スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レ・ミゼラブル 2011年

な、なんてこと!!!
来年のレミゼは現演出が最後になる公演ってのもさることながら、
吉原さんがバルジャンですってぇぇぇ
と驚いてしまいました。。。

ま、吉原さんのバルジャンを観にいくかはまた別問題なんですが。。。
(山口さんの出始めにバルジャンみて衝撃を受けたので、トラウマになってます・笑)

そして知念がファンティーヌ
帝劇はキャストでチケット買えるからいいんですが。。。

狙うはスペシャルキャストの日と、あとは今回のキャストの日と、少なくとも
2回は観にいきたいなぁ。。。
スペシャルキャストの日はチケット取れるのかしら?
不安だなぁ。

あー、今から楽しみ
スポンサーサイト

from ゆず新曲



ゆずの新曲「from」です
本来の発売日は明日の12月1日ですが、1日前に購入してきてしまった。。。
予約していなかったので、初回特典付あるかしら?とドキドキしながら購入しにお店に。。。

前回のCDは上大岡で予約して買おうとしたのに、予約分完了といわれてしまって
結構あせったのだけど(結局違うお店で友達に購入してもらったけれど)、
今回は普通に山積みされていた…。

気分的にはちょっと複雑(笑)

展示の場所も上大岡なのに(ここ強調・笑)、端っこで、メインはミスチル。
確かにあっちはアルバムで、ゆずはシングルだけどさー。
横浜じゃん???(笑)
もうちょっと贔屓してくれてもいーんじゃないかなぁなんて思ったり。。。

普段ラジオは聴かないので、今日2曲ともはじめて聴いた。。。

いいかも
明日からの通勤&帰宅の時はこれ聴きながらに決まり

とりあえず年内は後は来年のライブの抽選結果(FC先行)を待つだけだな。。。
ドキドキ。。。

って冬至もあるけどねー
テーマ: 邦楽 | ジャンル: 音楽

ドガ展



やっと見ることが出来ました、横浜美術館のドガ展

かの有名な「エトワール」を生で見たくて、友達とお昼に桜木町で待ち合わせをし、
昼食を食べてから美術館へ。。。

美術館は好き。
最近はなかなか行く機会がなかったのだけれど今回のは行ってよかった

エトワールを見るだけでも行く価値が十分ある!!!!

H.Pや印刷されたもの(本や絵葉書等)で見るのと全然違う。。。
(当たり前だけど・笑)
絵の保護のために照明は薄暗くなっていたのと、人だかりができ、なかなか進まないので、
斜めの角度から正面に至るまでじっくり時間をかけてみることが出来た。
斜めから見ているときから、すでに雰囲気が違う。
それはもしかしたら絵の雰囲気もさることながら、それに見入っている
人たちの気持ちすらエトワールのまわりにあふれていたからなのかもしれない。

後ろから眺めるのではなく、前でちゃんと見たかったので、時間はかかったけれど
絵を見ている人たちの列のようなものに並んで、じっと順番を待った。
横から眺めるエトワールは、青白い淡い光を放っているかのようだった。
だんだん自分が淡い光の中に吸い寄せられるような錯覚すら感じた。
正面にたどり着いたとき、どれだけ眺めていたのかわからないけれど、
係員から人があふれてきたので、早々に移動するよう促されてしまった。。。
そんなに佇んでいたわけではない(と思う)のでちょっと残念。。。

このエトワールは女性の表情、それは精密に描かれていない顔だったり、ゆるやかな曲線で描かれた
身体だったり、まるで今この舞台を見ているかのような動いていそうな衣装、とにかく全てがすごい。。。
そして照明!!!!!
これは全てのドガの全ての絵に共通すると思うのだが、彼の絵には照明プランナーが
ついていたかのようにすら感じた。
それくらい舞台照明のような光の演出が(そんな演出であるのに)自然に描かれている。

その光の演出は、注目すべきところのみではなく、女性の腕だったり太ももだったりと
強調されているわけではないけれど、光の当たり方に意図と力強さを感じる。
実際に光があたってもそのようにあたるのだろうけれど、彼の絵には光の意図があるように思えた。

正直、彼の絵はエトワールしか知らなかったのだけれど、エトワール以外の絵も
立ち止まって見入ってしまう絵は多々あった。
浴槽の絵のシリーズは個人的にはよくわからなかったけれど、キツネの絵(木陰で死んでいるキツネ)
はキツネの毛並みが本当にリアルに感じられて、思わずかわいそうになってしまった。
(かわいそうという感情が独りよがりだとしても)

美術館はかなり人が入っていたので、なかなか絵に近づいてみることが出来なかったので、
出来ればエトワール以外もエトワール並みにじっくり見てみたい。
なので、もし都合が合えば、もう一度行きたい。。。

あと、エトワールはH.Pなどと実物とでは見える角度が私には違って見えた。
H.Pとかの私のイメージは、四季の舞台でいうFRって場所(客席脇の舞台に照明を当てている場所)
から見る角度に見えたのだけれど、実際のエトワールは舞台のケコミギリギリに立った透明人間な
自分が見ているような角度に感じた。

絵の解釈とか、音声ガイドとかの情報が一切ない中で見たので、そういった情報があると
また違った角度で絵が見えるのかもしれない。

芸術の世界って面白いなぁ。。。
残念ながら私にはその才能はないようだけれど。。。
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用

申し込み完了!!

ゆずの2011年のアリーナツアーのFC先行申し込みが今日の12時からだった鹵

毎回この申し込みのタイミングで悩む。
今回は全部に申し込みが可能だった(前回は横浜3日の内1公演のみとかだったから)ので
横浜とさいたまを申し込むことは、事前に友達と相談して決めていたのだけれど、
その申し込む時間で悩んだ。

全部同じタイミングで申し込むのか、
それとも1公演のみお昼、残りは数時間おきとか別の日とか…って。

毎回毎回なやんで、同時に申し込んだり時間や日にちをずらしたりして申し込んだり
しているけれど、結果的にどれがよかったとかがまったく…ない

なので、ちょこっと悩みはしたけれど、後で忘れたりするのも嫌なので
全て一気に申し込んでしまった

当たっても外れても運だしね、仕方がない。
で、当落発表は来月の9~10日。
3月~4月の公演の結果が9日、5月~6月の公演が10日だったかしら??
なので私の結果は10日のはず。
10日は平日なので、仕事中ずっと携帯気にしてるんだろな、私(笑)

先日のライブに行ってから、気持ちが嵐になびいていたのだけれど、
1日には新曲が発売されるし、気持ちは公平(笑)になるかしら???

ラジオを聴いていないので、新曲はまだ聴いていない。
なので今から発売日が楽しみで仕方がない
アルバムも早くでないかな
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用

嵐!!!



東京ドームです
です

嵐のライブは一度行ってみたいなぁと思い続けていたら、去年?あれ、今年だったかな?に
FCに入った友達(先輩)からチケット当たったと連絡があり、そして誘っていただけた

うきうきしながらお昼過ぎごろに水道橋で待ち合わせ。
私達二人は水道橋に学校があったので、お昼を食べた後に懐かしい場所を散策。。。
なくなってしまった場所や、あらたに出来たものが増えたり。
面影は残しつつ、変わっていく町並み…って感じで多少寂しくもあった。。。



↑↑↑会場前にはモニュメントも。
なぜか一定の距離を置いて近づかない嵐ファン(笑)
そのお陰で綺麗な写真が取れました♪

で、ライブ。
18時からなのに開場は16時
2時間前!!!
ドームとか広いところなら当たり前なのかしら??
それともジャニーズだから???
キンキのファーストコンサート、ジャニーズJrのファーストコンサート(ローソンね)、
スマップを数回くらいは行ったことがあるけれど、覚えていない。。。

中に入ってびっくり!!!
予想外に近い!!!
スタンド7列目。
でも実質5列目の上手側サブステージよりの位置。
肉眼でも十分楽しめる位置だなぁと始まる前は思っていたけれど、始まったら…
彼らの愛車(フロート)が正面に止まる位置!!!!
割合的には
松潤 > 大野くん > 翔くん > 相葉ちゃん > ニノ
で、大野くん、ニノ目的な私としてはちょっと残念。
特にニノが足りない

ニノと相葉はサブステージには沢山来てくれたんだけれど、彼らの乗った愛車(フロート)や
一人乗りの…名前わかんないけど、移動するやつ、では通過はあっても止まってくれず…
ラストでニノたちの乗った愛車が来たけれど、私の近くでニノは逆側を…
ニノリベンジで、また参加したい~
ってことで近々FC入会決定(笑)

いいの、ゆずの二人も嵐はいいって言ってたし

ライブ自体は思っていたよりトークが少ない!!!
歌って踊って、会場一体で、何より初めてでも何度通っていても同じように楽しめるってのがいい!!
もちろんゆず鹵もそうだけれど、ゆずの方は(他のに行って気づいた)客のフリが決まってるものが多いので、
間違えたらいけない(笑)ってプレッシャーが多少ある…かな?
嵐にはそれはない、というか、ほとんどペンライトふってるからかもしれないけれど。

そして生嵐は、テレビでみる何十倍もかっこいい!!!!!
松潤なんて、本当に近くで見られたけれど、やばいくらいかっこいい
そしてちゃんと一人ひとりの顔を確認するように見てくれて、私のことも見てはくれてはいないかもしれないけれど、
確実に視界には入れてくれた…
あー、もう幸せ…

目当てのニノはまったく目の前では止まってくれなかったし、大野君も止まってはくれたけれど
視界には入れなかった(上段の客ばかり釣っていた(笑))のは悲しかったけれど、
彼等一人ひとりが本当にお客を大切にしているのが伝わったライブだった

トークでは松潤が何度かポジション間違いをしたことが暴露されたり(笑)、
ニノのドラマの話になったり、仲のよさが本当に現れていて、聞いていて心地よかった…
ニノのつっこみ好きだなぁ。
大野くんのぽやっとした所もたまらない。

怪物太郎も来て歌い、嵐の面子とのやりとりも面白かった~
また行きたいけれど、嵐のチケットって取れないからなぁ。。。
運をためなければ…(笑)

そしてそして、コンフェティもゲット。
…私はコンフェティが飛んでも、嵐を見ていて取らなかったんだけれど(笑)
友達が取ってくれた、感謝

テーマ: ライヴレポ・感想 | ジャンル: 音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。