スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あゝ、荒野



自分ではチケットが取れず諦めていたこの舞台、「あゝ、荒野」。
取れたお方からまた女神のようなお言葉をいただき、一緒に観る事ができた

---------------------------
原 作 寺山修司
脚 本 夕暮マリー
演 出 蜷川幸雄
音 楽 朝比奈尚行
出 演 松本潤、小出恵介、勝村政信、黒木華、渡辺真起子、村杉蝉之介、江口のりこ、月川悠貴、立石凉子、石井愃一 ほか
会 場 埼玉公演:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
東京公演:青山劇場
公演日程 埼玉公演:2011/10/29(土)~11/6(日)
東京公演:2011/11/13(日)~12/2(金)
---------------------------

・・・自分も「舞台」を観るって気持ちよりは「松本潤くんの舞台を観に行く」って思いが強かったことは否定できないので、他人のことをとやかく言えないんだけれど、
それでも「舞台」ではなく、「松本潤」くんを観に来た人たちよりかはかなりマシだと思う。

って終わった後に思っちゃうような舞台でした

まだ終わってないので、内容にもちょっと触れちゃうかもしれないので、続きは下へ・・・。
まぁ、わかってはいたのですよ、「嵐」「松本潤くん」のファンがほとんどだって。
舞台なんて観たことない人が多いんだろうなって。

でもなんかひどかった。。。

1幕は緞帳なしの客入れとあまりかわらない時間からアンサンブルが客席から舞台にあがってアップをしている場面から始まる。
だから時間になったらなんとなく始まっちゃってるって感じだった。

そんな感じだったから、客電もついたままだったし、他の舞台でも遅れてくる人ってのは必ずいるからいいんだけれど、ちょっと多すぎる。
携帯の電源も入れっぱなし、松本くんが出てくれば「出てきた」「かっこいい」「次はいつ出るんだろうね」とかずーーーーーと話してる。
ヒソヒソではなく普通に。

カバンもガサガサし続けたり、季節柄しょうがないけれど、咳も多い。
でも松本くんの出番は我慢しても他の人のところで一斉に咳がはじまるのはなんなの?って感じ。

結構長台詞が多いのにまったく聴こえなかったり。
ありえない。

松本くんが出てくれば、一斉に前のめりになり、双眼鏡でじっくり観察。。。
もうあきれ果てた。。。


舞台の内容とは別のところでこんな気持ちになるだなんて。。。
せっかく行くことが出来たのに、舞台内容とは関係ないところでかなりがっかり。


肝心の舞台は、「高校演劇をプロがやったらこうなった」って感じがした。
私には受け止めきれる内容ではなかったなー。
どこに向かって飛んだのか、そしてどこに着地がしたかったのか、2幕の終わりまでほとんどわからなかった。
小ジャンプが多すぎて、いったいどれが本当にジャンプなの?って思ってしまって。。。

松本くんも小出くんも、2幕は平気だったけれど、1幕は身体だけつくって役作りは微妙?って思ってしまうところも結構あった。
演出のせいなんだろうなとは思うけれど。

1つ1つの台詞が長すぎて、間とか溜めとか取る暇もなく、一気に台詞を読み上げているって所が結構あった。
小出くんの役は「どもってしまって、上手く感情を伝えられない」って役なのに、そんなにスラスラ話せるんだ、どもりって最初の言葉を2回言うことじゃないよね?って思ったり。

役者だけで話を作っているわけではなく、きっと出てきた全てのもの(道具とか)に意味があって、それを理解して初めてこの舞台を理解できるような気がする。

そんな気がしたけれど、あれって何?って考え出すと、理解できなかったかも。

松本くんや小出くん、他のキャス、誰でもいいから1人に絞って感情を追って観るのがいいのかもしれない。
全体を見ると渦に巻き込まれて迷宮入りって感じがした。

原作読んだら違うのかな?
原作読んでないから、そして読解力が足りないのかも。
客席にイライラしちゃったしね(笑)

席は1階の後方だったけれど、役者の方がよく歩く通路に近かったので、役者さんたちはとても近く観られて臨場感はあった。

この舞台は役者もスタッフもマチソワ大変そうだなー、ってのが一番の感想かも。
スポンサーサイト
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用
怪物くん、サイコー!!!!! | Home | セブンイレブン・怪物くん

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。