スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天は赤い河のほとり【外伝】

20071002200316


「天は赤い河のほとり~外伝~」
篠原千絵
小学館


上下巻…でいいのかしら?
…ダメか。
だってまだ続いてるもん、だぶん。

これはだいぶ前に漫画で出ていたものの外伝。
…ってそのまんまか

漫画では触れられてなかった部分の話で、本自体はかなり薄め。
あっと言う間に読み終わってしまい、読み始めた当初その巻だけで
終わると思っていたので、
「え、続くの?」
と驚いてしまった1冊。
他の本も読んでいたので、待っているときはさほど辛くはなかったけれど、
この厚さなら1冊にまとめてほしかった…ってのが本音。

2冊目読み終わった時点で、漫画の本編での重要人物が最後の最後で
出てきたのでまだ続きがでるのが予想された。
イラストもご本人が書いているのでイメージも壊れないし、
また次回作が出たら買ってみようと思った。

あ、内容はカイルの母ヒンティの死に関することと、ザナンザの成長…ってことでいいのかしら…。
そんな感じ(汗)
スポンサーサイト
テーマ: 小説 | ジャンル: 小説・文学
佐藤さん | Home | 天竺熱風録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。