スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッターと炎のゴブレット

20051127225718

昨日から公開された「ハリーポッターと炎のゴブレット」。
やっと今日見て来ました
これから見に行く人もいるかと思うので、ネタバレは出来るだけ追記に書きます!!
原作を読んでない人の為にこれを知っていた方が面白いかも…
ってのと少しストーリを書いておきたいと思います。

今回の映画にはクィディッチワールドカップ
(かなり楽しみにしていたシーンなのにちょっとしかなかった
三大魔法学校対抗試合、そしてヴォルデモート卿の復活の3つの話が盛り込まれています。

クィディッチワールドカップは殆ど出てこないので、これはパス…
三大魔法学校対抗試合
これは長い間行われていなかったのですが、魔法世界の交友関係を深める為に開催されることになったもので、
(対ヴォルデモートの為に)
それぞれの学校から代表選手1人を選び、それぞれの課題をクリアしていく速さと内容を競う競技。
開催校は順番っぽいんですが、今回はハリー達のホグワーツで行われることになりました。
課題は3つ
かなりの危険を伴う為年齢制限が設けられ、年齢に達した生徒が競技に参加するかしないかは自主的な立候補制
その選手選考を行うのが表題になっている炎のゴブレット
ただ名前を書いてゴブレットに入れるだけ。
それで代表選手が決まるんですが、なぜだか年齢が達してないハリーまでが代表選手に選ばれて…
ってのが話の内容かしら。

三大魔法学校の代表選手について、映画の中では説明されていない事を書いてみます。
・ダームストラング校 (寒い所にあるらしい)
 代表:ビクトール・クラム 
 学生でありながら冒頭に行われているクィディッチワールドカップの
 ブルガリアの代表選手でもある。
 ポジションはハリーと同じシーカー
 話すのは苦手。
 ロンもハーマイオニーとの事を除けば、彼の大ファン。
 ホグワーツに来てハーマイオニーに一目ぼれしたらしく、
 対抗試合の課題を調べる為に図書館に入り浸っていたハーマイオニーを
 見るために、クラムも自身も図書館に通いつめていた。
 ハーマイオニーといつも一緒にいるハリーとロンに一体どんな仲なんだと
 聞きに来たりするなど結構積極的なところもある人。

・ボーバントン校 (フランスにあるらしい)
 代表:フラー・デラクール 
 かなりの美人
 初めはとても高慢な態度で、英語もあまり上手ではない。
 (それはクラムも同様)
 基本はフランス語。
 ハリーたちを馬鹿にしたような態度を取ることもしばしば。
 ただ、彼女には最愛の妹ガブリエルがいて、第2の課題で妹を助けた
 ハリーとロン(ロンは余りなにもしていないのですが)に感謝をする。
 それ以降態度が変わり、友好的に。

最後にホグワーツの正式な代表選手であるセドリック・ディゴリー
 かなりのハンサム。
 レイブンクローの監督生でもある。
 ハリーの初恋相手のチョウも彼を好き。
 レイブンクローは「古き賢き」寮。
 その模範生徒のような存在。

とまぁこんな感じでしょうか。
他にも新しく出てくるキャラクターで次回作にも出てくるであろう人たちがいます。
それは今回の闇の魔術に対する防衛術の先生であるマッド・アイ・ムーディー
彼の義眼はハリーの魔法のマントすら透視する力がある。
そしてめちゃくちゃな記事を書く女性記者リータ・スキーター
(彼女はもしかしたら出ないのかも…)
そしてボーバントン校の校長、マダム・マクシーム
新しくはないですが、魔法省のコーネリウス・ファッジ
このぐらいかしら???
上記の人たちをちょっとだけ気にして見れば次回作がもっと面白くなるはずです 

ネタバレ関係や?って思ったことは追記に書くので、まだ見てない人は読まないでくださいね
(たいした事は書いてないですが…)
今回は私の大好きなロンの双子のお兄さんであるフレッド&ジョージ
思ったよりもずっと出ていて嬉しかった
ま、次回作はもっともっと出なくちゃいけないので、原作を読んでない人に
ちょっとでも印象付けなければいけなかったから…なのかもしれませんが…
理由はどうあれ沢山出てくれて嬉しかった

ハリーとロンのダンスパーティーの相手のパチル姉妹
彼女達は一卵性双生児なのに似てなかった…
そしてロンと踊った妹(だったような)はレイブンクローのはずなのに
制服が一緒
だった気がしました…
何故???
もう出てこない(はず)からいいのかしら??
これは確認の為にもう1~2回は見に行かないと

ハリーとロン、ハーマイオニー役の彼らも凄く成長して大人っぽくなりましたが、
一番驚いたのはネビル!!!!
あんなに大きくなってしまうとは
彼も次回作では結構重要ですよね!!!

シリウスの出番もちょこっとしかなくて残念。
次回作は期待します…
でも悲しいかも…

スネイプの授業でお喋りをするハリーたち。
叱り方が優しかった気がします(笑)
ゲンコツだけですもんね~

原作からすると省いたところが結構あったりしますが、これはこれで面白い
もう1~2回は見たいですね!!
次回作、そして原作第6巻が待ち遠しいです
英語さえ出来れば…(泣)

って全然ネタバレになってない気もしますが。。。
ま、いっか
スポンサーサイト
テーマ: 映画 | ジャンル: 学問・文化・芸術
大陸への志で「李香蘭」育む | Home | 語り継がねばならい異国の丘

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

もう師走です~早いですね。先週「ハリーポッターと炎のゴブレット」を観に行きました。いつも行く映画館なのですが指定席になっていました。シートの座り心地が良く「空いている(笑)」のでお気に入りです!さすがにまだ混んでいるはずだと思って行ったのに、字幕....

2005/12/11 (Sun) 00:22 | のほほん日記

★★★☆☆*みんなおっきくなりました。 昨夜、夜9時に映画館に観に行ってきました。終わったのは12時すぎです。>

2005/12/25 (Sun) 08:52 | anakin's movie blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。