スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のめざめ 2009/05/02 開幕 

20090501180958


昨日…いや、一昨日、四季からブログ記者の招待メールが来ていた。
開幕前日の5/1、公開稽古をするので、ご招待しますとの内容。
ちょうど仕事も休みだったので、参加することにした。

「春のめざめ」
劇団四季のH.Pに行くと、今前面に押し出されているのがこれ。
ま、開幕前だからってのが大きいんだろうけれど。

正直最近四季に足が向く回数が減って、この演目もこういった機会がなければ行かなかったなぁ、そして行く予定もなかった…。
でも行ってよかったと思える作品だったように思う。

私のように最近四季から遠ざかっていた人にはいい演目だと感じた。
以下の写真はブログ記者に四季が送ってきてくれた写真。

【春のめざめ】「ママ」
ママ

ストーリーは思春期の葛藤みたいなもの…と言っていい…のかなぁ。
最近は思春期の人でなくても、こういった悩みを持ってる人も沢山いそうだなと思った。
親離れ、子離れできてない人多いって意味で。

舞台は大掛かりな転換は一切なし。
緞帳も文字もなく、袖すらもない。
四角く囲まれた空間(客席側のみ開放)で話は進む。
心の内なる声になるとマイクが出てきて歌う、って形をとっているようでした。

文字がないので、照明は丸見え。
そこがロックミュージカルなのか?と思った。
ライブハウスのように照明が丸見えな舞台。
でもそれが違和感ないのだけれど。

【春のめざめ】「ビッチ オブ リビング」
ビッチオブリビング

四季にしては斬新なキャスティングだと思う。
この演目は主に2人の男女がメインなのだけれど、彼ら以外の出演者にもきちんと役どころを
観ている側に伝える場面がある。
(?って思ったのは現代の服装を着ている、舞台の席に座っている数人の男女ぐらい)

ちょっと違うかもしれないけれど、キャッツに共通するものが…あったりなかったり(笑)
それはメイン以外の人達にもきちんとそれぞれの人生がきちんとある、と感じることの出来る舞台だった、ってことかしら。

出演者全員とはいえないけれど、それぞれがとても綺麗な声をしていた。
ナンバーも1曲1曲が独立していると言われる理由も聴いてわかった。
やはり頭に残るのは、この2曲なんだけれど、それは行く前に聴いたからかも。

あ、びっくりしたのはプロモで出ていた厂原(字あってるかなぁ、後で確認)君が出てなかったこと。
でも厂原君があの役なんだとちょっとびっくりもした。
彼でも見てみたい。
彼だけでなく、この演目なら、他の役も他のキャストでも観てみたいと思った。


【春のめざめ】 カーテンコール
カテコ

関係者の日なので仕方ないけれど、1曲1曲終わるごとに拍手が起きるのに個人的に違和感。
全ての曲に同じ調子の拍手ってのはうそ臭い。
この演目を観て、気分が爽快、とか落ち込むといったことはなかった。
(記者達の写真の音で入り込めなかった?ってのが関係あるのかないのか…)

1幕のラストと2幕の頭(ここでも続きやるんだ、って衝撃)にはちょっと驚いたけれど、
(昔見たエバンゲリオンをちょっと思い出した)
四季にしてはすごい挑戦だったなと思う。

明日開幕の「春のめざめ」
まだまだ残席には余裕がありまくるようですので、ぜひ自由劇場へ足を運んでみたらいかがでしょうか?
私も「見に行きたい」に気持ちが変わりました
◆招待されておいてなんですが…

キャスト表がなかったのはかなり残念。
名前を覚えたいって子達(失礼な言い方ですが)だったので…。
キャストは直前に決まるから無理というのであれば、キャラクター表くらいは頂きたかったって思う。
ブログで宣伝するのであれば、そういったことにまで気を配らないと、効果的なものは得られないのでは?と。

名前が聴きなれないドイツ名なので、覚えるのが大変ってのもあるし、私がカタカタの名詞を覚えるのが苦手ってのも…あるけれど。

-------------------------------
って思っていたら、夜になって問い合わせが多かったとキャストがメールで
送られてきた!!!
キャストは…

ベンドラ : 林 香純
マルタ : 撫佐仁美
イルゼ : 金平真弥
アンナ : 松田佑子
テーア : 有村弥希子
メルヒオール : 柿澤勇人
モリッツ : 三雲 肇
オットー : 加藤 迪
ハンシェン : 一和洋輔
エルンスト : 竹内一樹
ゲオルグ : 白瀬英典
大人の女性 : 中野今日子
大人の男性 : 志村 要

【男性アンサンブル】
伊藤綾祐
南 晶人

【女性アンサンブル】
玉石まどか
勝間千明

だそうです♪
名前覚えましょう!!!
モリッツは日本人???
韓国の人かなぁと思ったのだけれど…。
誰かに聞いてみようっと。
スポンサーサイト
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術
西日本高速限定 | Home | 音野祭

コメント

ビックリ!

ブログ記者なんてのがあるんだね~。
そんなの知らなかったから驚いたよ。v-405

私も『春のめざめ』は観てみたい作品だよ!
柴ちゃんのブログ読んでますます観たくなったなぁ。
親離れ出来てないから、感じる事がたくさんありそう。(笑)
ちなみに、何かブログ記者って、カッコいい響きだね。v-398

個人的には三雲さんの歌声が気になる~。v-398

2009/05/04 (Mon) 21:04 | 雲 #B6pUstus | URL | 編集
前にも

>雲ちゃん。
ウィキッドとかの時もあったみたいだよ。
私は今回始めて。
四季の公式に応募受付中ってあったから、前に応募してたんだ。
そしたらメールが来た、って感じ。
バッジもらったんだけど、帰りに返すものだと思って返却口すっごく探しちゃった(笑)
結局返さなくてよかったみたいなんだけどね。

この演目は…四季の色ではなかったから、受け入れられるかドキドキの作品だと思うよ。

三雲さん(って韓国の人?)は一番勢いがあったよ。
その音あってる?って思うこともあったけどね。
開幕前だったから、内容を細かくとかは書かないようにしたんだ。
また行ったらちょっと踏み込むかも♪
そっちにいったら是非♪

2009/05/05 (Tue) 20:42 | 柴 #e2xIBKiE | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『ウィキッド』の時にもあったのだが、『春のめざめ』でも、今日、舞台稽古が公開され

2009/05/01 (Fri) 22:43 | みかん星人の幻覚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。