スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルテオ

20091227135827

ずーっと行きたかったコルテオに行って来た
行きたいと思いつつも、そのままになっていた…
そんな時、友達をお茶をしていたら、彼女も行きたいと
さらに重なるもので、チケットが手に入りそうな雰囲気になって、それが運よく
手に入ってしまい…
そしてそして、滅多に休みが取れない友達も休みが取れた…
これはもう行くっきゃないでしょ
で、行って来た

コルテオにはやっぱりテントがよく似合うと思う。
雰囲気が…
って常設のZEDには行った事がないんだけれど、常設だと最初に行かないと
いつでもいいやって気持ちになってしまって中々行かないんだなぁ、これが。

で、コルテオ。
毎回グッズでなぜ傘?って思うんだけれど(笑)、私はタンブラーを
友達はタオルとファイルを購入。
席はCブロック。
ステージの正面があるとするなら正面。
今回のステージは客席が舞台を取り囲む円形のような感じになっているので、
どこが正面って言いづらい。
でも音響、照明ブースがあるので、こっちが正面だと思う(笑)
私達の席はほぼ真ん中。
音響ブースの後ろ側。

始まって直ぐにアトモスのようゾクゾクと現われる演者たち。
もう人の大きさの概念がそこで…消える…。
どの人が平均なの?ってくらいシルエットが違いすぎる。
そこでもうコルテオの世界へ…。

舞台は紗幕で覆われていて、それがまた美しい…
幕が上がり、舞台にはベットが…

ここからが本編のスタート。
コルテオの世界は絶対に自分の目で見ないとダメだと思う。
感じるものが沢山あって、私はこの冒頭のシャンデリアから
涙が溢れてしまって…
隣の友達もそう(笑)
二人そろって号泣に近い
だって、この瞬く時間の為だけに、この人たちはいったいどれだけの時間をついやして、
またどれだけの努力をしたのだろうかって思うと、
もう凄いとしか言いようがないし、本当にその結果はすばらしい。
彼女、彼たちは、本当の意味での違う世界の人たちなんだろうなぁと。
私にはあんな努力は出来ないし、根性もない…。
特に根性が…


ちょこっとだけ箇条書き。
バウンシング・ベッド は絶妙なタイミングで飛び上がったり避けたり。
コミカルでいて、見せ所が沢山
子供はきっと真似したいって思うだろうけれど、…ムリだろうなと諦めるだろうな(笑)

デュオ・ストラップは最後の髪の毛が…
いくら髪の毛は人を支える強度があるとは言っても…
観て確認してください(笑)

ゴルフは(笑)
ボールがすっごく可愛い
アリスの世界かと思ってしまった♪
女王とアリスの対決の所!!

ヘリウム・ダンス
私の彼女の足に触れたかった…
人って風船で浮かぶんだ!!!って。
会話のやり取りも凄く楽しくて、一緒に物語の中に溶け込んだ感じがした。

ジャグリング
今回のコルテオは演目的には真新しいものはないのだけれど、見せ方が非常に上手い。
それを感じる事が出来るのは、やっぱりよく目にするこのジャグリングだと思う。
本当に面白い!!

ラダー、ハシゴです。
これは演者が凄いってのもあるけれど、天使が…裏方ってのもまた面白い!!
他の所でもそうなのだけれど、天使が色々と裏方(設置とか)をやっていて、このラダーでは
ラダーを持ってきてくれる。
まぁ、持ってくるだけじゃなく、これやってみ、って感じなんだけれど(笑)

リトル・ホース 、メスはちゃんとヒールを履き、たまーーーーーに手が出てくるのがまた

パラダイス
この演目は始まる前のトランポリンのシルエットも美しい…。
女性のシルエットが特に、あれを外で見たら妖精と思うな…。
で、この本編も感嘆もの。
うわぁってなんど言ったことか…。

ティーターボード
私、金髪苦手なのです。
なのに、この演目で金髪の青年に「恋」をしました(笑)
彼はシルエットがとても美しくて、何より「手」がとても綺麗
手フェチの私としてはもうたまらないわけで…。
その後はどこにいても彼を見つけてしまう自分に笑った。
彼自身は(彼以外も)自分の出番以外でも色々サポートに出ているのだけれど、
どれもこれも楽しそうにやっている。
コルテオは演者、スタッフ、本当に仲がよさそうで、団結力もすばらしいんだろうなと思った。
あ、演目的にもストーリがちゃんとあって、見せ場もあるし、本当にすばらしい!!!

タイトワイヤー
綱渡りなんだけれど、ほぼ真横から見ていた私には板の上を歩いているようにしか見えなかった…。
だって、あまりにも普通に動くから…。
最後の傾斜45度くらいの斜めの縄を歩いていく姿には本当に固唾を飲んで見守ってしまった…。

後は目立たないけれど、シンガーさんもちゃんといて、舞台の端の方でストーリに沿った歌を歌ったりしている。
とても綺麗な歌声だった。
途中で、バイオリンを弾くピエロも。
私は楽器の中で一番バイオリンが好き。
ステキな曲を沢山弾いてくれて、それでいてちゃんと道化。
んー、ステキ。

って、ざっと数演目だけ感想をちょこっと書いたけれど、この演目で初めて?かな。
心からもっとお金を払ってもいいと思った。
安いとすら感じてしまった…。
本当にすばらしい、コルテオ。
また是非行きたいけれど、あと少しで終わってしまう…。
いけるかなぁ…。

あ、舞台についてもう一言。
幕が上がると舞台の後ろ側に客席が見える。
それが鏡を見ているかのような錯覚さえ覚えさせる。
そんなところも計算されているコルテオ、本当にステキです★
そして私達が見に行ったのが25日のクリスマスだったので、最後はクリスマスのアレンジもありました
スポンサーサイト
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用
2010年正月プロモ | Home | 当たっちまったい!!

コメント

私も感動しました。。。

私も、冒頭のナレーション、そして「シャンデリア」から打ちのめされました(笑)

なんか、本当に、夢をみていた気分ですね。

あー、、、もう一度観たいっ。

2010/01/11 (Mon) 23:38 | みかん星人 #2QW/qbDE | URL | 編集
そうなんです!!!

>みかん星人さん。
あのシャンデリアから泣けますよね!!!!
本当に素晴らしくて。。。

終わってしまうのは本当に残念ですが、終わりがあるからこそ余計に輝く、なんてこともあると思うので、それも受け入れなくっちゃって思います★
コルテオを越えるカンパニーを期待します!!

2010/01/12 (Tue) 22:09 | 柴 #e2xIBKiE | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

「サーカス」の起源は、ウイキによると、円形闘技場にあるらしい。つまり、円形の舞台

2010/01/14 (Thu) 02:06 | みかん星人の幻覚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。