スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女と野獣 マチネ



やーーーーっと見てまいりました、劇団四季の美女と野獣
赤坂でやっていた時以来の観劇。。。
公式での音声で、福井さんのお声が芥川さん(現:鈴木さん)に似ているなぁと
思って、絶対に見たいって思っていたのがやっと現実に…。

で、観て反省。
福井さんの野獣は、他の誰の野獣ともかぶらない、私の中では新たな野獣像として
確立されました
誰よりもピュアな野獣。
そして後から思い返すと、ベルへの恋心から心が成長していく様が見事に演じきられている
野獣という気がした。
そしてとても幼い言い方が出てくるときに、そこに本当に幼い子供がいるかのような錯覚すら覚えた。。。
(家に幼い甥っ子がいるので、まるでその子のよう)
また威嚇している時は大違いで、力強い男の人がそこにはいて、本当に同一人物?って
疑いたくなってしまう。
そこが野獣の魅力なんだろうけれど。。。
あぁぁ、ベルに、私がベルになりたいなーんて思っている自分がどこかにいた(笑)

歌はもう素晴らしく、気持ちも流れ込んでくるように観ている側に染み込んでくる。
過去の野獣たちも(赤坂時代)それぞれ素晴らしかったのだけれど、
今にして思うと、心の中の幼さが足りなかったように思う。
そう気づかせてくれた福井ビーストは本当にすごいの一言。

正面から見ると、本当に野獣で、お顔なんてまったくわからない(笑)
でも後ろ姿は、「実は王子」の雰囲気がする、と感じた。
シルエットなのか、何なのかは定かではないのだけれど

そしてりささんのベル。
ベルは正直に言うと、もっと新人にやらせてくれてもいいのになぁと思っていた。
歌さえ歌えれば、それなりにこなせる役なのではないのかしら?なんて
思っていたのだけれど、りささんのベルを観てこれまた反省…
声のトーン、顔の上げ方、視線の投げ方、どれを取ってもまさしくベル。
成熟した演技とはこうゆうことを言うんだなと思った。
はじめはやっぱり開口とか息継ぎの場所とか気になったりはしたけれど、
進むうちに気にならなくなり、そこには名前の通り美しいベルがいた。。。

田島ガストンは、もうあのアニメから飛び出してきた外見は一体何なのでしょうか?(笑)
ってくらい、アニメーションのガストンに似ていると思う
ただ、一ついえるのは、ガストンの底意地の悪さと言うか、人を見下した部分が
田島ガストンには感じられないってのが残念かも。
それは彼自身がいい人だからなんだろうなぁと。

って一人ずつ書いていくと、また異様に長くなってしまうので、後はさらっと。



何年ぶりかの美女と野獣。
そしてはじめての夏劇場。
けったいな色(笑)の外観の劇場。
ちょっとびっくりしちゃいましたよ。。。
アイーダの一件があってから、すっかり足が遠のいていた劇団四季。
この美女と野獣にはそんな私を引き戻す力があふれていた。。。
素晴らしいなぁ、美女と野獣。

客席は大人が多いのかなぁと思ったら、始まってみたら福井さんはじめ
皆さんのコミカルな演技で大人はもちろん子供達からも笑い声があふれていた。
小さいうちから、こんないいものを観られる子供達が羨ましかった。

他の劇場に比べたらタッパが短め?と感じたけれど、実際はどうなのだろうか。
緞帳で目の錯覚?とも思ったり。
客席と舞台はとても近く、臨場感あふれる舞台に感じた。

客電が落ち、いよいよ物語が始まる・・・。
オープニングから街の様子。
アンサンブルの動きに段取りが感じられて、ちょっと残念。
なんだろ、これの次はそれで、みたいな。
男性アンサンブルの一人がリズムが違うのか、本当に微妙だったけれどずれるのがちょっと気になった。

ガストンにプロポーズされたベルの「かご」も気になる。
なぜ外に置きっぱなし?とか(笑)
ま、そんなこと言い出したら切がないんだけれど~

あ、あとガストンのガールズたちのドキドキするときの手の位置が気になった
3人とも心臓の位置がバラバラじゃんって(笑)

そして最後(もう?)。
ガストンと野獣の対決のシーン。
今までは気にしていなかったのだけれど、ガストンはベルのことを「あんな女」って言うのね。
結婚しようと思っていた女性を「あんな女」呼ばわりするだなんて、
やっぱりガストンはベルのことを外見でしか観ていなかったんだなぁと、ちょっと悲しくなった。

野獣から王子への変身シーンは、ちょっとパワーダウンしたのかなぁ。
それとも過去の記憶だから美化されてしまったのか、ちょっとあれ?って感じがした。
そう、前の変身では照明でキラキラになっていた気がしたんだけれど、
スモーク以外なにもなかった。。。

そして野獣から王子へ。
王子素敵
王子になっても、所々で見せる野獣の仕草。
たまらなく愛しい。。。

福井さんの野獣、心から愛してしまった。。。
私が(笑)
そして友達が(笑)
友達は「なぜ王子になってからがあんなに短いのか、もっとあの素敵な王子様の姿が観たかった」と憤慨されておりました…。

帰りに友達をお茶して、観劇の感想を聞いたりしていたんだけれど、
ほとんど福井さんのことだった!!!
また「福井さん」の舞台が観たいそうだ

四季の会は退会してしまったのだけれど、BBを観る為にまた入ろうかなぁと悩み始めている自分がいて、ちょっと戸惑っている(笑)
スポンサーサイト
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術

蒼穹の昴

今NHKで蒼穹の昴が放送されている。
以前放送しているときは見ることが出来なかったので、かなーーーり期待して1話を見た。




って感じだった。
設定があそこまで違うとは。。。
回を追うごとにその設定の違いは大きくなり…

ってことなので、本を読んでいてよかったなぁと心から思った。
あそこまで設定変えて大丈夫(話の流れにも関わってくるような設定なので)なの?と
多少は不安になりつつも、衣装も装飾品もとても綺麗だし、
田中さんの西太后は本当に素敵だし、見ていて損はない

こんな反中の時期に放送されるのは多少もったいない気もするけれど、
一応録画もしてあるし、中国語に切替が出来るようなら
後で中国語で見直して、中国語の聞き取り練習にでも出来たらいいなぁなんて思っている。

で、蒼穹の昴が放送されたのと前後して、この蒼穹の昴と時を同じくした小説、
中原の虹も文庫で発売され、あっという間に4巻発売されてしまった。。。
(2巻ずつ同時発売なんだけれど)
通勤時の15分程度しか、毎日読めないので進まない進まない。。。

テレビで放送を見るたびに、小説の方の続きが気になりって繰り返し。
で、さらにマンチュリアン・リポートまで発売されちゃうし。。。

本棚があふれかえっている私は、小説は文庫になるまで待つ!と心に誓っているので、今のところ手を出していない。

が、中原の虹を読み終わったら、その決意が続くかどうかは定かでは…ない…。
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。