スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケート 世界選手権 2012/3/31

フランスのニースで行われたフィギュアスケートの世界選手権。
今回は(女子は結果だけで見てないけれど)感動しっぱなし。。。

ペアの高トラ組の銅メダル。
キスクラでの得点待ち、順位が出た瞬間の喜び方が見ているこっちもとても嬉しく感動してしまった
高橋さん可愛すぎ

そして続いて男子。
金は予想通りのチャン選手で、確かにスケーティングは素人から見ても綺麗だとは思うけど、思うけどさー、と個人の好みもあって、結果が出たときはしらけてしまった。
表彰台でのブーイング(ジャッジに対するブーイングでチャン選手に対してじゃないんだとは思うけど)も物語ってるかなと。

マイナス感想はここまでで、高橋くん、羽生くんの演技に感動しっぱなし。
小塚くんは今回は残念な結果になってしまったけれど、きっと彼のことだから次回の巻き返しが楽しみ

高橋くんの演技、ジャンプはちょっと余裕がなかったかなぁって思ったくらいで、後は引き込まれっぱなし。
表情も豊かだし、ストレートラインステップ最高
彼のタメの演技とか大好き
彼の演技中は彼も見たいんだけど、客席を見るのも好き。
だって皆食い入るように見てくれているし、何より表情が幸せそうで。
確かにあの演技を実際見たら幸せになるだろうけれどね~。

そしてそして、今回一番感動したのが羽生くん
リンク外ではニコニコしているのに、演技が始まったときから気迫が違う。
ストレートラインに入る直前、思わず息をのんでしまった・・・。
躓いたときには悲鳴が上がり、終わったときには涙が溢れてきた・・・
こんなにもテレビを通じても伝わる感動があるのかってくらい。

最終グループの高橋くんがリンクにあがるまでその感動は続いてしまってジュベとかもっと真剣に見たかったのだけれど仕方がない・・・。

結果としても初の日本男子2人同時の台乗り。
生きている間に見られる日が来るとは・・・、本当に嬉しかった。
2人とも表情もいいし、ぴょんぴょん跳ねる羽生くんは可愛くて可愛くて。
演技中も一番観客が乗っているように感じられたのも羽生くんだし。
今後がとても楽しみ。

日本人男子で10代で表彰台に乗ったのも初めてな気がする。
オリンピックでも期待
高橋くん、羽生くん、そして小塚くん、誰かが一番高い位置でメダルをもらってくれたらな。
一番の希望は台独占だけど。

フジテレビのフィギュアの放送ってはっきり言って嫌い。
さらに今回は西岡アナウンサーの言葉もひっかかった。
西岡アナウンサーがフィギュアを愛してくれているのはわかってるけど、どうしても許せない。

「パトリック・チャンが切り開いた四回転時代」

この一言。
チャンがいつ切り開いたの?
不要だって、4回転なしでいいって言い切ったのは誰?

回転不足判定を取られ続け、4回転を入れない方が点数が伸びるって時代に4回転を飛び続けてきたのはジュベやプル達なはず。
高橋くんたちもそれを追い続けてきた。
それなのに「切り開いた」って何言ってくれてんの?って思ってしまった。

言葉のあやなのかもしれないけれど、これだけは許せない。
チャンが不要だと言い切ったとき、飛ばなければ新化はないと言い切ったプル。
それに同意した高橋くん。

私はそんな彼らの姿勢が大好きだし、これからも応援したい。
こんな理由もあって、チャンのスケーティングがいくら綺麗だと言っても好きになれないだけどね。

心に残るスケートこそ最高のものだと思ってるので、その点では今回の羽生くんの演技は私はずっと忘れないでしょう。
最初に好きになったキャンデロロの演技のように。
あ、あと、今回は客席にチラホラ過去に好きだったスケーターたちがいて、とても嬉しかった~。
思わず友達と電話で話しこんでしまった。。。

記憶に残るスケーターって素敵だな。
スポンサーサイト
テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ
嵐 マネキンファイブ 投票 | Home | きたーーーーー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。