スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆず FURUSATO 横浜3日目!!!

さーて、とうとうこの日が来てしまった…。

ゆず 『FURUSATO』ツアーの横浜最終日(追加は別)の3日目…

初日はアリーナ、2日目の土曜日はスタンド、そして3日目の今日はセンター真ん中より
ちょっと前あたり。
やっぱりライブや舞台って真ん中基準で作ってあるから、正面から観るとやっぱり違う。
もちろんサイドからでも楽しいんだけれど、ゆずの2人やスタッフの作り上げたものは
やっぱり正面から見たものなんだなぁと思ったりもした。

3日目なので、今までの2日と違うところを少々記載。
まず、ど頭の「桜木町」で悠仁が歌詞を間違えた
まったく違う歌詞になったのではなく、前後が逆になっただけだったので、ちょっと違和感があったくらい?
(いや、直ぐ気づいたけど・笑)

後は今までの2日は「1999年メドレー」だったのが、今日は「1998年メドレー」
会場からは嬉しい悲鳴が上がった!!!
ってことはやっぱり皆、連日来てるのね(笑)

内容は…

・四時五分
・月曜日の週末
・遊園地
・ところで
・からっぽ
・大馬鹿者
・贈る唄
・シュビドゥバー


字あってるかな
昔の曲は中々聴ける機会がないから、本当に嬉しかった!!!
映像は昔の映像と今の映像が上手い具合にシンクロしたりして、舞台を見ていいのか、
映像を見ていいのか結構悩んだ

後は夏色の後の「もう1回」がもう1回あったくらいかな?
悠仁から「もう1回」ってやり始めて、結局「もう1回」を2回やった。
後ろで厚ちゃんが微笑んでるのが印象的

あ、横浜初日では悠仁はサイリウムを2つ繋げた輪を上下に1つずつかな?を投げていたのに、
土曜、日曜は投げなかったなぁ。
取り合いで血の雨でも降ったのかしら(笑)

トークは初日はちょっと違ったけれど、土日は殆ど同じような内容。
ちょっとニュアンスが違ったりしたけれど。

ゆずのライブは毎回感動する。
この為だけに1年頑張れる、そんな気がする。
2人はスタッフやお客に対して、とても感謝していたけれど、それはこっちのセリフ。

ゆずの2人がいてこそのライブ。
ゆずの2人はスタッフがいて、お客がいるから、このライブがあると言う。
でもゆずの2人がいるからスタッフも動き、お客も足を運ぶ。
何より2人だからこそ。


謙虚なのに、自然に周りに影響を与えまくって動かしまくる、そんな2人が大好き。

次は埼玉…
1月まで会えないなんて…
やっぱり静岡も行けばよかったかなぁと後悔中。

追加公演も頑張ってチケット取らなくっちゃ!!!

今日は心地い疲れが…
早めに寝て、仕方がないから、明日から仕事に行こう…。
スポンサーサイト
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用
傷つけられたのは私… 11月17日アイーダ | Home | ゆず 『FURUSATO』 横浜2日目

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。