スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッツ クリスマスカテコ付


 
久々にキャッツを観てきました
会社の子で舞台好きの子がいて、キャッツは観たことない
年内に行ってみたい!!って言い出したので、急遽行くことに。

ちょうどクリスマスカテコもある日だったし。
実は・・・ミストが岩崎さんだし~ってのもあったんだけど(笑)

最近のキャッツはチケットがそんなに売れてないってことは知っていた(回転も当日券で出るし)けれど、
それが何故なのかってのがわかった気がした。。。
でも初めて観た友達が満足してくれていたのでよかった

個人的にはいろいろと不満に思うことが多かったので、今回のレポは短い。
なぜってミストのことと、あと数匹の猫しか書くことがないからさ~
(クリスマスカテコはまだ明日、明後日とあるので、追記にちょこっと書きます♪)

今更言うまでもないけれど、ミストはミストのソロ以外でも可愛いし、かっこいいし、ダンスも素敵だし、他の猫との絡みもいいし、もう言うことなし
タガーナンバーのとき、スキンブルと一緒に登場したミスト。
土管に滑り込んで、暫くタガーを観ていたけれど途中で飽きたのか土管の中へすっぽり消えてしまった。
時折見える耳の動きが可愛い
後にランパスがしたから上ってきたので、しかたなく起きた顔もまたかわゆし。
バストファのときの料理リレー時も、リレー終了と同時にお皿を持ったまま後ろを向き、ひたすら食べていて、両サイドから突っ込み&一緒に食べたりしていて、もうめちゃくちゃ可愛いし、仲良し猫達でほほえましい。。。
舞踏会時はもう…楽しそうな表情、生き生きとしたダンス、それが切れもいいし、歌声もいいし・・・
ミストがいるだけで、キャッツに行ってよかったなぁとすら思う。
リーナとのソロダンスも飛び出し方も勢いがあり、何より動きが美しい…
私の脳内映像を見てもらいたいくらい
私の言葉では語りつくせない。。。

クリューミストは、・・・船が起き上がったとき、クリュー全員で手を掲げていたっけ?
その辺の記憶が定かではないけれど、勢い欲上げたこぶしがたまらなく可愛い(笑)
グリドルにチューしようとしているミストも・・・(以下省略)
スキンブルナンバー ヤクザなくだり、隣にいたコリコと遊んでいて、ヤクザマンカスを見た瞬間コリコの後ろにジャンプ!!
小さくなって震えていた。。。
か、可愛い。。。
ソロナンバーは、もうここは語りつくせない。。。
ゴミ捨て場に降り立ったその瞬間から輝いて見えた(実際きらきらしてるけど・笑)
一歩一歩の躍動感、彼自身からあふれ出る光のようは雰囲気(黒猫だけど)、それはデュトがいなくなって不安におびえる猫達の心に差し込む光なのでしょうねーとすら感じた。
各マジックもタイミングといい、リズムといい、もう文句なし。
(あるとすれば、レンジ上のマンゴたちかな。 出てきた花?をそのまま持って終了。。。って、
もうちょっとびっくりするとか、あわててみるとかやって欲しかったなぁ)
ジェリロとコリコの動きを止めるのも・・・ってこれはコリコに拍手
大きく口を開けて動作ストップ。
解除されたときにはその勢いのまま、下に滑り落ちていて、びっくり顔がまた可愛かった~
コリコも好きー
デュト救出の後も緊張した面持ちのまま赤い布を抱きめ、不安そうなミスト。
それをやさしく見つめ、振り返るよう促すマンカス、好きだなぁ、このシーン。
これは岩崎さん自身の人柄なのかもしれないけれど、デュト救出の後の嬉しそうな顔のミストに対して、
他の猫達が笑顔でやったな的な感じでお尻をたたいたりしていて、それにミストも笑顔で答えるみたいなのがあって、「あぁ、ミスト愛されてる」って嬉しく思うと同時にジェラシー(笑)

ってな感じかしら。。。
早水さんのグリザはやっぱり何度聴いても素敵な歌声だし、心地いい。
シラバブの五所さんも可愛さ抜群。
シャコシャコ一生懸命歩く姿がなんともいとおしいし、他の猫にかまって~って突進していくところもまたかわゆし。
ジェミマの撫佐さんの笑顔と仕草は可愛かったなぁ。
マンゴとランペもいいコンビ。
マンゴは武藤さんがやっていたマンゴとは年齢設定が違うように感じて、斎藤マンゴのが若め。
はしゃぎっぷりが可愛くて、ランペに上手い具合?に尻に敷かれてそうな感じがして好感度大
ランペも可愛かった~
カッサ&タンブルのコンビも好き。
蒼井さんのカッサは本当に小さく、笑顔が可愛く、ダンスも見栄えする。
川野さんのタンブルも勢いがあって好き~
それでいてカッサに対するやさしさが溢れていたし。
入江さんのコリコも可愛かった。全編通して。

ぐらいかなぁ。
後は・・・ね。
自粛します。。。
もしかしたら追記に書くかも。

【キャスト】
グリザベラ:早水小夜子
ジェリーロラム=グリドルボーン:朴 慶弥
ジェニエニドッツ:礒津ひろみ
ランペルティーザ:石栗絵理
ディミータ:原田麦子
ボンバルリーナ:王 クン
シラバブ:五所真理子
タントミール:八鳥仁美
ジェミマ:撫佐仁美
ヴィクトリア:土井礼子
カッサンドラ:蒼井 蘭
オールドデュトロノミー:米田 優
アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズ :橋元聖地
マンカストラップ:武藤 寛
ラム・タム・タガー:金森 勝
ミストフェリーズ:岩崎晋也
マンゴジェリー:斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス:劉 昌明
コリコパット:入江航平
ランパスキャット:高城将一
カーバケッティ:齊藤太一
ギルバート:鈴木伶央
マキャヴィティ:桧山 憲
タンブルブルータス:川野 翔


クリスマスカテコ
ゴミ捨て場中央のただ1匹のバブ。
シクシクしくしく泣いている。
そこに口笛を吹きながら通りがかったタガー。
泣いているバブに気づき、引き返す。
タガーソロと同じ空を突き破る方法で再登場。
びっくりするバブ。
鼻歌を歌うが笑わないバブ。。。

そこへ登場したミスト。
バブに近づき、じゃれ始める。
バブ、真剣にミストとじゃれ始め、ショックを受けるタガー・・・そして寂しそうな後姿を残しつつトボトボと退場。。。

そこへサイリウムを持った4匹(ジェリロ・グリザ・デュト・ガス)が登場。
クリスマスソング(英語)を歌う。
歌終わりでスキンブルが登場。
指笛(※声で・・・)合図で全員登場。
バブ喜ぶ。
汽車になるゴミたちを各々が集めてくる。
そして飾りつけ。
汽車になり、スキンブルナンバーにあわせて汽車が発車。
右むいたり、左むいたりする汽車。
本編と違うのは、スキンブルとミスト、バブが汽車の横で踊っていること。
この踊りがまた可愛いし、ミストがたまらなく楽しそう♪
(たぶんバブもスキンブルも楽しそうだったんだろうけれど、観てなかった。。。)

汽車解体後、新たなゴミを追加して、タイヤの上にツリーが登場。
するとデュトとグリザが魚にリボンつけて登場。
そのプレゼントをバブへ。
大喜びのバブ。
皆がクリスマスソングを歌う。
魚をむさぼり食べるバブ、やがてスヤスヤと眠り始める。。。

皆が幸せそうにバブを覗き込む・・・

とそこへ空気の読めない(読まない)タガーが「メリークリスマス」と叫んで登場。
びっくり飛び起きるバブ。
皆ににらみ付けられ、肩を落とすタガー・・・
バブのところに持ってきたプレゼント(箱型)をそっと置き、立ち去ろうとする・・・
そこへ、本編でグリザがメモリーを歌った後に立ち去る→バブ手を取る、その場面の曲が流れ始め(笑)
立ち去ろうとするタガーへ歩み寄り抱きつく(ここが本編と違う・笑)、タガーも喜び、センターへ。

って感じだった。
多少前後するかなぁ。。。

今日はいつもの集中力がなく、あまり覚えていないので自信なし。。。
笑えるクリスマス特別カテコでした~
でももらったサイリウムって何か意味あったのかしら?ってのが疑問。。。
特に配らなくてもよかったのでは・・・なんて。



------------------------------
そしてここからは、ちょっと愚痴。
キャッツに人が入っていないのは、五反田から横浜だったし、同じ関東だから来る人が少ないのかなぁと思っていた。
けれど、今日行ってちょっとわかった気がした。
ミストやグリザとかちゃんとそれぞれの猫(人)生を生きてる猫もちゃんといる。
けれど、大多数の猫が、自分のソロパート以外ではその猫を生きていないって感じた。
台詞(歌詞)やソロだけがその猫の生き様ではないと思うし、それこそがキャッツの舞台の楽しさなんじゃないのかなぁ。

ソロパートを持ってる猫以外を観て楽しむ(たとえばタガーのソロとか、そのときにタガー見なくてオス猫達観てるとか)のもキャッツの(他の舞台もだけど)楽しみ方だと思う。
特に主役みたいのがなく、全員が主役ってのが楽しいんじゃないかと。
それが、ソロパート以外はその猫じゃなくなってるってのはどうなんだろうか。。。
魅力が半減どころか、興ざめしてしまう。

ダンスにしたって、個々は素晴らしくても全体はバラバラ。
タイミング、リズムの取り方、見上げ方、どれをとってもバラバラ。
同じ方向を見上げるときだって、みんなそれぞれどこみてるの?って感じだったし。
舞台上に立って以上、端にいようが、センターにいようが、ちゃんとその猫として生きてもらいたい。
ミストが好きだけど、ミストだけが好きなわけじゃないし、私。
ちゃんとキャッツとして好きだから、もっとこみ上げる「好き」って気持ちをあふれ出させる舞台であってもらいたい。
それは回数だけこなせばいいってものじゃないと思うのです。。。
せっかく近く(私の地元)でやってくれているのに、通いたいって思えないのは寂しいことだ。。。
もちろんミストには毎日でも会いたいけれど
スポンサーサイト
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術
マンマミーア!!! | Home | アベニューQを観た!!!

コメント

わかる…

私もライトが当たっていない端っこでも役を生きてる俳優さんが好き。
そんな人が以前の四季にはたくさんいたのにね。
何か淋しいね。v-409

それにしても、柴ちゃんのレポはやっぱりいいなぁ。
読んでて劇場の空気感を味わえるのよ!
こたつに入りながらゴミ捨て場を体感出来たよ。(笑)
そして、ミストに会いたくなっちゃった。
柴ちゃんにもね。v-290

2010/12/28 (Tue) 10:52 | 雲 #B6pUstus | URL | 編集
なんかさー

久々のキャッツだったから期待しないで行こうと思いつつも期待しちゃったんだよねー。
それなのに…。
自分の中のベストキャストと比べてしまうからなんだろうけれど、
舞台端にひっそりといるときにだって、そのキャラクターでいてもらいたいんだよね。。。
あなた誰?状態な人(猫じゃないの)ばっかりだったから、かなりがっかり。。。

わたしも雲ちゃんに会いたい~
こっちに来る予定が出来たら教えてね♪

2010/12/29 (Wed) 11:12 | 柴 #e2xIBKiE | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。