スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋するブロードウェイ♪ vol.3  3月2日千秋楽

『恋するブロードウェイ♪ vol.3』を観てきました♪

m
出演:
太田基裕、大山真志、小野田龍之介、海宝直人、菅俣翔、内藤大希、西川大貴、法月康平、味方良介(50音順)

作・演出: 鈴木勝秀
音楽監督: 森俊雄
照明: 原田保(CAT)
音響: 松山典弘・新井登(カムストック)
振付: 吉川哲朗

スーパーバイザー: 岡 幸二郎

-----------------
セットリスト
~1部~
♪Don't Stop Believing 「glee」より -ALL CAST
♪Mr.Cellophane 「CHICAGO」より -内藤大希
♪Touch Me 「SMASH」より -太田基裕
♪One Song Glory 「RENT」より -大山真志
♪僕の願い 「ノートルダムの鐘」より -味方良介
♪Surprise Surprise 映画「A Chorus Line」より -小野田龍之介
♪Passeggiata 「The Light in the Piazza」より -法月康平
♪Santa Fe 「Newsies」より -西川大貴
♪Dyin' Ain't So Bad 「Bonnie & Clyde」より -海宝直人
♪Wig in A Box 「Hedwig and the Angry lnch」より 菅俣翔
 and more…

~2部~
Nothing 「A Chorus Line」より -法月康平
Tomorrow 「Annie」より -菅俣翔
♪踊り明かそう 「My Fair Lady」 -味方良介
♪But Not For Me 「Crazy For You」より -小野田龍之介
♪Happy Talk 「South Pacific」より -太田基裕
♪Superstar 「Jesus Christ Superstar」より -内藤大希
♪Suppertime 「君はいいひと、チャーリーブラウン」より -西川大貴
♪そばにいて 映画「魔法にかけられて」より -海宝直人
♪Everything's Coming Up Roses 「Gypsy」より -大山真志
 and much more


はい。
小野田くん目当てです。

私の方向音痴ぶりを知っている方が心配してくださり、わざわざ劇場まで送ってきてくださった。
たぶん、一人だったらかなりの時間を要したと思われる。。。
ただただ感謝です。。。

客席図も何もチェックしないまま劇場へ。
B1って何?って思っていたら2F席(泣)
遠い~
双眼鏡持ってくればよかったのかも、って思いつつも、歌を聴きにきたのだからいいのよと言い聞かせてみる。

ロビーには差し入れBOXが。
なにこれ。。。
公開処刑に近いものがあるような。。。
私が行ったのは楽日だったので、差し入れ(もちろん持って行った)はスタッフさんにあげるにしても、持ち帰ってもらえるにしても、邪魔にならなさそうな小ぶりなものを持って行ったんだけど、こんなに見せられるなら大きいものにすれば…と多少後悔(笑)
手紙だけの人もかなりいた。

さて本編の感想。。。
前評判通り音はよかった。
本編始まる前の鐘の音がキャストさんたちの声だった♪
きーんこーんかーんこーん…って。

タップダンスから始まった。
小野田くんは4番目に登場だったかな?
自分のソロ以外ではバックダンサーやコーラスなどでソロの方を盛り上げる感じ。

1幕は英語の歌が多かったなぁ。
ポップノイズが結構気になったかも。

味方さんが歌った歌は11月の小野田くんのライブで聴いたやつだし、元は石丸さんだし(日本語)、つい比べてしまったけれど、味方さんは味方さんのでやさしそうでよかったかも。
…小野田くんでまた聴きたいって思ったのはファンだから仕方がない。

小野田くんはセリフから。
もうね、聴き入っちゃって、観いっちゃって。
しかも英語で歌ってるし。
歌を聴きに来たといいつつも、双眼鏡ーーーーーって思ったね、やっぱり。
席は調べていくべきね、反省。
サプライズサプライズって頭から離れない!

で、確か小野田くん終わりでMC。
仕切りは大山さん。まずは自己紹介から。
(下手から)菅俣→海宝→法月→内藤→大山→小野田→味方→太田→西川 の順だったと思う。

大山さんが今回スペシャルな事が3つあると言い出し、龍ちゃん言っちゃってって小野田くんにふる。
小野田:えっ?俺から?(芝居調)
周り:わざとらしい/新鮮味ゼロだな(笑) 等々言われてた。

周りのガヤは無視しつつ、小野田くん進める。
小野田:スペシャルなことは3つありまして、まず1つ目。
昨日の公演の後、僕のMCがきっかけで法月くんと菅俣くんが言い争っていた。
2人の楽屋が汚いといったところ、菅俣くんが法月くんのせいにしまして、先輩をいびるなと法月くんが菅俣くんをいじめてました!
菅俣:2人で片づけた! →…今日も喧嘩ですよ(小野田)

小野田:2つ目は何といってもラストステージですから、今日来ているお客様は出演者、スタッフ以上にもりあがってくれると聞いています!
どうですか?(と客をあおる)
もりあがっていくぞーーーー(そのあと続かず)
これ、小野田クオリティ(←かわいすぎるんですけど!)
恋するブロードウェイに小野田がいないと落ち着かないでしょ?(と周りに同意を求める)
そして最後(3つ目だったかな?)
たまったもんじゃないよ、このスペシャル(周り失笑)
ここに出ているかた1に出ている方が多いんですが、2で切られたメンバーが3人がいます!!(他のキャストが止めに入る)
俺たち博品館で恋ブロができなかった。
内藤と味方と小野田が戻ってきました!!!!(大盛り上がり)
小野田:ただいま →客:おかえり
小野田:ただいま →客:おかえり
小野田:ただいま →客:おかえり
小野田:パンパン →客:寿司ざんまい(私はここわからなかった)
大山さん(たぶん):なんでこんなに浸透してるんだ?(笑)
小野田:小野田 →客:龍之介?
小野田:恋する →客:ブロードウェイ
このあたりで大山さんがわって入り(余計な事を!!と私が思っていたのは内緒)
小野田タイム終了とあっけなく?終了されてしまった。

大山さんから今回からの新キャストを紹介される。
2人いるんですよって言うのに、手を挙げたのは3人(笑)
小野田くんが3人いるんですけど、なんかしわくちゃな笑顔(の人が)。。。
菅俣くんと西川くんが自己紹介。
太田:心は18歳、体は27歳、太田基裕です!(客席から大きな拍手)
大山:甘やかさない!!(失笑)

で、そのあとはこの劇場のオープニングシリーズでやらせてもらってる的な事を大山さんが説明していた。(と思う)
なんか小野田くんがおじいちゃんのマネしていたりしてて、めっちゃ可愛かった♪
(確か、昔はここでやったって思い出すんだろうな的な感じ)
この劇場のすごいところを海宝先輩言っちゃってと海宝くんにふる。
海宝:音がいいんです、すごく
大山/小野田:からの(無茶ブリ)
海宝:言いよどむ(笑)なんだろうな(笑)楽屋にマッサージチェアがある
小野田:大山さんが離れないやつね(笑)
大山:休日のパパ的な、ね。

カミカミの大山さんに向かって、やっぱダメだなっていう小野田くんがめっちゃキュート♪

で、歌へ。
よくあのあとにふつうに歌えるなって(笑)
MCでときほぐれたのか、手拍子がノリノリ。

菅俣くんの歌終わりで
"We’re all in this Together"  「High School Musical」より全員
これはセットリストには書いていなかった。

で、休憩。
2幕(部か?)始まりは味方くん一人で登場。
これ買いました?と物販の紹介。
トートバックを見せながら、買いました?買った人?ロビーで売ってるのでぜひ、的な事を言っていた。
もっくん(基裕くん)が言っていたんだけれど、犬の散歩にいいらしいですよ。
みたいなことを言っていた。

で、で(笑)
龍ちゃんがやってたのやらせてください!
味方:味方 →客:良介(ごめんなさい、私下の名前知らなくて言えなかった。。。)
ご満悦の味方さん。(笑)

2幕はメドレーからだった。
客席に出演者さんたちが下りて行っちゃうから見えないよーーーーって思っていたら、2階バルコニー下手側に「もりあがっていこーぜーっ」て小野田くんが!!!!
変な奇声を上げそうになったわ。
危ない、本当に危ない(笑)
上手側のバルコニーには西川くんかな?
ディズニーメドレー。

フレンド・ライク・ミー「アラジン」(全員)→トゥー・ワールズ「ターザン」(小野田)→右から2番目の星「ピーター・パン」(西川)→いつか王子様が「白雪姫」(ここで笑い声が???たぶん1Fで何かやってたんだと思われる)→パート・オブ・ユア・ワールド「リトル・マーメイド」→スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス「メリー・ポピンズ」(大山さんと誰か)→ビー・アワ・ゲスト「美女と野獣」(全員)→サムデイ「ノートルダムの鐘」

たぶんこんな。
小野田くんのあとの西川くんまではわかったんだけど、あとは小野田くんおっかけるので精いっぱいで、誰が歌っていたのかメモできなかった。。。
小野田くん、うぉーーーーって叫んでた?

ちなみに小野田くんが歌ったのはここ。
愛するもののために
TWO WORLDS ONE FAMILY
こころ 合わせて
生きてゆこう

神秘の世界
愛にあふれて
暮らしは シンプル

見知らぬこの世界で
TWO WORLDS ONE FAMILY
あしたを 信じて
家族 守ろう

メドレー終わりでブロードウェイで上演されていたものを一人1個ずづ言っていく。
詰まった人から座っていく(脱落)

太田くんはトムソーヤの冒険と言い出し、周りからやれやれって言われる。
小野田くんからはもっくんは、基本盛りだからなーって(笑)

小野田くんは最後の3人まで残ったんだけど残念。
ちょっと不正しようとしてたけど(笑)
結局勝ったのは西川くん。

キャッツが出てこなかったのは残念だったかな、個人的には。

小野田くんが「ミュージックスタート」で、法月くんのNothing。
これ、女の子の歌だったけど、男の子の歌詞になっていた。「ディアナ」が「お前」とか「僕」とか「女優」が「俳優」とか。
ほぼ四季の歌詞だった。(日本語)

MC
ブロードウェイでは…
って月曜は休みとか、マチネがある日があるから、1週間で8回公演とか言っていた。
で、
俺たちは?
小野田:3日で4回(めちゃくちゃかわいい!!! かわいすぎる?)←つまり、ここしか覚えていない…。

すぐに菅俣くんの歌へ。
このこ20歳だっけ? 小野田くんより若いんだー、しか覚えていない。。。

ここでもMCかな?
俳優の名前を言っていた気がする。

すぐに歌へ。
味方さんの歌の後もMC。
経営について話していたと思う。
で、また
おれたちは? → 3日で4回!!

ここで小野田くんの歌ーーーーーーっ!
しかもクレイジーよ、ポリーの歌!
歌詞も四季と同じ。(日本語)
Nothingと違って、小野田くんのはそのまま女性の歌詞のまま。
ポリーが超美人に思えるような歌(いや、ポリーが美人じゃないって意味ではなくて、じゃじゃ馬的じゃないって意味)だった。。。
ボビーじゃなくったって求婚したくなっちゃうわ!って感じ(笑)
しっとり歌い上げていただきました?

またMC。
大山さんがメインで進めていた。
レミゼラブルの話。
ブロードウェイでは何回上演されているでしょうか?
日本で初演は何年にしたでしょうか。→小野田くん回答していた。
日本は世界で何番目に上演したでしょうか。
日本では何回上演されているでしょうか。→小野田くん、もだえ苦しむ(笑)
お客様で観たことある人?(半分くらい手を挙げていた。意外と少ないかも)
もっくん、どの曲が好き?→もっくん:告白(爆笑)
小野田:俺はやっぱりOn my ownかな?(といきなり割って入る)→歌いながら泣きだす(周り観ていようか)→帰りそうになって引き止められる(笑)

で、歌ってみようって事で
民衆の歌(エピローグバージョン) 「Les Misérables」より全員

ここでもMC。
西川くんと…誰だっけ?忘れてしまった。。。海宝くん…かな?
滑るけどやっていい?って前置きをしつつ盛大に滑った。

仕切りなおしてトニー賞の話。
どういったショーか、とかトニーさんって誰?とか。
説明していた。
で、トニー賞というのはそういう賞なんです!!!
ってしめ。
で、歌につながる。

盛り上がったのは内藤くんのジーザスかな。
コーラスが男性(内藤くん以外の全員)ってのが新鮮だった!!!
手拍子を聴く限り、ジーザス観たことある人1/3くらいかな?って感じ。
ここに来ている人はミュージカルが好きってよりかは、目当て俳優が好きって感じなんだろうなー。
この前光夫さん観たばかり(ビューティフルゲーム)だから、光夫さんのユダが聴きたくなってしまった。。。
もう二度と聴けないんだろうな。
聴きたいなーーーーーっ。

西川くん。
スヌーピーの歌、初めて聴いた。
というか、こんな舞台あったのね、って思った。
タップダンスからの歌。
彼だけ、マイク(全員ハンドマイク)の位置が違うのよ。
常に胸のあたりにマイクがあるのに、声はきっちり入る。
声量がすごいんだろうな、って思ったのと、雰囲気が関ジャニの安田くんに似てるかもって思った。
第一印象になるから違うかもだけど。

で、MC。
911の話。ブロードウェイがどうやって上演を再開させたのか。
不屈のミュージカル魂!!

海宝くんの魔法にかけられて。
子シンバ観て以来かしら?大きくなったなーって親の気持ち?(笑)
柔らかい歌でした。

大山さん、結構好きです。

で、リストにはなかった曲。
You Can't Stop The Beat「Hair splay」(全員)
日本語の歌詞を初めて聴いたかも!!!
英語のは結構好きで聴いていたから、すごく新鮮に聴こえた!

続けて
Don’t Stop Believing 「glee」(全員)

客席スタンディングで拍手。→拍手であおる。

最後にアンコール(千秋楽のみ?)
We’re all in this Together「High School Musical」(全員)
俳優さんたちがまた客席に。
また1Fの客席に行ったら見えないよーーーーって思っていたら、真横に小野田くんが!!!!!
危ない、また危ういところだった。。。
味方くんかな、逆サイドにいたのは。
小野田くんがあまりにも下手側の通路にいっぱなしだったから、肩をたたいていた。
慌てて上手側の通路に移動する小野田くん。

なかなか拍手が鳴りやまないのを見て、
小野田くんが、曲が流れればなんかやるよ!!
って言ってくれたのがうれしかった?

ほぼほぼ小野田くんしか観ていなかったけれど(すいません)楽しい時間を過ごせました♪

勢いで書いているので、多少(?かなり?)事実とは違うかもしれないけれど、その辺はご愛嬌で。。。





スポンサーサイト
『Endless SHOCK』 帝劇 3月3日ソワレ | Home | しあわせの詩2013 DVD

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。