スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOOZA ~クーザ~

観て来ました、KOOZA

大好きなシルク・ドゥ・ソレイユの今年の演目
去年のコルテオもめちゃくちゃ素敵だったので、今年も観たくて観たくて…
そしたら去年一緒に行った子が休みが取れたから一緒に行こうって誘ってくれて、
私も休みを合わせることが出来たので、行ってきました


 

開場にはクーザモデルのTNP(低燃費・笑)の車が
うーん、可愛い

SMAPの香取くんの絵も飾ってあったけど、本当にクーザ観てから描いた?ってちょっと疑問。
演目は…


 


ソロ・トラピスとダブル・ハイ・ワイヤーで多少失敗もあったりして、ハラハラドキドキしてしまい、これこそ生って感じがした。
今回の演目でも始まる前にパフォーマーが席に来てくれてポップコーンをかけたり、風船くれたり、もうどこを見ていいのかわからない状態

舞台上にパフォーマーが上ると、セキュリティが発動して、警備員に追っかけられたり(笑)
逃げ惑うのも客席の間を通ったりするので、これまた楽しい!
誰か手伝って~ってのがあるときは、率先して手を上げたのだけれど、通路側じゃなかったからダメだった。。
残念。
(友達には笑われた)

去年のコルテオのほうがストーリー性が強く、物語として伝わってくるものがあったのだけれど、
今年のクーザはストーリー性はそれほど強くなく、サーカスの要素が前面に出ている感があった。

けれど、そこはシルク。
今回は暗転が多かったのだけれど、暗転後(中)の転換や、照明のつけ方、パフォーマーの登場の仕方など、工夫満載で、次はどんな~って期待しながら明るくなるのを待つことが出来た。
そして何よりメインキャラクターのトリックスター
めちゃくちゃ、めちゃくちゃ、めちゃくちゃ、めっ






っちゃくちゃかっこいい


開始直後なんてミスト(キャッツ/劇団四季)の松島さんかと思った(笑)
(魅せ方がとても似ていると感じた)

バトンを取り出し、彼の動きで照明が輝きだし、クーザの世界へといざなわれる…
そんな演出もさることながら、動きがもう素敵すぎ
友達と2人でキャーキャー騒いでしまった。。。

腕の動き、顔の向きをかえるだけ、それだけでもかっこいいのです。。。
また彼に会いたい。。。
(毎年シルクの誰かに惚れてるな…)

演目の中での一番の見せ場は(どれも素晴らしいのですが、特に)CMでも流れているホイール・オブ・デス

これ、すごすぎる!!!
デスって名がついているのに納得。

会場中、この演目の間ずっと、「わー」とか「おぉ」とか「!!!!!」とかばっかり
まさかそっちにまで・・・って予想外の動きをしたり、重力を無視した動きのオンパレード。
口開けっ放し、上見上げっぱなしでした。。。

始まる前に、友達から今回のは休憩までが長いから、集中力が切れてしまう人が多いって聴いていたのだけれど、気づいたら休憩で、気づいたら最後まで終わってしまっていた。。。
そんなあっという間の開演時間でした。。。

出来たらまた行きたいなぁ。

来年のシルクも一緒にいこうねって約束して原宿散歩して、夕食食べに東銀座まで移動して帰宅。。。
友達の行きつけのお店でおいしい上にとても安く、いろいろオマケしてもらってしまって申し訳ないくらいだった。
このお店も来年も行きたいな~。

充実した一日でした
スポンサーサイト
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用
| Home | ゆず アルバム 「2-NI-」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。