スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

624 .『日々是気付』~嵐のワクワク学校~』 東京ドーム



『日々是気付』~嵐のワクワク学校~』東京ドーム 初日の6月24日金曜日
(と言ってもこれを書いてるのは実は1ヶ月以上後だったりする。。。 日付は24日にしちゃうけど)

今後のライブの申し込みもあって、躊躇していたこのイベント。
嵐仲間(笑)のKさんに誘われて、行って来ました
しっかり筆記用具を持って行き、嵐の5人のかっこよさにメモを取るか、皆を見るかで葛藤が・・・(笑)
結局、彼等がしっかりと調べてくてくれたんだから、しっかりメモしようと心に決め、
メモしっかり取りすぎて、彼等をあまり見られなかった・・・
箇条書きされてるプリントとかほしかったな(笑)

さて、ドーム会場内。
歴代の校長(になった5人)の写真(パネル?)がデカデカと掲げられていた。
他の場所には.『日々是気付』の文字が。
このグッズが欲しかったなー、なんて。




仕事を早退してドームに向かい、Kさんと合流した時にはグッズの列が長蛇の列だったので、終了後にしようと相談して決めて、早々に中に。
チャリティー限定のグッズのみ中でも売っていたので、それだけ購入。
ちゃんと種ももらってきた
グッズにはの校章が。
可愛いな。。。

さてさて、肝心の勉強内容・・・。
これを書いているのは1月以上後、メモ内容、自分の字が読めるかどうか・・・
それがドキドキ。
ってこと?で最初の授業はドキドキ(笑)


【1時間目:ドキドキの授業】 講師:二宮先生

「皆さん、ドキドキしてますか?
 先生はドキドキしています。」

人はなぜドキドキするのか。
実際に二宮先生の心臓をCTスキャンで検査。
二宮先生の心臓は、検査をしてくれた先生曰く「アスリート的な心臓。無駄な脂肪なし。」とのこと。
ちょっと得意気な二宮先生

心臓は1度に70ccの血液を送る。
1日に何回鼓動を打つのか。
それを調べるために1日中測定器をつけることに。

この日はvs嵐の収録があったもよう。
相葉さんとパンツが一緒というハプニング?があり、鼓動が早くなる二宮先生(笑)

測定器をつけてから3時間。
3時間/12000回の鼓動。
1日にすると・・・1日/10万3572回
1日10万回の鼓動で、約7トンの血液量になる。

桁が多すぎてわからないと思うので、わかりやすく表現すると・・・。

水鉄砲:87万5000発分
目薬:2億3333万滴分 → これは21万3086日分で583個の目薬を使う(笑)

んー、分かりづらいですか?ってことで

シャンプー:466万6666プッシュ

ここで端数ばっかりな事の説明が・・・「割り切れないんだよ!」

まだまだ分かりづらいようなので、
チェ・ホンマンの体積に入れるとすると・・・42人分。

・・・・うーん、わからん(笑)

さ、ここで実験。
リレーをしましょうってことで、なぜだかリレーをすることに。
順番は潤くん翔ちゃん大野くん相葉ちゃん

なぜだか潤くんと相葉ちゃんだけ距離が長い。。。

これ、見ている側としては、距離によって鼓動の打つ回数がどれだけ違うのかって調べるのかと思っていたら・・・

「皆そろそろ近くで(嵐を)見たいかなと思って」
ってニノの優しさだった(笑)

これは血管の長さを表現したかったからみたいなんだけど。。。
人体の中の血管は約10万キロ。
地球を2周半する長さ。

皆さんが持っているペンライト(嵐のね)、これが1つ約15センチ。
ペンライト:6億6666万本分
チェ・ホンマン:218センチなので4587万人に値する。

脳の細胞にいたっては銀河系と同じ。

そして最後に先生のまとめ。
毎日7万トンの血液たちが10万キロを走っている:ニノ


【2時間目:ビリビリの授業】 講師:松本先生

授業を開始する前に、一度東京ドームの電源を全てOFFに。
真っ暗になる会場・・・。

電気はelectricity。
エレクトロン=琥珀。
これは琥珀を毛皮でこすると静電気は発生したことに由来する。

エジソンが電気を発明したのは130年前(ここで潤くん、ひゃくろっぴゃく年前といい間違え、ニノを中心に突っ込まれる・笑)。

皆さん、身近にある家電がどれだけの電力を必要としているのかご存知ですか?
と問いかけ。
冷蔵庫:500w、トースター:1200w、洗濯機:500w・・・。

ここで登場「人力発電装置」/自転車。
これで発電できる電力量の単位(嵐一人で自転車をこいで発電できる電力量の単位):1アラシとする。
さー、ここからが実験。

松本先生自らがまずお手本。
スタンドライトは1アラシ(松本先生一人)で点けられるのか。
答え:1アラシで点灯。

続いてテレビ:2アラシ(相葉ちゃん、ニノ)
ドライヤー:5アラシでも無理。

ここで登場サトミちゃん(大野君の顔型から出来たマネキン)の髪を乾かそうって実験。
5アラシでも無理だったので、蓄電池が登場。
嵐の曲1曲分の時間で電気をため、それでドライヤーがどれだけ動くのか。

曲はHappiness
5人は必死になって自転車をこいでいた・・・。
汗だくになりながら終了・・・

相葉ちゃんが「先生、モミモミの授業してください」って。
カワユイなー

さー、実験。
サトミちゃんの髪の毛は乾くのか!!!

ニノにストップウォッチを渡して、さー電源ON!!!!

・・・9秒72 サトミの髪の毛は乾かない

電車1駅分:16000アラシ(8万w)
ドイツには950社以上の電力会社がある。

今回のテーマ「日々是気付」にもあるように、興味を持って知ることが大事と松本先生。

そしてまとめ。
Happiness = ドライヤー9秒:潤


【3時間目:パクパクの授業】 講師:相葉先生

「皆、走ったり自転車こいだりしておなか減ったでしょう」と相葉先生。
おいしいしょうが焼きを作りましょうと言って作り始める相葉先生。
皆、大丈夫なのか?とドキドキしつつ、突っ込みを入れつつ出来上がるのを待つ。

ニノが給食当番に任命されて、ご飯とみそ汁を皆に配膳。

ブタのしょうが焼きをおいしく作るポイント
豚肉は焼き付ける
肉汁を閉じ込める
酒/しょうゆ:大さじ2
  しょうが:大さじ1
  にんにく:小さじ1/4
  はちみつ:適量 →こくと艶が出る

さー、出来上がったので、皆で一緒に
相:「手と手を合わせて」
5人:「なーむ」
会場大爆笑

さて、ここからが授業。
「食べるって何だろう」
世界の人口は69億人。
2090年には90億人になると予想されている。

日本の食べ残しは1900万トンもある。

相葉先生の授業は養豚場へ行き、ブタの世話をし、出荷される(食肉用に殺される)ブタを選び、出荷用のトラックに追い込む。
このロケを映像で皆で見る。
実は私の田舎でも今はやっていないけれど、養豚をやっていた。
夜中に子豚が生まれるってので、起こしてもらって見に行った記憶も、トラックに乗せられていったブタの記憶もある。
それとちょっと重なった。
その当時ははっきりってよく理解していなかったトラックにのせられたブタのこと。
それが今になって映像となってはっきりと理解させられたって感じがした。

普段、食べものは大事にって思っていはいるけれど、残してしまったりする事もある。
それについてすっごく後悔したし、なるべく食べ残しもせず、食に感謝をするようにしようと思った。

嵐の4人(相葉ちゃんは先生だから除く)も会場を埋め尽くす客も、きっと同じように感じたに違いない。

さっき4人が食べたしょうが焼き。
これは相葉ちゃんが記しをつけて、食肉になったブタの肉だった。

相葉ちゃんは
「美味しいものを食べるのではなく、食べ物をおいしく食べるようにする。動物達に感謝を。」
との言葉とともにまとめの一言。
ごちそうさま ありがとう と言う:雅紀


【4時間目:パチパチの授業】 講師:櫻井先生

まずはVTR。
博士に扮した翔くんが、水道橋の駅前に。
「さーここは水道橋。私は・・・あれ、御茶ノ水じゃないの???」って。
どうやら御茶ノ水博士といいたいらしい(笑)
掴みから会場がシーンとなり、あれれって感じの翔君。
みんな(嵐)からロケやり直しかな?って言われつつも、いや、このまま突き進みます
と力強いのか、やけなのかわからないお言葉が・・・(笑)

相葉ちゃんの深い内容の後だったから、これくらいのが丁度いいのかもって内容だった。
その内容は・・・。

VTRで翔君が褒めのポイントを紹介するので、いいなと思ったら拍手。
その大きさ/ホーンで順位をつける。

褒めのポイント①信号機 信号機の色のLED。
 信号機自体にもひさしが付いているが、小さなLEDライト一つ一つにもひさしが付いている/162ホーン
②電流盤のいぼいぼ
 ポスター、チラシがはがしやすいように付いている/(メモ忘れ)
③階段の手すりが2段になっている
 子供やお年寄りのため/161ホーン
④紙袋のギザギザ
 手や指を切らないようになっている/162ホーン
⑤28.52㎡(ドームの屋根)
 23年間1度しか掃除をしていない。30人で8時間掃除して1ヶ月かかった/148ホーン
⑥チケット(イベントの)
 4万5千人×5日分→22万5000人分のチケとは手作業で封筒に入れられている/(メモ忘れ)

まとめ
いつも心にパチパチを 翔


【5時間目:モシモシの授業】 講師:大野先生

モシモシはいつから使うようになったのか→明治から
って話から始まった。
(私の知ってるもしもしの起源とはちょっと違ったけど)

ここでモシモシの実験(羨ましかったなー)
会場の中で1人。
すでにスタッフが席を選んでいるその人と、大野君が系帯電話で話すことに。
選ばれた人はピンスポットで抜かれ、携帯を持ったスタッフが走る走る
大野君ファンという彼女は緊張と嬉しさで言葉を発することが出来ず、大野君ファンって伝えた後は息遣いが・・・。
その気持ちわかるなーと思っていたら、
大野君の後ろからニノが自分は何番目??と一生懸命聞いていた(緊張のあまりかスルーされたけど・笑)
その携帯はプレゼントって事で彼女の手に・・・
くー、羨ましすぎる~
ま、私にはこういったことは縁がなさそうだな。。。って自覚してるからいいんだけど。。。

そして大野君はビームを出せる?って話になり、この光線を浴びると手を上げるらしい。
まずは嵐の4人で実験。
1度目、失敗。
2度目、4人の協力を得て(笑)成功。

会場でもやってみようってことで、会場全体でも実験。
・・・ウエーブ???
ただ単にやりたかっただけだろう!!とメンバーに突っ込まれる大野先生。

さて、ここからが本編?ってことで、嵐のメンバーに感謝の気持ちを伝える。
日ごろ言えない感謝の気持ちを、今日は松潤に。
エピソード付きで・・・。

翔くんから
 よい子の味方のとき、松潤からもらった耳あてと手袋。
 寒いロケ対策でもらった。
 その暖かさ、身体と気持ちをありがとう。

ニノ
 J。
 なぜ僕が潤くんと呼ぶのかというと、僕より1ヶ月早く(ジャニーズへ)入っていたことと、もう15年くらいの付き合いになるのに、一度も僕のことを見下げたことが1回もないからです。
 イベントとか率先してやるし、尊敬的なまなざしで見ていた。
 潤くんには尊敬と感謝をしています。

相葉ちゃん
 コンサート本番事件です。
 衣装間違いが多く、ぬいじゃいけないところで脱いだり・・・。
 毎回お客さんと同じように見ていてくれる松本くん。
 これからも僕の衣装事情、よろしくお願いします。

大野くん
 松潤、たしか5年くらい前の舞台の出来事。
 喉をつぶしてしまって・・・
 何も言わずわざわざ家から喉の薬を何も言わないのに持ってきてくれた。
 無事千秋楽を迎えることが出来た。
 本当にありがとう。

みんな恥ずかしげだったけ。
言葉を聴いていた潤くんも恥ずかしそうだったけれど、とても嬉しそうだった。

そして大野先生はこの授業を自画自賛(笑)
なんていい授業なんだって、自分のときが楽しみのようで、今日は潤くんへの感謝の言葉だったけれど、他のメンバーへの言葉も聴きたかったな。

コミュニケーションの大切さ。
共通するのは「言葉」

人が一生のうちに出会う人数は1日に2人でも4万5千人。
顔見知りで3000人
顔と名前が一致する人が500人
友達が30人
親友が5人 (といわれている)

人と繋がるというのは「奇跡」。

まとめ。
大切な人にありがとうとたくさん伝えよう 智

そしてワクワク学校の校歌を歌うことに。
ふるさとのメロディーで多少歌詞がちがった。
モニターに歌詞が出て、会場の皆で合唱。
1~2は嵐が、そして最後に生徒(客)が一緒になって歌うって感じ。

歌詞もメモったけれど(出来るだけ)、ここでは割愛。
今回はメモしてあったって事もあり、かなり(いつもどおりか?)長いので・・・。
自分のメモが読めなかった(読みづらかった)ので、多少違うこともあるかもしれないけれど、こんな感じのイベントでした。
楽しかったー。
そして考えさせられた。。。

さて、次に嵐くんたちに会えるのはライブ
楽しみだ~
スポンサーサイト
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用
チケット運… まったくない!!! | Home | やなPと井料さんの素敵なライブ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。