スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIME

TIMEを見てきた。

CMで見て、ちょっと気になっていた所で友達が何か映画行きたいと言い出したので、それならばと一緒にみてきた。

内容はリンク先を見ていただくことにして、以下続きには内容にちょっとふれた感想を。。。

これから見る予定のネタバレが嫌いな人は開かないようにお願いいたします。
なんだろうか・・・。
ちょっと内容(というか描ききれなかったのか?)が足りない気がしてならない。

そもそもタイムキーパーはウィルの父親とどういった関係で、ウィルの父親の本当の最後がどうだったのか、等、複線があるにも関わらず放置で終了ってのが気になるといえば気になる。
もちろんウィルの父親が何をしたかったのか、って部分は物語の流れ的にも読み取れたのだけれど、あれだけ含みのある描き方をするのであれば、ちゃんと描ききってもらいたかったかも。

そもそもこの世界は全員が25歳で時間が止まるとあるのに、タイムキーパーや数人25歳には見えない人もいたし。

時間=命=お金である世界で、腕の動きでその時間のやり取りが成立するってのはわかるんだけど、やり取りの時間が譲渡する時間に関わらず早かったり遅かったり。
これもなぜなんだか。

最後シルビアが先陣を切るように銀行(時間)に襲撃に行くのだけれど、さすがに2人であの大きさの銀行は無理でしょうって感じ。
最初に成功したのは彼女がその銀行の娘だったからなのに。

結局この映画の世界はどう進んで終わるのかよくわからなかった。
ウィルとシルビアが次々と銀行を襲って時間を貧しい人たちに配ったとしても、そもそもその時間だってシステム化されている限り、どこかでシステムをいじってしまったら盗むこと自体何の意味もなくなるわけで、
やっぱり長く生かされるのは、そういったシステムを運営している富裕層になるんじゃ・・・なんて思った。

そうじゃなかったとしても、時間だって限りがあるんだから、配るだけ配ったら、あとは死を待つのみって日々になるんじゃないのかな。
今の世界と違うのは、死ぬ時間が確実にわかるってこと?

うーん。
よくわからん。

そしてもう1つ。
シルビアが25歳の誕生日を迎えたとき、「私は今後この顔のまま」みたいなことを言う。
それってやっぱり身体の成長が止まるから、顔もかわらなければ、髪の毛も伸びないってことなのかな?
でもそうすると、貧困層のひげが伸びている人たちってのは25歳の時点で既にその容姿だったってことで、ひげは一度そったらもう2度とのびないとか?
じゃ、怪我したらやっぱりもう治らないの?
とか
考えるとすごく疑問ばかり。

こうゆう映画が疑問をもったらダメなんだろうけど、色々と考えてしまう。

映画の設定や話の流れ自体は面白かったかも。
ただ、ちょっと色々と中途半端だったのが残念かな。

久々に戦隊ものやライダー以外のを見た気がする。
映画ってやっぱり面白いかも。
また観にいこうっと。
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
スターバックス アウトレット | Home | あぁ、放置・・・。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。