スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿鳴館 マチネ0219

20060219183917

初日以来の鹿鳴館。
次に観るのは福井久雄で、それで打ち止めかしら??って思っていたんですが、
田邊久雄、観てよかったです…

原作も読んでいないし、シーンごとに語るほど記憶力があるわけでもないので、
記憶に残っているところだけ書いてみたいと思います♪

今日一番はやはり、濱田顕子&田邊久雄…
特に冒頭から濱田さんにやられました…
余りにも「顕子」であった濱田さん、思わずシンクロしてしまったようで、
顕子が語り始めたところで泣きそうになってしまった…
いや、泣いたかしら??
初日と同一人物とは思えなかったです!!
まさに公爵家の娘さん、そして「」をしている女性でした
階段を上る時に、自分で自分のドレスの裾を踏んでしまってって
なった時も一瞬ありましたが、そつなくこなしていらっしゃいました…

田邊久雄…正直「久雄」に惚れそうでした(汗)
いや、惚れたか???
余りにも純で、余りにもまっすぐで、本当に…なんていうんでしょうか、
まぶしかったです。
途中、久雄は最後…なんて思うと泣きそうになったり、本当に素敵な久雄でした。
原作を読んでいないのでどうか分かりませんが、途中、景山伯爵のセリフで
昔の朝子に似ている、というようなくだりがありますが、その辺を聞いていると
久雄は福井さんより田邊さんが原作に近いのかしら?と。
だって、福井さんが着物の裾を引き摺りながら歩いているのって…
田邊さんならまだいける気がする(汗)
こうなってくると、やはり福井久雄が観てみたい!!!
キャンペーンもあるし、来月15日以降に来たら絶対に行きます!!!

景山伯爵。
1幕は語尾がグダグダなところが結構あって、なところが多かったんですが、
2幕の勢いはとても恐ろしかった…
あんな風に怒られたら(怒られているわけではないですが)怖くて、言い返す
事なんてできるのかしら…って思うぐらい気迫があり、迫力がありました!!
草乃が「美しゅうございますか」と尋ねた後、「あぁ…、美しいよ
本気で言っている気がしないところがまた景山伯爵らしく、草乃も伯爵も
嫌いになりました…

朝子。
野村さんは初日からかわらず素晴らしい朝子さんでした。
セリフの間、力加減など、多少違う、ってこれはきっと毎回違うのかもしれませんが、
とても鬼気迫る迫真の演技、というか、朝子さんでした。
指先までも美しい…
「お若いです」
「美しいです」
朝子さんにも野村さんにも向けられた言葉な気がします。

大徳寺公爵夫人。
1幕はじめ、かなりリズムがおかしかったように感じます。
セリフの間や立ち居振る舞い、どこかリズムが狂っているように感じました。
どこが、って聞かれると困ってしまうんですが。
その所為か、階段で躓いたり(大徳寺親子は親子そろって躓いてますね
、ちょっとやり取りがかみ合っていなかったり…
後半に向けてそんなものは飛んでいきましたが、はじめは危険って感じました…

清原。
うーん、広瀬さん素敵です(汗)
…素敵です
清原親子、かなりいい男ではないですか??
って今更言うまでもないんでしょうが、広瀬さんが演じる清原は
本当に素敵で、他になんていっていいやら…。

飛田。
芝さんの飛田は、いつ裏切ってもおかしくない、子供でも笑いながら殺してしまえる、
朝子さんも狙っている(殺したい)のでは??と思える危険な香がした飛田で、
景山伯爵についているのも、伯爵についていれば血が多く見られるからって
だけで、もっと多くの血を流させてくれる人が現われれば、そちらにつき
伯爵をも殺しそうな飛田って感じがしましたが、
田代さんの飛田は、血はもちろん好きですが、仕事として割り切ってやっている
というか、伯爵に対しても忠誠心のようなものがあったような気がしました。
芝さんと違って?子供は殺さないだろうな…
そして裏切りという行為は嫌いそうで、草乃の事は軽蔑していそう、って
感じました。
ただ、動きがちょっと鈍い??(すいません)
後半、清原を銃を片手に追いかけていく所など、動作が怪しかった…
本当に殺せるの?と…
芝さんは清原を仕留めていそう、田代さんは返り討ちにされていそう、と勝手に予想。

草乃。
女って恐ろしい…って方かしら。
久雄が死んだのは結局の所、この人の所為?と思うと(ちょっと違いますが)
怒りが…
朝子を失う事になる伯爵が最後まで約束を守ったのか、それがとても気になります。


やはりと言うかなんと言うか、鹿鳴館はご年配の方々が多いって感じました。
ただ、長セリフになると集中できないのか、そろいもそろって鞄をゴソゴソ…
持ってきたお菓子を食べるのは100歩譲って許します。
何故ビニール袋に小分けにして持ってくるのでしょうか…
観劇中、かなりの確立でガサガサ・ビリビリ・ゴソゴソ…
終いにはオエって言っていたり…
何度かその所為で集中力が切れたり、うーんって感じでした(汗)
景山悠敏伯爵  :日下武史
同夫人 朝子  :野村玲子
大徳寺公爵夫人 :末次美紗緒
その娘 顕子  :濱田めぐみ
清原永之輔   :広瀬明雄
その息子 久雄 :田邊真也
飛田天骨    :田代隆秀
女中頭 草乃  :坂本里咲
宮村陸軍大将婦人 則子:中野今日子
坂崎男爵夫人 定子  :大橋伸予

華族/写真師/給仕/職人
太田泰信
青木 朗
岡崎克哉
朝隅濯朗
川原信弘
白倉一成
石原義文
木村雅彦
森田利夫
緒方愛香(劇団昴)
勅使瓦武志
島畑洋人(劇団昴)

華族
林 浩代
岡本和子
岡本結花
藤井智子
大西利江子
深沢未可子
スポンサーサイト
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術
黙ったまま耐えて強く! | Home | キャッツ マチネ0218 

コメント

こんばんは。

柴さんは鹿鳴館だったんですね。
自分はCFYを観てきました!本当にメチャクチャ楽しかったですよ。
加藤さんのボビーは色っぽい?ですし、笑いを取る間も心得てる感じですね。
樋口さんのポリーは3度目でしたけど、前よりも柔らかくなったかなぁ・・そして、ダンスもバッチリで好きですね。
カテコも何度と続き、おまけに生オケ!超大満足の観劇でした。
出演者の皆さんに「ありがとう」の一言を言いたいです。

2006/02/19 (Sun) 23:21 | ランディー #4RtvEo.U | URL | 編集
行きたい…

ランディーさん、こんばんは。
CFY行かれたんですね~
ボビーは加藤さんが一番好きです♪
ポリーは保坂さんと濱田さんしか観たことがないので、樋口さんポリーが楽しみでなりません!!
私は来月18日までお預け状態です…
このまま皆さんの「いいっ」って言葉を聞きつつ、来月まで我慢できるのかが心配です(汗)
うぅ、加藤さんに会いたい~…

2006/02/19 (Sun) 23:26 | 柴 #e2xIBKiE | URL | 編集
ちょっと・・・

突っ込み所が違うと思いますが・・・・
公式HPの写真でも思ってましたが、自由劇場のロビーって凄いですね!
大人なイメージです☆彡笑

シンクロしている濱田顕子と惚れ惚れしてしまう田邊久雄・・・
読むだけでドキドキしてしまいました!
観に行かねば!です。

2006/02/19 (Sun) 23:35 | みどり #- | URL | 編集
>みどりさん。

こんにちは。
小さくてとても可愛い劇場(表現間違っているかもしれません)ですよね♪
色々なところに葡萄が隠れていて可愛いですよ!!
是非鹿鳴館と葡萄を観に?行ってください!!

2006/02/20 (Mon) 11:11 | 柴 #e2xIBKiE | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/02/20 (Mon) 19:36 | # | | 編集
久雄

鹿鳴館レポ嬉しいですv

私はいまのところ1回の観劇なのですが、その1回目で福井久雄に惚れそうになりました。。。
田邊久雄も素敵なんですね!
放っておけない久雄なのかしら。ううむ。会いたい。

2幕の伯爵の剣幕、素敵。。。
恐ろしい女・草乃も、素敵。。。。

芝飛田が伯爵と一緒のところが、ふたりとも楽しそうに邪悪で、myツボだったのでした。
そうですか、忠誠心の田代飛田。それも、いいですねえ。

舞台に集中できなかったのは本当に残念ですよね。
あの小さくて静かな空間、あめ玉一つ封切るにも音がけっこう響くんですけど、
観劇中に注意するのも、なかなか。。。
「オエ」には、すみません、お気の毒と思いつつ。。。大受けしてしまいました(笑)

次回観劇のお席運と、福井久雄との逢瀬をお祈りいたしますv

2006/02/20 (Mon) 22:20 | とーふ #xn4.CCxc | URL | 編集
>とーふさん。

こんばんは。
うーん、私は福井久雄が未観なので、その思いはつのるばかり(笑)
でも田邊久雄もすごく素敵でした☆
強さと諸さの表裏一体というのでしょうか?
その危うさがとても素敵です!!
ぜひ田邊久雄を観てやってください!!!

「オエ」ですが、1回や2回ではなかったのが…
皆さんの迫真の演技ですぐに舞台に集中はできるのですが、いいところで…
なのでちょっとムッとしたりもしてみたり。
最近カルシウム足りていないようです(汗)

2006/02/20 (Mon) 22:47 | 柴 #e2xIBKiE | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。