミストを
観るのが辛いときに観られて面白かった!!
もっと他の猫も観ないとだめだなぁと反省した舞踏会。
ここで反省したところでムリなんですけどね(笑)
マンカスとヴィクのリフトはすごく美しく無理なくきまりました
そしてミストとリーナのペアダンス
はい、上手側からだとリーナも観られるんですが、それ以外だとミストしか観てません!!
うわー、素敵
もう泣くしかないです…
変調してから、ステージに駆け上り照明に魔法をかけるミスト!!
タイミングピッタリ~
きもちいい、素敵すぎ~

とここからは暴走気味でした(笑)

メモリー
パブに対しては優しく、グリザに対しては厳しく立ちはだかるジェリロ。
素敵なジェリロだな~と改めてジーンとしてしまった…
そういえば、はじめのグリザが出てきた時、ヴィクが最初に近寄ろうとして
マンカスが立ちはだかる時、いつもなら手を広げて止めるのに、今日は
本当にギリギリにヴィクとグリザの間に入ってマンカスの右手でヴィクの
右肩をグッと押さえ込んでました…
その力強さに思わず息を呑むヴィクの顔、そしてマンカスのリーダーと言うオーラ。

すごく素敵でした…


第2幕。
幸福の姿。

やっぱり2回威嚇されるタント。
どうしても2回デミの所へ行きたいんですね~
可愛らしくデュトを介護(?)するミスト
やっぱり何をやっていても可愛いなぁ…[emoji:v-343]
タイヤからの降り方がいつもと違って、左足をちょこんと先に下ろしてから
前足、また左足を下ろしてから前足…
かわいいよぅ…

今日は早めにリーナのシッポを諦め、ステージケコミ上を突き進むミスト。
このときのミストってなんだか哀愁さえ感じる(私だけ??)。
ヴィクと出あって擦り寄り別れ、そして振り返る…
この振り返りがピッタリ同じタイミングでかなり焼けた(笑)


ガス。
ジェリロの歌い方が変わった!!
そう感じたガスナンバー。
ガスが歌いながらジェリロを見上げると、応えるように優しく微笑み
頷くジェリロ。
本当に素敵、まるでマリアのようでした
「近頃の役者は」ではびっくり起き出すカッサ、そしてそれを見ていた
カーバもびっくり起き上がり…
その後は寝るに寝れずって感じでゴロゴロしていたカーバ。

グロールタイガー。
すぐに飛び起きて掃除をするミスト。
今日のタガーは率先して掃除してました。
決して丁寧とはいえませんが(笑)
一生懸命漕ぐミスト。
顔まで一緒に漕いでいてそれがまた可愛い~…
可愛い~
(しつこいですか??)
スキンブルにグロタイの所へクールに冷たく?戻れと指示するミスト、
これがまた可愛い~
となりでバカっぽく(すいません)飛び跳ねるマンゴ。
そしてそれを押さえる?見ないふり?するマンカス(笑)
ビックリしながら甲板を降りる3匹。
グロタイにコワゴワついていく姿がまた可愛い(ミストですよ)!
グリドル出。
マンゴの背にくっついてグリドルを見ようとするミスト。
マンゴがもっと前に、って時に後ろからグロタイの気配を感じ取ったミストは
マンゴを引きとめ直立不動!!
その表情がまた…
チュー待ちの表情も…かわいいといわないでなんって言うんですか??
誰か教えてください

(もはや逆切れ・笑)
しっぽを踏まれたグリドル。
それを見たカッサ&パブサイアミーズ。
パブの動きがまた可愛くって可愛くって、この2匹サイアミーズでも可愛いですね♪
張隊長、殺陣もなかなか上手くなって素敵な隊長になってました~
なんだか嬉しいかも!!

スキンブル。
タイヤの後ろから飛び出してくるミスト。
先に出ていたランペルが早く早く~って呼んでるのが微笑ましかった
…スキンブル、上手くなってる~♪
思わず一瞬観てしまった…
そ、そうなんですよ、いつもスキンブル観てません…すいません。
だってミストが可愛すぎるんですもの…(汗)
ミストって罪ね
大好きなミストの「シグナルは青」角度的に観えなかった
今日は色んな意味で泣いてばかりかも(笑)
ヤクザマンカス登場時は先に気づいたコリコがミストの後ろに隠れ
どうしていいか分からないミスト!!
それを前に押し出すように隠れるコリコ!!
もう目をそらすしかないミスト
また先にヤクザが大丈夫な事に気づいたコリコはミストに大丈夫だよ~って
教え、2匹でニッコリ微笑みかわす…観ていて可愛すぎて泣けた(笑)

「モーニングティーは薄め?」
言い方が違う!!
ちょっと観ないといろいろ変わっているものですね!!
汽車組み立て時、ミストがほぼ正面!!!
可愛いよ~
…可愛いよぅ~
リズムを取るミスト、にっこり笑うミスト…
何をとっても可愛い…

そんなミストの横から、汽笛がなるたびに身体いっぱいつかって後ろを
振り向くマンカスの姿が垣間見えてこれまた素敵!!
汽車崩壊時のミストもまた可愛い…ってこれしか日本語知らない人みたいですね、私(汗)。
その後は疾風のごとく走り去るミスト…
とても悲しかった…

マキャ(デミボン)。
キビキビデミとゆったりリーナ。
いいコンビですよね~
2匹とも素敵なメス猫です!!
やっぱりネーミングされた所為かデミの目線が気になってしかたありません!
目力があって素敵です
リーナもリーナでこのナンバーではあまり表情の変化はありませんが、
他のナンバーだと表情豊かで面白い!!
CMでもびっくり顔が可愛いですもんね♪
「どうでしょう、マンゴジェリー」
他のマンゴに比べると出てくるのが遅く感じるマンゴ。
でもちゃんと自分の名前に反応して軽く頭を持ち上げてました。
でも警戒しているのかそれ以上の動きはありませんでしたが…
マンゴが出てきて直ぐ、下手にヴィクがひょっこり顔を出すんですが、
これがまた暗闇に白猫が映える…
ヴィクはやっぱり綺麗ですね~

ミスト。
愛しい愛しいミストのナンバー。
やっぱりミストを愛しく思っているタガーがこれまた嬉しそうにミストを紹介する。
うーん、負けない(笑)
こことジェリクル舞踏会は本当にどうやって書いたら伝わるのか…
文才(そしてまとめる力)が欲しい…
絶対に表現しきれないので、面白かったところだけ(あ、全部だ・笑)
、ちょこっとだけ書きます!!
ギルが飛ぶ瞬間、隣にいたデミが自分も一緒に飛べると思ったのか、
ギルが宙に浮いた瞬間に一緒に後ろにひっくりかえっていてとても可愛かった~♪

タンブルの毛を抜いて光を灯すミスト。
かなり抜かれたのか、しきりに頭を撫でるタンブル。
順序が逆になっちゃいましたが、ランペルとマンゴの所に花が現われ
びっくりする2匹。
雷キッカケで消滅するのに、それに気づかず、というか目はずっとミストを追っていたようで、
無くなったことに気づかないランペル。
でも「わーわーわー」みたいな動き。
しばらくは一緒にやっていたマンゴは隣で静かに「無いよ」って。
そしたら「知ってたわよ」みたいな態度のランペル。
めちゃくちゃ可愛い!!!
ジェリロとコリコが動きを止められたときは(今日は書く順番メチャクチャですが気にしないでください)
ジェニエニとタガーが一生懸命で面白かった。
一生懸命ミストに教えようとしていたのはタガーだけかも。
ジェニエニはどっちかっていうと
「ちょいとお坊ちゃん、何か忘れてやしませんか?」と手招きしている
ようでした!
クルクルクルピョーンピョーンピョーンも素敵すぎ
割れんばかりの拍手喝采ですよ!!
たとえお客が一人でも割れんばかりの拍手を演出する自信があります(笑)
ビクビク、そして成功に胸を躍らせるミスト。
どこをとっても可愛いんだよなぁ、ミストって。
オス猫なのに、どうしてこんなに可愛いんだろう、とふと思ってしまいましたよ。

メモリー。
コリコとランペルを後方へ突き飛ばす(今日は本当に突き飛ばされてました!)
あんなに力強く押しのけられているのは初めて観たかも

思いっきり威嚇するマンカス。
でもグリザの目を見て気圧されるマンカス…
1歩2歩と後退していくマンカスがとても素敵でした…
パブが助けるように歌をつなぎ、パブの声で振り返るミスト…
始めは驚きの、そして優しげな表情に変わって行き…
それを観ているこっちまで優しげな気持ちになってきました。
先に動きそうなマンカス。
今日は耐えてました。
パブが動くまで必死に動くのを耐えているって感じでした。
パブが触れ、マンカスがグリザに触れるときの表情がこれまた素敵で…
でもミストもしっかり観ているんですけどね(笑)

天上へのたび。
猫にごあいさつ。

はい、端折ります。
ミストしか観ていないので。
パブの腰をしっかり抱き寄せて昇っていくグリザを見送るミスト。
パブにまで嫉妬を感じましたよ
だって、がっしり腰に手を回してるんですもの…

チェイサー。
1匹1匹の挨拶の時(ポーズきめ)、ジェミマはいつも通り背筋の柔らかさを
見せるんですが、その時蹴り上げた足と一緒にシッポまでも蹴り上げてしまって、
それが上手いこと頭の真ん中に飛んできちゃったんですよ

一瞬びっくり、そのあとおかしくって仕方が無いって感じのジェミマ。
すぐに下手の階段の所へ移動したんですが、笑いを堪えているジェミマを
不思議そうに見つめるタント。
その視線に気づいたジェミマは、シッポを手繰り寄せて、振り回し
ビューンってきちゃったの
、って説明してました!!
あぁ、と納得したタントも一緒になって笑ってました
可愛い!!!

横一列になっての挨拶は、コリコがタントにオシリをどーん
びっくりタントはお返しにコリコをオシリドーン
2匹で笑顔で微笑ましかった!!
横1列になる前にはスキンブルがタントに自分の首輪の鈴?を自慢していて
タントがいいわねって感じに触れてあげてました

とても自慢げなスキンブルが面白かった

今日は握手できればパブとだったんですが、残念ながら間に合わず。
せっかく友達を通路側にしたのに…
でも満足してくれたようで、帰りにどの猫が気になった?と聞いたら
気を使って黒猫と(笑)。
私はだいぶ前から黒猫、黒猫と騒いでいたので…
好きなシーンはマンゴとランペルとサイアミーズのようでした。
サイアミーズ専用キャストがいると思っていたようで、他の猫がやっていると
いったらかなり驚いていました!!!

タガー締めのきっちりありました♪
センター最前列の方に投げキッス
デコチューの方がいいなぁと思いつつも、羨ましいと思ったり。
今日の言葉は「Thank you」でした♪
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術

見つけられる?(笑)

「…」
マッシュさんからメールが来て、その事実を確認した時の私。
そう、アルプに載っちゃってたんですよ、私達(笑)
さあ、見つけられますか??

って絶対にムリですね~
だって自分でも「あ、コレだ!」って感じでしたもの。
でも結構いいポジションなんですけどね

月曜チェックしたときにはオペラ座の怪人確かクリスティーヌは高木さんだった
気がしたんですが、1日見たときには沼尾さんになってましたね。
1週間限定だったのか、残念って思っちゃってましたよ!!

みかん星人さんのブログで「久雄が違うとこんなにも違う鹿鳴館」ってのをやってて
(やってたわけではないのかも…)
ますます行きたくなってきた鹿鳴館2回目!
土曜は猫達に会いに出かけるので、母に前予を頼もうかしら…
うーん、悩む。

その鹿鳴館のCast on the spotは野村さん。
最後の“朝子”ってのがなんだか朝子さんぽかった…

どうしよう…
今週は猫で満足すべきか、それとも鹿鳴館も行っておくか…
でも見たいDVDが沢山あるんですよ

皆さん、ありがとうございます!!!
ってこんなところでお礼を言ってみました…
テーマ: ひとりごと | ジャンル: 日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。