スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/08 キャッツ公開稽古!!!

20091108193717


来る11/11、とうとう待ちに待ったキャッツ横浜公演がスタートする。
それに先駆けブログ記者ってことで、公開稽古に参加することができた…

横浜のキャノンキャッツシアターへの行き方は、
キャッツのブログを遡ると載っているけれど、そごう脇から地上へ出たら5分程度で劇場に到着。
この距離なら、雨でも全然平気。
会社帰りにもいけるな、なんて破産しそうなことまで頭を過ぎった

キャッツシアターは五反田の時より広さを感じる。
1階席しかないので、座席には勾配がつけられていて、1階席しかないにも関わらず、
客席へはエントランスから階段で一度上がる形になっていた。
五反田にあった、シッポ付きの写真はなく、以前のイラストのみが飾られていた。
んー、初めて観る人はこれではわからないだろうなぁ、と。

グッズも既に置いてあり、さらっと見たところ、大きな変更?はなく、今まであったものの
デザインをちょっと変えてみました的なものが多かった。
カチューシャは3種類。
スキンブル、ミスト、もう一つは…グリドル??って感じ。
クマはスキンブルのクマが増えていた。
クマはアイーダのクマと同種類かな。

客席は…
入ったときにキャッツとしての世界観を取り戻した感じがした。
2階席がないぶん、空き地のゴミ捨て場って感じが増した…
品川のキャッツシアターを少し感じさせたけれど、やっぱりゴミが違う!!!
そこかしこに「横浜」をイメージするものが!!!
横浜出身の私としては、心待ちにしていた横浜公演を実感するには十分だった。。。
これだけで感動したのに、まさか…ね、ってサプライズが本編に用意されていました!
横浜出身者の人には「おぉ」って感じ(笑)


さて、肝心の公開稽古だけれど、初日前(当たり前)でこれから見に行く人たちの中にも
先に知りたい!!!って人と、知りたくないって人がいると思うので、中身に触れることは
下の続きに(キャストも)書きます!!

中身に触れたくない人は続きを開かないようにお願いします…。 
公開稽古キャスト
グリザベラ:早水小夜子
オールデュトロノミー:種井静夫
ジェリーローラム=グリドルボーン:秋夢子
アスパラガス=グロールタイガー=バストファージョーンズ:村俊英
ジェニエニドッツ:磯津ひろみ
マンカストラップ:芝清道
ランペルティーザ:谷口あかり
ラム・タム・タガー:阿久津陽一郎
ディミータ:団こと葉
ミストフェリーズ:松島勇気
ボンバルリーナ:西村麗子
マンゴジェリー:川東優希
シラバブ:五所真理子
スキンブルシャンクス:岸佳宏
タントミール:高倉恵美
コリコパット:入江航平
ジェミマ:金平真弥
ランパスキャット:桧山憲
ヴィクトリア:千堂百慧
カーバケッティ:松永隆志
カッサンドラ:蒼井蘭
マキャヴィティ:金久烈
タンブルブルータス:川野翔
----------------------------------

キャストはこんな感じでした。
五反田との違い、猫達のあれこれを書くと、また膨大な量になってしまうので、
その辺は…自重します…
少~しだけ書くけれど(笑)

公開稽古ってことで、少々資料をいただいた。
その資料に載っていたのはスキンブルの列車に関すること。
これは
キャッツの公式ブログにも書かれていることで、横浜をモチーフにしたものに変わったって事。
3箇所以外は全て新しくなったとのこと。
横浜汽車
変わってない3箇所、わかりますか???

形が変わったので、猫達のポジションも変わっていた!
お気に入りの猫がいる人はチェックしなければねって感じ

もう1箇所、「横浜」をイメージするものに変わったところがあって、それは資料には
「劇場で確認を」とあった。
結構頭でそれは登場した…。


それは…



「赤い靴」!!!!!
赤い靴




ドスンって落ちてきた時に違和感が…
何と色が赤いのです!!!
ココを変えてくるとは…


って大きな変更点はこの2つ。
でも小さいところも五反田と比べるとかなり変わっている。
ゴキブリとかグロールタイガーのくだりとか。
グロールタイガーの所は部下やサイアミーズの衣装が変わっていた。
サイアミーズは以前よりもずっと中身が誰かってのが分かりやすくなっていた。
船の帆も違ったり、と違う点を挙げるとキリがないかも。
猫達も微妙に変わってるし。
一つ挙げるとするとミストのソロの電飾付きのベストとか。
分かりにくいところの変更も結構ある。
んー、これを見つけていくのも楽しみの一つかも。
あ、ゴキブリだけは元にもどしてほしい…
ちょっと…気持ち悪いかも…

ダンスナンバーもちょっと変わった?ってフリが多少あったり、ここも、あそこも!!!って
発見が結構楽しい。

たぶん皆が気になっているのは握手席…かな?
今日は客席が全部埋まってなかったからなのか、それともそういう決まりになっているのかは
定かではないけれど、握手の時、数匹の猫はバルコニー?(って言うのかしら…)
にいて、拍手したりしていた。
握手席もちらっと見ただけだけれど、変わってるところもある。
回転席の猫はそんなに変わってなかったかも。
あと連れ去りエリアも。
(握手の猫ではなく、連れ去られるエリアもほぼ同じってこと)

初日にまた確認してみようと思った。


さて、猫達ですが…。
私にしては珍しく、ミストを余り観ていなかった。
その分全体をできるだけ観ていた。
一番目で追っていたのはシラバブ。
何よりも動きがとても「子猫」で、ジェリロ初め、周りの猫達がしっかり可愛がっているのが
とても理解できるような可愛さだった…。
ちょっとした仕種や、物陰の行動など、本当に子猫を見ているようで、
その表情の変化もとても可愛い…。
グリザベラを見つめる、子猫でも悩み、考え、でも周りのことも考え…ってそれがすごく伝わってくるバブだった…。
抱きしめたい子猫だったなぁ…
(最後の最後でグリザに駆け寄るところで躓くところもまた可愛い…

同じく可愛かったのはランペ。
私が今までみたランペの中で一番幼いカンジのする猫だった。
バブよりちょっとだけおねぇさんって感じ。
これまた行動が可愛い…。
初日もチェックしなくっちゃ

ペアで見せたのはやっぱり、カッサとタンブル。
カッサは「静」、タンブルは「動」って感じがすごいした。。。
特にタンブルがとても野生的で、その分カッサはとても物静かで…
ステキなペアダンスだし、2匹の雰囲気もとてもステキだった。。。

そして私が何より嬉しかったのは、高倉さんのタント。
いつ振りだろうか…。
目チカ後のタントソロは、やっぱり高倉さんが一番だと思っているので、見る事ができて
本当に嬉しかった…。
仕種とか目線とか、どれをとっても「猫」なんだなぁ…
あんな猫飼いたい!!!

コリコはすっごく細い!!!
女の子みたいなウエストで、リフトとか大丈夫なのかなぁって思っていたら、やっぱり
リフトの仕方によってはきつそうで、
スキンブルの列車は一番バランスの悪いものを持っていて、片付けるときあわや回転席に
ぶつけそうになっていた…
ふぅ、ちょっとドキドキした(笑)
もうちょっと肉つけてもいいのに、と。
なんなら私の贅肉あげたい…

松島さんのミストは相変わらずキレのあるダンスだし、歌も上手くなってるし、
やっぱりボールのシーンとかは自然と目が追ってしまう。
…私に観る癖がついているってのもあるけれど、それ以上に目を引くものが彼には、
彼のダンスにはある!!!
グロールタイガーのシーンでは「クワバラクワバラ」なんて声も聞こえて、
客席から笑い声も。
相変わらず客をひきつけるのが上手い…。

早水さんのグリザベラ…
やっぱりステキだなぁと…。
もう何て言っていいか分からないくらい。
55でも聴いたけれど、やっぱりグリザとして、キャッツシアターで、あの衣装で歌うとやっぱり違う。

このままダラダラと書くと、いつまでたっても書き終わらないので、今日はこの辺で強制終了!!!
まったくまとまってない文章だわ、相変わらず…。

色々と!!!!って思うところが多々あったけれど、(裏方の失敗も含めて)
初日がマスマス楽しみになった公開稽古でした…。

11日、行きます!!!
しかも、今日とあまり変わらない席で…
(今日、ブログ記者は回転席でした)
スポンサーサイト
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術
記念すべき11月11日 横浜キャッツ開幕!!! | Home | まんが

コメント

素敵!

久しぶりの柴ちゃんの猫レポ。v-10
やっぱり柴ちゃんには猫漬けの毎日が似合ってるわぁ。(笑)
レポ読んでると劇場の空気感が伝わって来ます。

私も観に行こうかなぁ。e-440

2009/11/11 (Wed) 15:58 | 雲 #B6pUstus | URL | 編集
ぜひ

>雲ちゃん。
それは雲ちゃんがLKのレポ書いてるのと同じってことかしら?
嬉しいかも♪♪

宝くじがあったたら、ネコに使おうと新たな使い道が決まったところだよ(笑)
観に来る時は是非誘ってね~
一緒にネコみたい!!!
だって、キャッツが縁じゃん!!!

2009/11/12 (Thu) 00:24 | 柴 #e2xIBKiE | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。