スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

One on One スペシャル live 2013

『One on One スペシャル LIVE 2013』
2013年12月30日(月)15時/18時 @スタジオK(高円寺)

【出演者】
上野聖太さん
岡村さやかさん
千田阿紗子さん
田宮華苗さん
蔵重美恵さん
正井雪香さん
美木マサオさん
浅井さやかさん
【演奏】
はんだすなおさん
【ゲスト】
15時の回:梶雅人さん、佐野まゆ香さん、中村勇矢さん
18時の回:寺元健一郎さん、黒瀬千鶴子さん、妻木泰二さん

【セットリスト】
しあわせの詩
それぞれの目的
息づくもの
欠けた月
痛み~巡る想い~願いの葉

言葉と音楽が生まれたわけ(MONO)
絵を描くということ(「最後のタマゴ 最初のキオク」)

「コエラカンドゥス~深海 眠る君の声~」メドレー
「Genius Writer~本物と偽物・シェイクスピア~」メドレー
「ROOM:閉ざされた扉」メドレー

<サプライズゲストコーナー>

「Fuunji~風雲児・坂本龍馬~」より
「Astronomer~正しいウソ・ガリレオ・ガリレイ~」より

教えてやるよ
満ちる夜~楓の旅立ち
本当の願い
自分の中に


はい。
もちろんマチソワさせていただきました。。。
スポンサーサイト

全日本フィギュアスケート



観てまいりました!

高橋くんを実際に見られる(競技で)のは最後かもしれないと思って、埼玉まで行ってきました。
チケットが取れなくて、半ばあきらめていたのだけれど、追加で何とか取る事ができて。
でも実際にチケットを取ってくれた友達は、仕事の都合で男子の第二グループくらいからしか間に合わなくて。
なんだか申し訳なかった。

販売開始直後に通販で買っておいたD1SKタオルを持参し、防寒グッズも完璧にそろえていったわ。
でもね、忘れていたの。
埼玉は椅子がちゃんとしていると…。
座布団とかいらなかったのね。
なんだか1泊するんですか?ってくらいの荷物だったわ。

会場に入ると、パンフを求める列列列。
すごいなぁ。

私は写真とかには興味がないので、とりあえず適当に何か買って腹ごしらえをして、お手洗いに行ってから席へ。
なんとキスクラななめ後ろあたりの前から2列目。
何度も席があっているかの確認をしてしまったわ。

どの選手もファンがしっかりついていて、なんだかすごい盛り上がりだった。
もちろん一番の盛り上がりは高橋くんだったけれど。

演技はみなさん、観ていただいたと思うので端折りますが、もう泣きそうになった。
お願いだから高橋くんをソチへ!!!
って気持ちにあふれた。
たぶん会場中そんな思いだったんだと思う。

こんなに胸がいっぱいになるフィギュアってなかったかも。

羽生くんはやっぱりすごかったし、小塚くんも織田くんもすごかった。
でも、高橋君がやっぱり一番すごかった。
ひいき目なしで。

行けてよかった。
彼の演技を観る事が出来てよかった。
いけなかったら後悔していたはず。
(最近は役者さんでいっぱいいっぱいで、フィギュアまで手がまわってなかったんだけど)

Pちゃん、チケット取ってくれて本当にありがとーーーー。

あ、私たちが座っていた隣のブロックが関係者のフリー席?だったので、そこかしこに選手やらコーチやらがわんさかいた。
それも観ていて面白かった。


あ、あと佐々木 彰生くん、面白すぎる!!!
ステキすぎる!!!
ちょっとあの「あきお」バナータオル欲しい!!
検索しても出てこないの。
なぜ???
欲しい~
テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

交響劇「船にのれ!」

交響劇 「船に乗れ!」を観てきました。


あ、また写真が横に。。。


携帯からはダメなのかなぁ。


でこれは↑オーケストラの方々。

ぜひ、観てみて!
と言われていたにも関わらず、のほほーんとしていたらあっっっという間に千秋楽間近ってことになっていて、焦りました!
千秋楽にあたる21日はフィギュアを見る予定だったので、行けるのは20日ソワレのみ!!!
ってことで急いでチケットを探した。

結構いい席を譲っていただけたので、全体的に堪能できたと思う。

まず、舞台。
舞台上にオーケストラの方々が。
舞台上手側にクロスするように白いスロープが2本。
このスロープが時には通学路、時には校内の廊下、時には部屋の仕切りになったりする。
面白いし、無駄がない。

ストーリーは、簡単に言っちゃうと恵まれた人が挫折したって話。
うわ、こう書いちゃうと終わる。。。

福井さん演じる現在のサトルが、学生時代(のサトルは育三郎くん)を回顧する。
現在のサトルは時には客観的に、時には後悔の念をいただきながら(たまに止めようとしたりもする)、過去の自分を見つめている。
半分説明係みたいな感じ。
(ストーリーテラー的って言ったほうがいいのか)

過去のサトル(育三郎君)は行きたかった学校には落ちてしまい、祖父が理事をしている学校に入学。
そこで出会った南ちゃんと恋に落ちる。
南ちゃんはお父さんが亡くなっていて、経済的には恵まれていない。

でもバイオリンにはかなりの自信を持っている。
サトルはチェロ。

サトルは祖父のすすめもあって、2か月ほどドイツ留学に。
南ちゃんはそれがとても悔しく、サトルをうらやましく思った。
サトルが経験していないことを…って思ったのが南ちゃんとサトルの人生の転機になる、のかな?

南ちゃんは高校生にして妊娠、学校をやめ、結婚。
サトルにはほとんど説明なし。

なぜなんだーーーーって自暴自棄にもなるよね、そりゃ。
ってことで、予想を裏切らず、ちょっとおかしくなるサトル。

それでも学校に在籍する間はチェロを続け、学際でも(南ちゃんが乱入してきたりもするけど)最後までみんなで演奏。
音楽をやめて、音楽がすべてだったので、そんな人から音楽を取ったら…その後は…

みたいな話かな。
途中もっといろいろな話があったけど。

サトルの名字は「津島くん」。
登場人物の中で、2人だけ、津島くん→サトルに呼び方が変化していた。
一人は南ちゃん。
付き合ってるって確信したところくらいからサトル呼びに。
もう一人は伊藤くん…って名前だったかな?
フルートの子(男の子)。
最後の方でサトルって呼ぶんだけど…なんか。
ま、いっか。

この舞台の面白かったところは、オーケストラの方々。
俳優さんたちは楽器は持っているものの、もちろん実際に演奏しているわけではなく、マネ。
後ろでちゃんと演奏してくださっているのが東邦音楽大学管弦楽団の方々。

先に言っておくと、演奏、本当に素晴らしい!!
普通にオーケストラが聴きたくなったもん。

で、俳優さんたちはただ演奏のマネをしているわけではなく、オーケストラの方々が演奏しているのに合わせて歌う。
つまり彼らも楽器も歌っているってことを一緒に表現しているのかも。
うわー、すごい!!

笑えたのは、俳優さんがハケルときに、一緒にハケて行くところ。
走って追いかけていく姿とか、本当に笑えた!!

俳優さん、一人ひとりについて、ちょっとずつだけど思うこと、書いておきたいことはあるけれど、正直1回だと全員は無理。
もう数回、いろんな人を気にしながら見たかったかも。

なんか不思議な舞台だった。
ミュージカルとクラシック、両方を楽しめて、2倍のお得感♪
再演したらまた観てみたいな。

とりあえず原作を買って読んで、原作知らずに観て後悔するのか、ただ納得するのかってのを知りたい。
とりあえず本を買ってこないとね♪
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用

いっくんのCD

なんだろう、結局どういった集まりだったのだろうか?
ってのは気にしない。

ステキなお店bistrosso musiqueで、ステキな人たちと集まって騒ぎまくりました~

ってなんか後半は一人で動揺しまくりだったので、失礼な言動をしたんじゃないかと結構ハラハラドキドキしてたりする。
好きなものが共通する人、その共通する人がまた別の趣味で好きなものが共通している人
ってのがたくさん集まっていた空間で、年齢も性別も、仕事も何もかも違う人たちなんだけれど、
変に気をつかったりしないし、本当に楽しい空間と人たちと楽しい時間を過ごせた。

その空間をステキなピアノで彩ってくれる、ピアニストのいっくん。
いっくんの新しいCDが出たっていうので、購入させていただいた。


可愛いサインもしてくださった!
サインって文字だと思ったら、絵だった~

あ、本人の写真撮るの忘れてる。。。
本当になんか壊れかけてたなぁ、私。
お酒もちょこっとだけいただいちゃったし。
なんか実は飲めるんじゃないかって気すらしてきたわ。

お酒にまわす余裕はないから、やっぱり飲めないってことにしておいたほうがいいかも、だけど。
テーマ: 音楽 | ジャンル: 音楽

CLUB SEVEN 9th 2回目観劇

『CLUB SEVEN 9th』


観に行くのは10日の1回だけ!!
と決めていたので席はセンター後方(全体が観える)にしたのに、1回観に行ったらもっと近くで観たい!!
(目が悪いので顔が判別できなかった)
と思ってしまい、急遽チケットを探して行くことに。。。

こうやって我慢が出来ないのはいけないって思いつつも、いまだに我慢ができない。。。
だって面白すぎるんだもの!!
そうよ、面白すぎるこの舞台がいけないのよっ!!!

そもそもこれを観に行こうって思ったのは小野田くんが出てるからだったのに、1回観てしまったら全員観たいのよーーーーっ!って切り替わっちゃって。。。
もちろん小野田くんも観ていたけれど、他の方々もしっかり観てきました♪
今回は7列目だったので(前回は18列目)しっかりお顔も確認できました!!


【セットリスト】
M1 Club7テーマ
M2 I’m A Woman
M3 Get’cha Head in the Game
M4 Are You Ready / Mickey
Sketch1 日比谷セブン学園
Sketch2 部屋探し人と不動産屋
M6 僕らは貧しい鯉の家族
Sketch3 鯉の家族
Sketch4 人命救助
M7a 決断
M7b 白鳥の湖
M8 War
Sketch5 玉子とニャン子 憑りつかれちゃった編
M9a WINGS OF THE EAGLE
M9b UNCHAINED MELDY
Sketch6 監督シリーズ 子役オーディション
M10 THE JITTERS
M11 Story
~休憩~
Mini Musical Artist Soul
M12 50音ヒットメドレー
M13 Club7テーマ(Reprise)

【出演者】
玉野和紀
吉野圭吾
西村直人
町田慎吾
中河内雅貴
古川雄大
上口耕平
小野田龍之介
橋本汰斗


嵐 東京ドーム 2日目 ARASHI Live Tour 2013 “LOVE”

運をすべて使い果たしたんじゃなかろうか、と思ったチケット当落日。
当選していた東京ドーム2日目のチケット!!!
それを握りしめていざ東京ドームへ!!!


オブジェもあった~
でも結構シンプルなのね。


ものすっごい人人人の列を待ち、写真を撮ったもののまがっていたわ。。。

友達と一緒に中に入って、テンションUP!!!
嵐5人の不自然にウィンクする肖像画?をしっかりチェックし、ドキドキしながら開始時刻を待った。
思っていた以上に近くて、上手側花道のちょっと横あたりの位置だった。

【セットリスト】
1.愛を歌おう(OP)
2.Breathless
3.ワイルドアットハート
4.Love Rainbow
~挨拶~
5.CONFUSION
6.Endless Game
7.Intergalactic
8.Step and Go
9.EYES WITH DELIGHT
10.sugar and salt(櫻井solo)
11.Hit the floor(大野solo)
12.サヨナラのあとで
13.Rock Tonight
14.20825日目の曲(二宮solo、ギター弾き語り)
15.One Love
16.果てない空
17.君のために僕がいる
18.言葉より大切なもの
19.エナジーソング~絶好調超!!!!~
~MC~
20.Dance in the dark(松本solo)
21.モノクロ
~アクセントダンス~
22.P・A・R・A・D・O・X
23.Calling
24.夜空への手紙(相葉solo)
25.Tears
26.Starlight kiss
27.FUNKY
28.迷宮ラブソング
29.Love so sweet
30.愛を歌おう
~アンコール~
31.遠くまで
32.サクラ咲ケ
33.Happiness
~ダブルアンコール~
34.感謝カンゲキ雨嵐
35.マイガール
テーマ: | ジャンル: アイドル・芸能

「ARASHI Live Tour 2013 “LOVE”」物販

「ARASHI Live Tour 2013 “LOVE”」の物販日程が出た。

本当は物販開始初日の10日に行きたかったんだけど、どうしても仕事が休めなくて仕方なく11日に休みを取り、始発で東京ドームへ。

びっくりした。
結構少なかったから、並んでいる人が。

プリズムホールの前に最後尾があったので、そこで並んでみた。
前日にみたCLUB SEVENのパンフを並んでいるときに見るつもりだったのに、隣で並んでいる人たちがCLUB SEVENの話をし始めるから開けなくなってしまった。。。
町田くんが出てたからなぁ。

ビル風ですっごく寒い。
しかも喫煙所が近くて煙と灰が飛んできて結構嫌だった。
喫煙者には申し訳ないんだけどね。

目当てはもちろんリボンブレス。
東京黄色だし!!!
青はどっかで譲ってもらわないと。。。って考えながら耐え続け、列が動き出して、買えるかなぁとドキドキしながら自分の順番を待った。

買えた~♪
これさえ買えれば一安心。
その他の欲しいものも買って、その後…ディズニーシーへ(笑)
友達と待ち合わせをして(友達は10日に並んで買っている)、シーへインポート。

買い物目当てだったんだけど、風船型のポップコーンバケツがなくて(不具合発見したとかで販売しないって言われた)がっかり。
もっと早く買っておくべきだった。。。
だってハロウィンとかのも欲しかったんだもの。。。
ちょっとショックだったなー。。。

でも今日はリボンブレスが買えたからそれぐらいは我慢しないとね。
ものすっごく運よく、東京2日目のチケットもあったんだから!
ファンキーのダンスももう完璧よ!!!
13日が待ち遠しい。。。
テーマ: | ジャンル: アイドル・芸能

CLUB Seven ソワレ 1210

また写真が横に(泣)


小野田くん目当てにて『CLUB SEBUN 9th』を観てきました♪
内容はまったく知らなくて、行く直前に町田くんが出てるんだ!!!
って気づいたくらいで。。。
(友達にジャニーズファンが多く町田くんがいるじゃん!って言われて気が付いた)

チケットは押さえていたんだけれど、初めてだし、1回しか観る予定がなかったので、前方のサイドよりは、全体を観られるようにと思ってセンター後方にした(あとで後悔する)。

客席でも食事がOK(上演中以外)ってのにびっくり。
前行った時もびっくりした気がしてきた。

まわりは常連っぽい人たちばっかりで、またまた浮いてやしないかとドキドキ。
そして開演。。。

~長くなりそうなので続きへ~

あ、先に。。。

【出演者】
玉野和紀
吉野圭吾
西村直人
町田慎吾
中河内雅貴
古川雄大
上口耕平
小野田龍之介
橋本汰斗

この舞台、はっきりいってめちゃくちゃ楽しい!!!
どうやって書き留めていいのか…。
書き留められるのか、かなり難しい。。。(泣)
でも記録用のブログだから、箇条書きでも書かないと!

清州会議 と 外苑前のいちょう

清州会議を見てきました。

友達と映画を見に行ったときに、予告で見て面白そうだから公開されたら一緒に、って言っておきながら、なかなか都合が合わずずるずると。。。
やっと予定があったので、見に行ってきました。

出演者が豪華すぎて(笑)
やっぱり大泉さんは面白い!
なんだろう、存在がもう笑える。
空気感なのかなぁ。

映画は信長が亡くなってから跡目を決めるための会議なんだけれど、1日目、2日目、みたいに文字が表示される。
あ、ここまでで1日なんだ!!!
ってくらい、濃い1日(笑)

お市の方様が鈴木京香さん。
お歯黒まで!!!
ってちょっとびっくりした。

剛力彩芽ちゃんも出てた。
私、彼女結構好き。
松姫、似合いすぎ!!!
最後は彼女に持っていかれるかなぁ。

信長の亡くなったあとだから仕方がないんだけれど、信長影薄い~
もうちょっと、もうちょっとだけ出てくれても…
ってそんな隙間、この映画にはないんだけど。

信雄役の妻夫木くん、いやー笑った。
確かにうつけだ!

メインどころに触れてないけど、もう触れなくても面白いってわかるかなぁと。

ある程度登場人物を知らないと、最初ついていけないかも。
でもついていけると面白い。
見るなら関係図だけでも先に押さえておくといいかも。
あ、六兵衛さんが出てきたとき、ちょっとうれしかった~
会場からも笑い声が!


で、話は前後するけれど、映画の前には外苑前のいちょうを見に行ってきた。

 
きれいだったー
そして人がすごかった~

前半はいちょうに癒され、後半は花、ならぬ葉っぱより団子って感じで、出店に突進!!!
いやぁ、おいしかった♪
私がお酒飲めれば、飲みながら歩くなんてこともしてみたい、なんて初めて思ったかも。
よっぱらいにも遭遇しなかったからそう思ったのかもしれないけれど。
やっぱり泥酔はダメよね!!
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。