スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦子さんと


10月24日に試写会に行ってきました。

あ、写真が横になっちゃった。。。
「麦子さんと」
試写会に誘っていただいたので、仕事終わりで会場に。

はい、駅前なのに迷いました。。。

最近かわいいなって思い続けている堀北さんが出ている映画。

はい、泣きましたよ。
泣くなんて思っていなかったから、タオル準備してなくて、もう堪えたいのに堪えられず、手で拭いながら見ておりました。
(途中でタオル出せばいいんだろうけど、動くとほかの方の邪魔になるなーと思って我慢しました)

話は公式でチェックしていただくとして…。

観終わった後、こみあげてくる感情は、親への謝罪と感謝の気持ち。

結構だらだらと無駄に生きてきてしまった私なのですが、まー、色々な背景もあり、私だけちょっと、ほんのちょっと親や姉妹と距離がある。
その距離のせいで言わなくていい事を言ったり、言われたり。
それがぶわっと思い出して、うーーーーん。
ごめんねって謝りたい。
そして感謝も。

主に母に対してだけど。

なんだろう。
あまり直視したくない、後回しにしてきた思いを、後回しにすると後悔しちゃうよ、ってやさしく諭してくれるような映画かなぁ。

ま、いまだに感謝も謝罪もできてないけど、心の表面には出てきたかな。
だからたぶんいつでも言える。
機会があれば。

この機会が問題だけどね。
でも心の表面に出しておかないと、いざって時に言えないしね。
そんな心構えの準備をさせてくれる映画だったな。

周りのキャストもすごくステキで、
温水さんのところでは客席から笑い声とか聞こえてきて、実際私も笑ったけど。

使われている曲が松田聖子さんの赤いスイートピー。
帰りもずっと頭の中をリピートしてたよ。

ホンワカして、泣いたし、気持ちもなんだかすっきり。
そんな映画。

試写会のお誘いがなければ、観たいって思わなかった映画だと思う。
けど、観ることができて本当によかった。

謝罪はともかく、感謝の気持ちだけは、しっかり伝えたいな、親に。
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
『小野田龍之介 PREMIUM LIVE IN SHIODOME』10/29 | Home | 嵐のライブとCD

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。