スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッツ 「元」千秋楽…。

いつぶりだろう、キャッツを観に行ったのは…。

今日は千秋楽の日。
誘われて楽しみにしていたら延長(笑)
ま、別に千秋楽に特別こだわっていたわけではないからいんだけれど、最後の芝さんの
コメントに・・・とはちょっとなった。
だって、普通に千秋楽は5/3とか言うんだもん。
今日来た人たちは殆どの人が千秋楽だと思ってチケット取った人だと思うんですが…。

って愚痴は置いといて、今日は行ってよかったと心から思った観劇でした。
本当に久しぶりのキャッツ。
なぜか足が遠のいていた。
でも今日行って、やっぱり私はキャッツが、そしてミストが大好きだと再確認(笑)
そしてミスト熱が再炎上
でもよかったのはもうすでにチケットが完売でないこと…。
じゃなければ通って破産してそう!!!
危な~い

さてさて感想を…。
箇条書き、出来るだけ短くを目標に…(笑)
なのでところどころだけ。。。

--------------------------------
◆オーバチュア
目チカで来たのはマキャかなぁ…。
正面見据えていたので、通り過ぎた背中しかみなかったけれど、あの模様はマキャな気が…。

◆ジェリクルソング
ここまでは全体を観るつもりで望んでいた。
そもそもキャストもチェックせずに行ったもので…。
ジェリロってあんなに適当に踊ってたっけ?と変なところにばかり目が行く…。
そして気づけば視線はミストに釘付け…。
やっぱり私はミストが好きなのね

◆ジェニエニ
タイヤの上でノビたまま寝ているジェリロが可愛かった。
隣のジェミマもそんなジェリロを見つつも、ゴキブリたちの動きに興味津々。
ゴキの動きに合わせて顔が上下に動くのがとても可愛い…。
そんなジェミマにつられたのか、最後はタント、ジェリロも顔が動いてた
ミスト登場の仕方は子猫~って思わせるフワフワ感があった!!!
あぁ、言葉ってむずかしい(笑)
ゴキ達に突き飛ばされてスロープに転がっていったミスト。
延びてる姿がまた…
戻るときはスロープが滑って上手く上がれず…
逆サイドのマンカスが登るんだーってアイズをし、それを見たミストはスピードUP
上手く登れました。
よくできました!!!

◆タガー
荒川タガーは本当にお客を楽しませてくれるなぁと。
途中でコロコロ出てきたバブはメス猫たちの悶えをまねしては?と首をかしげ、
最後には飽きてアクビ。
コリコもちょっと相手をしてあげていたけれど、直ぐに上に上って行ってしまって、
つまらなそうなバブ。
カワユイ…。
リーナのお色気にも見向きもしないタガー。
そんなリーナの頭上ではコリコとスキンブル(だったかなぁ)が頭をくっつけて
リーナを凝視。
でもそんなリーナを振っていってしまうタガーを見てガックシ。
タイミングピッタリの二匹がとてもグーーー(笑)

◆バストファジョーンズ
ミスト~な場面(笑)
バストファ登場なのに行こうとしないミスト。
マンカスにせかされ、仕方なく皆の所へ…。
つつがなく?挨拶を済ませ、料理運び。
ギル(だっけ、隣…記憶が怪しい)はツマミ食いをしながらミストへ。
ミストはそれを見ながら!!!って次にパス。
最後はミストの手元で料理ストーップ
その後ミストはその料理を持ったまま後ろのドカンへダイブ!!!
足だけちょこんとドカンから出ていて、ギルとデミに引っ張り出されていた
な、なんて可愛いヤツ

◆デュトロノミー
ミストのデュトへの尊敬、畏怖がとても表現されていて、目が離せなかった…。
岩崎ミスト素敵です…。

◆ジェリクル舞踏会
目はひたすらミスト…。
語ると長くなるので、私の記憶にとどめておきます(笑)
リーナとのダンスは最高でした…。
キレのあるミストのダンスはやっぱり心のオアシスです…。

◆メモリー。
まったくなんにも感じないのさ…と。
気品も気高さもなにも感じる事ができなかった…。
2幕では感じ取れたのでよかったけれど…。

--------------------------------
◆幸福の姿
バブの歌声がとても心に響いた…。

◆ガス
ガスだけ、マイクの調整が違うのかなぁ…。
違和感が…。

◆グロールタイガー
もうだめだ…
ミストしか観てない(笑)
グロールタイガーとグリドルはよかった♪
特にグリドルな秋さんは表情もいいし、おもしろいし、可愛いし
客へのアピールも面白かった♪♪
グロールタイガーは、殺陣まではよかったけれど、これ以降が私には適当に見えてしまってがっかり。
ギルに蹴られて剣を落とすのも、面倒で投げたように見え、その後はダラダラしてるようにしか見えなかった。
そうゆう演技(追い詰められても余裕があるように見せたいという態度?)で、
解釈なんだろうけれど、私には受け止める何かがなかった…。
角度とかもあるのかもしれないけれど、なんかちょっと残念。。。

◆スキンブル
ここはやっぱり常連ばかりなので、ピッタリとそろった手拍子。
でも嫌な感じはせず、とても気持ちのいいナンバーでした。
ミストも可愛いし(笑)
ヤクザなマンカスが登場した時、コリコと楽しみ、はしゃいでいたミスト。
マンカスを見て、一目散に逃げようと、駆け上がり、コリコにシッポを捕まれ、引き摺り降ろされ…。
コリコは何事もなかったかのようにミストのシッポを肩にかけ、ニッコリと微笑む…。
ダークなコリコ、とても素敵
しかし、あの一瞬でミストのシッポを掴むとは…
なかなかやりますな、コリコ

◆マキャビティ
リーナ…
絶対に引くことのない麗子さんのリーナ。
こだわってこだわって妥協を許さない麗子さんらしいリーナ…。
リーナばかり見つめてしまった。
デミもしなやかで素敵だったんですが…。

◆ミストフェリーーーーーーズ
タガーのミスト登場のナンバーの最中も上ばかり見ていた私(笑)
タガーよりもミストがいるだろう上空を見つめてしまったわ…。
ロープで降りてきたミストを見た瞬間、息するのを忘れるくらいだった
すぐ息苦しくて気づいたけどね(笑)
何から語ればいいのか…。
私の脳内を見せたいくらい…
言葉にするのは無理かも。。。
岩崎ミストには心から感謝。
私がどれだけミストをキャッツを好きかを再確認させてくれた一番のナンバー…
あ、ボールもか。
岩崎ミスト、最高です
ノビのある手足の動き、指先まで神経を行き届かせたダンス。
周りとの調和、調光との融合、何をとっても言うことなし。。。。
デュトを出すマジックの時の緊張感。
ドカンから出てきたカタマリを心配そうに見つめるミスト。
隣でタガーが覗き込んでも、ちょっと不安そう。
布を取り、抱きしめ、不安気なミストに成功を行動で告げるマンカス。
振り返った瞬間の喜びのオーラが、とても弾けて…
この人は(ネコ)は全てがミストなんだ、と感じた一瞬…。
たまに大人びすぎてて、ミスト?って感じるところもなくはないけれど、それは回数で補える!!!
歴代の中で(って全て観ていないけれど)一番好きなミストになりそうな予感…。
ミストがデュトに抱きついた時に心から安堵も出来た。
ミスト、最高です…。

◆メモリー
1幕ではまったくなにも感じられなかったグリザ。
ここではちょっとだけ気持ちが伝わった。
長い間生き、酸いも甘い知り尽くしたとは思えなかったけれど、それでも哀しみは
伝わった…。
なので、対比であるバブの歌声もとても心に染み入った。
後ろを向いていたミストもバブの声でピクっと反応し、その後は振り返りたいと言っているようだった。
駆け寄る時は迷いなくグリザに近づき、手を差し伸べる姿は紳士だった…。

◆握手
ヴィクトリアと。
あ、ヴィクについて書くの忘れた…。
冒頭でのヴィクソロ。
丸いエッジの照明の中、ただ1匹で踊る白く美しいネコ。
その彼女自身とその陰が満月のような照明の明かりのなかで、対比として存在しているかのようで、とても美しかった…。
2階席からはこうゆう風に見えるんだと、(前に2階席から観たのは…いつ?)そして実態であるミストも影のように黒いコートで姿を表す…。
キャッツって素敵だなぁと。。。

もっと観るところいっぱいあったのになぁと、終わってしまうのがとても残念。
で、ヴィクは声がとても可愛かった

◆特別カテコ
なんか、クリスマス?だったかなぁ、の時のような金の音で始まった。
ボールの曲のアレンジで踊る猫達。
コリコが一番アクロバティック?でちょっと驚いた。
さすが…。
で、芝さんの挨拶。
5/3の千秋楽に向けて頑張りますと。
噛んだね、彼は。
今日は本当は千秋楽だってのを言ってから気づいたのか?それとも殺気を感じたのか…。
それは本人しか分からない(笑)

キャッツはキャストに関係なく(その都度誰がいいとかはもちろんあるけれど)、
イロイロな楽しみ方が出来る演目。
でも贅沢を一つだけいうのなら、マンカスは西門さんか福井さんがよかった。
こうゆうときだけ芝さんが出てくるのはやっぱり納得がいかない。
ロングランっていう凄いことをしたのはロングランの中頃を頑張った人たちだと思う。
統計でもなんでもとって、一番でたキャストに千秋楽を任せて欲しいってちょっとだけ思った。

ま、一言で言うなら…

キャッツ最高!!!
グリザベラ  : 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン : 秋 夢子
ジェニエニドッツ : 小松陽子
ランペルティーザ : チェ ウンヘ
ディミータ  : 有永美奈子
ボンバルリーナ  : 西村麗子
シラバブ  : 南 めぐみ
タントミール :  八鳥仁美
ジェミマ : 王クン
ヴィクトリア  : 千堂百慧
カッサンドラ  : 井藤湊香
オールドデュトロノミー  : 種井静夫
アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズ  : 渋谷智也
マンカストラップ  : 芝 清道
ラム・タム・タガー  : 荒川 務
ミストフェリーズ  : 岩崎晋也
マンゴジェリー  : 百々義則
スキンブルシャンクス  : 劉 昌明
コリコパット  : 花沢 翼
ランパスキャット  : ユ ホンチョル
カーバケッティ   : 齊藤太一
ギルバート  : 入江航平
マキャヴィティ  : 青山祐士
タンブルブルータス  : 川野 翔
スポンサーサイト
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術
GOEMON 4/21試写会にて。 | Home | ついでにUP(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。