スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しあわせの詩



「しあわせの詩」、出会えた事に感謝。
観るきっかけを与えてくださったMさんご夫婦に感謝。

10/12、そして千秋楽の10/14の2回、観せていただきました。

また再演を強く希望するので、ストーリーは書きません。
これは観て、感じることが大事な舞台だと思ったので。

ハンカチ、いや、タオルがないと観られない。

1回目の観劇は、冒頭から結構涙が出てきて、自分的にも早くない?
我慢してよーってことで我慢。
でも途中で崩壊。。。
涙で視界が滲みながらの観劇。
もったいない。

2回目、千秋楽。
まさかまさかの最前列。
観ている側なのに、めちゃくちゃ恥ずかしくって(笑)、心奪われた役者さんが手を伸ばせば(のばさないけど)そこに…って別の意味で鼓動が早くなっちゃって。
いかんいかん。

千秋楽の公演は、ちょっとしたハプニングやアドリブもあり、セリフ飛ばなかった?とか、噛んで言い直しとか、狛狐の雄がちょっと失敗して、同様してたりとちょっとバタついたところもあったけれど、それこそ生の舞台。
役者さんたちも場数を踏んでいるから、そんなことがあってもきっちりまとまる。
素晴らしい。

1回目の観劇とは違うところでワナワナ震えてしまった。
もちろん同じところでもやっぱり涙はあふれてきてしまったけれど。

千秋楽のカーテンコール、小野田くんのハケがタガー(キャッツ)みたいで、きゃーーーーーってなってしまった(笑)

いやぁ、CDも買っちゃったし(安い)、DVDも予約してしまった(安すぎるんじゃないかな?)。

心がギスギスして、自分のことが嫌いになりかけていた今日この頃。
なんだか、心にしっかりと栄養がいきわたり、満たされているから、周りにもやさしくなれる。

そんな自分の変化が感じられる舞台。
再演(強く希望)された折には、ぜひ観ていただけたら。。。
私はおそらく通うでしょう。。。。

続き以降は、個人的なメモみたなものなのでスルーしてください。
まず、キツネの楓。
いやぁ、惚れました。惚れました。惚れました。(3回も言わなくてもいいって?)
スラリとした体躯、伸びやかな歌声、声量、心臓がドクンドクンいいましたよ。
これで22?
これから贔屓にならせてください!!!!!

ってのは置いておいて(笑)、

死ぬことはないキツネ。
でも年は取るのね。

死ぬことはないのに、生まれてくるキツネって、全体数は増えるのか、減るのか、なんて考えてしまった。

キツネすら知らない高台の場所、それを知ってる詩織。
でも森で迷うんだ。

とかとか。
そして物語の先まで考えてしまった。

不思議な力がなくなって、キツネも見えなくなった(と思う)健。
健と悦子、森から帰った後、その後の人生で何かがあったとき、キツネ(螢ちゃんかな?)に助けを求めない強さを持っているのか。
もし2人に子供ができて、もし、その子供が病に侵されたとき、真実の願いしかかなわないと知っていても、すがりに来たりはしないだろうか、とか。
人って弱いから。
でもできれば、2人にはキツネたちに助けを求めない強い人生を・・・ってそんなことまで考えてしまった。

更にもし頼られたとき、螢はどう答えを出すのか。
なんか、願って、願いはかなわず葉は枯れ、永遠の時を過ごす…って想像して悲しくなった。

まー、想像の世界だけど。

こんな想像ができるくらい、2時間の舞台でしっかりとキャラクターたちの骨組みができていたってことよね。

この舞台、何がすごいって、物語や音楽もさることながら、俳優たちがすごく凄い(変な日本語)。
こんなに穴がない役者がそろうってすごい事だよな、って。

特に特に気になったのは、楓役の小野田龍之介くん。
そして悦子役の岡村さやかさん。

小野田くんには心を持っていかれた(楓が特にツボ)。
今後の動向チェックだね。

岡村さんは、俳優さんにこんなことを言うのは失礼だとは思うけれど、昔の浜田さん(濱田めぐみさん)を彷彿させる声だった。
あの声で歌われたら、もうたまらない。
もちろん芝居でも目の変化がすごく引き込まれた。

2回も見せていただきながら(2回とも自分でチケット取ってない)、2回しか見られなかったって思いが強い。

再演を強く強く希望したい。
できれば同じキャストで。

お願いします!!!


あ、あと一言!
螢ちゃん、めっちゃ可愛い!!!!!
あんな子、いたらめちゃくちゃかわいがるのになぁ。
楓みたいな人がいたら…っていないな。
スポンサーサイト
テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用
ロスだよ、しあわせの詩、ロスロス!(笑) | Home | ディズニー 30周年 インパーク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。