スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーリン家の姉妹

20081025135837

初日に観てきた!

予告で気になり、本屋で本を手に取り(購入はしてない)、その帯に
「姉妹だから憎みあう」的な事がかいてあったので、ドロドロなんだろうなぁと思いつつ映画館へ。
ずーっと昔にイギリスに行った時、英語の先生の方針でイギリスについてかなり詳しく調べてから行った。
だからもちろんアン・ブーリンは知ってるし、ヘンリー8世は言うまでもない。

映画に期待していたのは衣装とイギリスの風景!!!
イギリス大好きだから期待しすぎていたのかもしれない。

イギリスの風景は殆どうつらず、大体が室内。
しかも寝室が多い…。
衣装も出てくるたびに違うのかと思ったらそうでもない。
まぁ、普通に考えたら、当時の人たちだって着まわしていただろうから当然と言えば当然。
でもちょっと残念でもあり、1つ1つが美しい衣装だったのでいっかっていう思いもある。

本を読んでから行けば、本当はもっと面白かったのかもしれない。
かなり厚い本2冊を2時間程度にまとめたらこんなもんか?って感じ。
最後はあっけなく、ちょっと物足りなさも残しつつ、ここからエリザベスに続くんだなぁと…。

姉妹の確執は、姉(アン)がかなり勝気。
妹(メアリー)は心の底から優しい娘。
(脱線すると、弟もいて、これもまた優しい。
それゆえに最後は…)

メアリーのように生きられたらどんなにいいだろうかと思った。
自分はどちらかというとアンのような気性だからなぁ。
残念な事は美貌が及びもつかないところだろうか。。。

ナタリーの髪の色にグリーンの衣装が映えてとても美しかった。。。
スポンサーサイト
テーマ: 映画館で観た映画 | ジャンル: 映画
コーラスライン | Home | ハンドメイド

コメント

衣装

こんにちは。

衣装は、マットな単純さに、アラベスクが混在する感じが面白かったです。
あと、妙な髪飾り?
全体に「重そう」だけど、なんか寒そうにも見えました(笑)

「ブーリン家」の物語なので、場の広がりが出なかったのは、そう、残念ですね。

2008/11/10 (Mon) 07:32 | みかん星人 #eA0xWkRA | URL | 編集

>みかん星人さん。
…よく気づきましたね、UPしてたの・・・ 
ひっそり、密かに更新していこうって思ってたのに(笑)

確かに言われて見れば寒そうですねー。
イギリスなのに。。。

みかん星人さんに言われると「そうかぁ」って思っちゃうところが凄いです!
そうですね、「ブーリン家」の話ですものね。。。

2008/11/10 (Mon) 23:20 | 柴 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

チューダー朝のハイライトを描いた映画としては、『わが命つきるとも』とか『1000

2008/11/10 (Mon) 07:23 | みかん星人の幻覚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。