スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【YUZU LIVE CIRCUIT 2012 YUZU YOU ~二人で、どこへでも~】横浜文化体育館

【YUZU LIVE CIRCUIT 2012 YUZU YOU ~二人で、どこへでも~】
横浜文化体育館

FCやその他もろもろの先行でことごとくハズレ、行けないんでしょどうせ。とふてくされていた。
当日券があってもきっと電話繋がらないしーって思っていたら、友達が休憩時間を利用して
電話をかけ続けてくれてチケットを取ってくれた!!!
行けるとは思ってもいなかったので、ライブ必要グッズ(笑)も持ってきてはいなくて
会場で買える時間がなかったらどうしよう・・・と不安になりつつも会社を自主早退して会場へ。

グッズは売り切れが結構あったけれど、タオルさえかえればいいやって感じだったので、タオルだけ購入して席へ。
ち、近いんですけど・・・。

毎回当日券の方がFCや有料先行よりもずっといい席ってどうなんだろう、って思う。
会報をほとんど読まない私にしてみたら、FCに入っている意味なんてあるのだろうか。。。

で、本編。
なんか懐かしかった。
の一言。

「いこう」や、「岡村ムラムラ ブギウギ」が入っていた「ようこそ横浜メドレー」!
久々?に横浜愛が感じられて嬉しかった~

あ、はまっこに対する苦言?もあった(笑)
我々はまっこは、出身どこって聞かれると、神奈川ではなく横浜という。
これはいかんって内容。。。

でも言わせてもらうと、出身を聞かれて神奈川と言ったとする。
すると神奈川のどこって大抵きかれる。
で、横浜と答える・・・ってまわりくどいことをするよりも、直で横浜って言ったほうが早いと思う。
認識的に神奈川=横浜以外ってイメージがあるんだけどなぁ。

あとは電車の話。
我らが愛する京浜急行。
東京へ向かうとき川崎を過ぎたところからソワソワし始める。
帰りは逆で川崎に着くと安心する。
そんな話。
かなり共感(笑)

あとは会場にいる約5000人が同じ携帯へ電話をしてつながるのかって実験。
・・・つながらないのね(笑)



↑ 終演後にとった写真。



↑どこから電車のる?と友達と相談して、JRは混みそうだから、京急まで歩くかって事でゆず色にそまっている馬車道を通って帰宅。
綺麗だった~♪
スポンサーサイト
テーマ: ライヴレポ・感想 | ジャンル: 音楽

青い鳥

青い鳥を観る機会があったので久々に秋劇場へ行って観て来ました。

実は青い鳥って話をあまりよく知らなくて・・・。
友達と、終わりしかしらないんだけど・・・って話しながら観劇に。

んー、なんだろこれ。
舞台はすっごく豪華な作り。
めちゃくちゃお金かかってます的な豪華さ。
俳優さんも1人1人素晴らしいしアンサンブルに至っては、本当にすごいなーと思った。
けれど話に起伏がまったくないのと、1シーン1シーンが長くて間延びしてしまって・・・。

もうちょっと演出でなんとかならないのかな?って思ってしまった。

話的に「青い鳥」を探しに色々な場所に行くって話なので、うーん。
言ってみると起承転結の「転」がないのかな?

個人的な感想では俳優さんは素晴らしかったしスタッフさんも素晴らしかった。
でもたぶんもう観ない。
そんな感じの舞台でした。。。
テーマ: ミュージカル | ジャンル: 学問・文化・芸術

DIVAたちとフィギュア



~DIVAの饗宴 ミュージカルの調べと共に~
五東由衣さん
井料瑠美さん
村田恵理子さん
ゲスト:福井昌一さん

劇団四季を退団されたクリスティーヌ3人と福井さんのコンサートに行って来ました。
これ、行ってよかったです・・・。
これに行ったら、この中で歌われる演目、今後観られませんよって言われても後悔しない!!
と言い切れる時間を過ごさせていただきました。

ただ場所が方向音痴な私としては、たどり着けるのか????って疑問が浮かびまくって消えないところだったので、
Mさんが行くので待ち合わせしましょうと声をかけてくださったときは、まさに神の声だと思いました。。。
行ってみて、やはり私ではたどり着けないと実感したのですが。

本番1時間前だというのに、すでに列が・・・。
並んでる最中に福井さんや由衣さんが通ったりと、すごい環境の列でした(笑)

始まると、音楽監督/演奏の宮崎誠さんの美しい調べが流れ出し、エレクトーンってすごいなーと改めて実感。
彼が1人いたら、オケいらなくなっちゃうじゃんって感じ。
3回公演のために作ったとは思えない作りこみ度でした。

福井さんがガストンをやるは、ビーストをやるわ、女性3人がかわるがわるベルを演じたり・・・
もう凄い。
BBが最初の1曲(全員)とそれぞれ1曲ずつ歌われた後、ウィキッド。
For Good
村田さんがエルフィー、五東さんがグリンダ。
この1曲で走馬灯のようにストーリーが流れ込み、(実はBBのときから涙ぐんでいたのですが)普通に泣き出しました、私。
これ、本当に心に染み渡りました・・・。
ウィキッド、実は曲はすきなのですが、話が好きではない。
ちょっとクリスティーヌと相通ずると言うか、自分勝手すぎません?って思ってしまうのです。
でもこの曲は好きだったのが、更に好きになり、もうこれを聴けたから観なくてもいっかとすら思えてただただ泣けました。

(この後も素晴らしい曲を歌い上げてくださったのですが、実はその後も私の中ではこれがずーーーーと流れていました。)

その後は福井さんのトニーと井料さんのマリア。
アレンジしていたので、四季の舞台とはかなり雰囲気の違う曲に仕上がっていました。

夢から醒めた夢もピコが井料さん、マコが村田さん。
歌声だけなら、どちらもマコ。
でもこれまた泣けた。。。
夢醒、観たくなってしまったけれど、このピコマコじゃないのか・・・と残念に思ってしまった。

このあとはキャッツ。
由衣さんのグリザに3人のジェリロにグリドルボーン。
3ガールズも3人で演じられた上の福井さんのマンカス!!!!!とタガー!!!!!!
キャッツの中と同様に、連れ去りもあり・・・
めちゃくちゃ羨ましい!!!!と心底嫉妬があふれ出しました(笑)

そしてそして、タイトルにもなったDIVA、クリスティーヌももちろんありました。
3人がそれぞれクリスティーヌを演じ、福井さんがラウルをやったりファントムをやったり。。。
福井さんがラウルなら、ファントムを何とか蹴落としてラウルの元に行きたいし、
福井さんがファントムなら、どーーーにかしてラウルを撒いてファントムの元へいきたい・・・
って思わせるファントムやラウルでしたし、3人のクリスティーヌも圧巻。
舞台に今すぐ出ていただけませんか?といいたいくらい。
記念公演とかやってくれないのかしらー四季さん。
そしたら最近縁遠くなっているけれど、通うのになー。

1曲はマスカレードだったのだけれど、その時はラウル1人に対して、一度にクリスティーヌが3人(笑)
お互い押し合いながら、ラウルに語りかけるように歌い、動揺するラウルが面白かった。

「どうゆう訳か~」
「聴かないで、分かる日が来るわ」

ってクリスティーヌが3人になっちゃった理由が分かる日が来るのだろうか?
なんて思ってしまった。。。(笑)

アンコールはマンマでした。
終わった瞬間に移動している人たちがいて???って思ったら、次の回(2時間後)にならびに移動されたようで、
凄いなと思うと同時に羨ましかった。
私も何度でも見たい!!!
そしてこの内容で6000円って安すぎます!!!
もっと取ってください。。。って感じでした。


あっ!!!!!
大事なの、大事なのを忘れました・・・
おしゃれをやってくれたのです!!
井料さんが好きなようで(前のコンサートでもやってくれたので)、やってくれました~
もちろん由衣さんも!!!
一緒に踊りたくなってしまいました~
相変わらず可愛いアムネリスです♪




でも私は次の公演を観られないのです。
それは・・・・
↓↓↓


これです。
木下グループ メダル・ウィナーズ・オープン 2012
そのまま埼玉に移動してこれを見る予定だったから!!!!

なんなんですか、この面子は!!!
って人たちが集まっていたので行ってきました。
全員すっごいんですが、特に特に特に特に観たかったのが、キャンデロロとヤグディン。
すっごく好きな2人が出てくれて、観たいものをちゃんと演じてくれる・・・そんな2人がますます好きに。
そしてカートのエンターテイナーとしての振る舞いに笑い転げ、女性ではこれまた大好きなスルツカヤがかわいらしく演じてくれて、もうあの動きたまらんと親父のように思っていました。

1日を通して、こんなにいい男、いい女を見ていいのだろうか?
って疑問に思いましたが、もう心が幸せイッパイで、鼻血が出そうでした(笑)
でも最後まで頭で流れていたのはウィキッドのfor goodなんですけどねー。
またあのお二方のこの曲が聴きたいです。
出来れば音源としていただきたいくらい。。。
無理ですけどね。
記憶に残します!!!
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。