スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンマミーア!!!

マンマミーアを観てきた。
2回目のマンマ。
前に見たときは、保坂さんのドナだったなぁ。。。

濱田さんのドナも見たくて、でもどうしようか悩んでいたら
濱田さんのドナは必見だよと言われ、当日券でドナに会いに海へ。。。

今更濱田さんのすごさってのを語っても仕方がないのだけれど、
なんであんなにドナの気持ちが伝わってくるのか不思議。
私がそう思ってるだけなのかもしれないけれど・・・

表面的には強くても、心はともて弱いところがあるドナがなんだかとても可愛くて、
男性達が一発屋といわれようともほっとけなかった気持ちもわかるって感じ(笑)
阿久津さんのサムも、サムの耐えるところは阿久津さんにはないように思ったけれど
(阿久津さんのイメージだと、たとえ他の男と出て行っても、追っかけて言ってやっぱりお前が好きだーって言いそう)
台詞まわし一つで笑いが取れて、本当に面白かった。
サムって前半歌がないから、次第に歌ってよーーーーーって思ってしまったり。

個人的な感情で言うと、私にとって濱田さんと阿久津さんはアイーダとラダメスで、
濱田さんと阿久津さん(もしくは福井さん)が出ている舞台を見ると、アイーダとラダメスはまた生まれ変わって出会ったんだねなんて思ってしまうところがある。

だから、このマンマでも、今生ではいろいろあったけれど、最後には一緒になれたね。
探し出せたんだねーなんて思ってしまうのは…ダメなところだなぁと自覚しつつも止められない。。。

ソフィーが歌詞ふっとんだ場面もあったけれど、スカイの田中くんは動揺もみせず、しっかりと支えていたところが好感度UP。
彼の台詞でもしっかり笑いが取れてたし。

ターニャの八重沢の声がとても好きで、久々に彼女を舞台で見ることが出来てとても幸せだった。。。
理由はわからないけれど、あの声がとっても好きなのですよ。。。

男性陣も素晴らしい人たちがそろっていて、自分の分身が欲しかった。
そしたら私①はドナ、②はサム、③は…って分けてみることができるのになー。
でもそれが出来ないからこその生の舞台なんだろうけれど。

ペッパーの大塚さんももっともっと出番がほしいって思うくらい面白かった♪
ターニャともっと絡んでほしかったなぁ。
って舞台進行的にむりなんだけれど。

今回は無理してでも行ってよかった。。。
もっともっと濱田さんの歌が聴きたいなぁ。

音響は最悪だったけれど、とても素敵な舞台だった。
なんであんなにカラオケな舞台になるのか不思議。
マイクの音量、はじめから上げすぎだし、オケとのバランス最悪。
音響の力ってすごいんだなって改めて思えたけれど、もっといい意味で思いたかった。
音響の力量一つで舞台がとても安っぽくも興ざめしてしまうこともあるんだなーと。
今回は役者の力で音響をカバーしていたけれど、本来なら、役者をバックアップするのがスタッフの仕事。
もっともっといい舞台にしてもらいたいな、なんて最後は愚痴。。。

後日、感想書き直すかも。。。
【出演者】
ソフィ・シェリダン : 谷口あかり
ターニャ : 八重沢真美
ロージー : 青山弥生
サム・カーマイケル : 阿久津陽一郎
ハリー・ブライト : 味方隆司
ビル・オースティン : 野中万寿夫
スカイ : 田中彰孝
アリ : 木内志奈
リサ : 柏 円
エディ : 丹下博喜
ペッパー : 大塚道人


【男性アンサンブル】
田辺 容
杉原 剣
友部正輝
大空卓鵬
正木棟馬
渡井真一
河野駿介

【女性アンサンブル】
小島由夏
観月さら
小林英恵
泉 春花
海野愛理
大場沙耶
合田友紀

スポンサーサイト
テーマ: 劇団四季 | ジャンル: 学問・文化・芸術
Hey和 シングル発売♪ | Home | キャッツ クリスマスカテコ付

コメント

いいな。^^

マンマ観に行ったんだね~。
技術スタッフは置いといて(笑)、
いいキャスティングだったみたいで良かったね!

濱田さんのドナは観た事ないけど、
(観る機会もなさそうだけどi-241
柴ちゃんのレポ読んで何か安心した~。
想像してた通りステキなドナなんだね。i-237
どんな役でも縦横無尽に生き抜いてしまう濱田さんて、
いまさらながら舞台の神の子だと思う。(笑)

どんな役を演じていても、
濱田さんと阿久津さんは
私の中でもアイーダとラダメスだわ。i-236

2011/01/16 (Sun) 09:33 | 雲 #B6pUstus | URL | 編集
観にいったの!

>雲ちゃん。
皆に勧められて、濱田さんのドナは見たほうがいいって言われて行っちゃった♪
でも観にいってよかったかも。。。

濱田さんのドナは強がっているのに本当のところはか弱いっていうか、
もろさが見え隠れするそんなドナだったよ~

濱田さんと阿久津さん、やっぱりアイーダとラダメスのイメージが強くて、物語も好きだし
ラストが生まれ変わっても・・・だからついついそう思っちゃうんだよね(笑)

マンマ観ると、自分も子供(と結婚か)欲しいって思っちゃうよ~
あんまり観にいくと色々とあせる気がする。。。

2011/01/17 (Mon) 21:53 | 柴 #e2xIBKiE | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。