スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『レ・ミゼラブル』

見てきました。
先に言います。ティッシュでは足りません。ハンカチタオルを推奨します!!!

初日に行きたかったのだけれど、平日でいけず。。。
席を予約して見て来ました!
正直、客が最悪の時に行ってしまった(隣の親父は始まってから入ってくるし、体をかきむしりまくり、臭い。
その上、貧乏ゆすり、途中寝る・・・や、On My Own で人が抜ける(5~6人)。
それ以外のシーンでもかなりの人が抜けて戻ってこなかった。。。
冷やかしか?

そんな妨害があり、思いっきり集中できなかったにも関わらずの号泣。
まいった。

来月もう1回友達と行く予定だけれど、これまた泣くな、きっと。

映画も舞台もそれぞれ違って、ここは映画が、こっちは舞台が、なんて頭の片隅で比べつつも
どちらも甲乙付けがたい。

共通して言えるのは「マリウスはないな」って事。
個人の好みでね。

コゼットは苦労すると思うなー。
だって、ぜったいや気持ち焼きよ、この人。
アンジョにだって、いなかったから分からないんだー的なことを言ってるけど、
それって誰でも彼女(コゼ)を見たら恋に落ちるって言ってるようなものでしょ。
だから、結婚したからって、彼女が他の異性と話していようものなら、きっと嫉妬の嵐よ。
しかも、仕送りは受けてないなんてエポに言ってたけれど、結局は家が高貴だから食べていけていたわけで。
仕事をしていたのかもしれないけれど、仕事を得るのだって、あそこのおぼっちゃんならって事だろうし。
しかーも、革命後にはさらっと家と仲直りしてるっぽいし。
こんな軟弱な流されやすい男はダメだね。
なんて。

エポが惹かれたのは「マリウス」ではなく、かれの高貴な物腰や雰囲気だと思う。
うん、きっとそうだ。

ジャベははじめ、このキャスト合っていたのか?なんて思っていたんだけれど、ガブの死後の行為を見て泣けた。
そしてその後の心境の変化がもう涙涙。。。
ジャベ、素敵です!!!
でも舞台では綺麗に死を迎えるのに、映画はリアルすぎる気も・・・。

バルジャンやファンティーヌ、コゼットも、出演者みんな素晴らしかった。
登場人物に対する好き嫌いはあっても、いいものはいい。

早くもう1回みたい。
そしてこれもDVD買わねば!!!



スポンサーサイト
2013年 明けました。 | Home | ARASHI LIVE TOUR Popcorn 札幌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。