スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Music Museum』 4月27日 ソワレ

『Music Museum』 2014年4月26日(土)~4月28日(月)の計4回しかない貴重な舞台を観てきました。
私が行ったのは27日のソワレ。



構成・演出 : 浅井 さやか
音楽監督 : 宮﨑 誠
出演 : 新妻 聖子 坂元 健児
     岡田 亮輔 内藤 大希 / 岡村 さやか 佐野 まゆ香
スペシャルゲスト:パク・ウンテ

場所はAiiA Theater Tokyo (アイア シアタートーキョー)。
【Set List】
1.JOURNEY TO THE PAST -映画「アナスタシア」
2.MAGIC TO DO -「PIPPN」
3.ONE -「コーラスライン」
4.CIRCLE OF LIFE -「ライオンキング」
5.DANCING THROUGH LIFE - 「Wicked」
6.FORTUNE FAVORS THE BARVE - 「アイーダ」
7.ME AND MY GIRL - 「Me and My Girl」
8.DREAMGIRLS - 映画「DREAMGIRLS」
9.君をのせて - 映画「天空の城ラピュタ」
10.THIS IS THE MOMENT - 「ジキルとハイド」
11.WRITTEN IN THE STARS - 「アイーダ」
12.月の光 - 作曲・ドビュッシー
13.YOU RAISE ME UP
14.キッチュ - 「エリザベート」
15.LAST NIGHT OG THE WORLD - 「ミスサイゴン」
16.BUI DOI - 「ミス・サイゴン」(日替わり)
17.愛していれば分かりあえる - 「モーツァルト」
18.HAPPINESS - 「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」
19.夢やぶれて - 「レ・ミゼラブル」(日替わり)
20.I AM MONSTER - 「フランケンシュタイン」
21.ANOTHER DAY - 「RENT」

 ※1,2,4,5,7,11,12,18 訳詩・歌詞:浅井さやか さん

岡村さんと佐野さんが出ているのと、浅井さんが演出ってので観に行きたかったこの舞台。

はい、観に行ってよかったです。

Twitterで早めに劇場入りしたほうが…と書いてあったのでロビーとかに何かあるのかな?と思ったら特になく。
何も気にせず着席。
なんと2列目ですよ…。
普段なら緊張してしまうんだけれど、お芝居だけではないってので大丈夫かな?とちょっとドキドキしながら始まるのを待っていた。
待っていたら…客席に派手なかっこ(館長さんらしい)をした坂本さんが。
あ、これがあったから早めにってTwitterで書いてあったのねと納得。

お客さんと絡んだりしてて楽しそうだった。
ファンにはたまらないかもー。
…私は舞台上で観ているだけで満足タイプなので、私の目当てがやったとしても遠巻きに観ていたいかも。
絡まれた人をうらやましいとは思うと思うけどね(笑)

構成は前半がミュージカルというか、お芝居というか。
後半はライブ形式だった。

ミュージカルの方は、心を閉ざしている新妻さん、その心を開こうとするMusic Museumの館長さん(坂本さん)と従業員?の4人。
4人はそれぞれトランプをモチーフにしているっぽかった。
岡田 亮輔さん → スペード/ピンク 
内藤 大希さん → クローバー/ブルー
岡村 さやかさん → ハート/レッド 
佐野 まゆ香さん →ダイヤ/イエロー
だったと思う。
特にさやかさんのまつ毛が可愛かった♪
💛がつっついてた!!!

額縁をのぞくと、それぞれの歌が…って感じで構成されていた。
ステージはとてもシンプル。セットもシンプル。照明もシンプル。
なのに飽きさせることなく、ストーリーは続いて、まとまっているのにつまらなくない。
さすが浅井さん。

私が知っている歌詞と違うものが結構あって、あ、これなんだっけ???って最初戸惑う事もあったけど、これがまたうまい歌詞で、アイーダのところでちょっとホロリとしてしまった。

ウィキッドのダンシング~は岡田さんたち4人で歌っていたんだけれど、佐野さんがおしりでセットを押しちゃったのがかわいくて。
舞台の話とも歌とも関係ないのにキュンってしちゃった(笑)
チャーリーブラウンの曲もこの4人で歌っていて、ところどころ歌詞を自分たちの事に置き換えていたりして、ディズニーや日本酒とかが好きなのね(←佐野さん)って思うのと同時に、佐野さんのTwitterでちょっと前にディズニーやお酒の話していたなーって思い出してニヤってしちゃったりもした。

坂本さんのサークルオプライフを聴いたときは

あーーーーーーーーーーー、終わった(この曲だけでも来てよかったの意味)

って思うくらいで、鳥肌が立ちそうになった。
坂本さんがシンバをやっていたころは、よく観に行ってたなとか懐かしくなってしまった。

新妻さんもかわいくて、歌もうまくて…そして何よりトークが面白い!!!
なんて人なんでしょうか。。。

可愛くて(美しくて)、スタイルもよくて、歌もうまくて芝居もできて、それでいてトークも面白いって、神様新妻さん贔屓なんだなーと(笑)
切れ味鋭い突っ込みと、トークのスピード。
ちょっと個人的にお話してみたくなっちゃった。
ファンになったかもーーー。
あの坂本さんですら対抗できないんだもん(笑)

どの曲もとても素晴らしくて、ミュージカルの方は、坂本さんが途中病に侵されたって場面(館長ではなく、新妻さんの彼氏役として)があって、胸を押さえる芝居でちょっと笑いそうになった(すいません)けど、短いのに内容が詰まっていて素晴らしかった。

後半のライブも岡村さんたちの歌が少ないってのはかなり、かなーーーーり残念だったけれど、やっぱりこっちも素晴らしかった。
カラオケに聞こえないってのがちょっと感動した。
結構ライブっていいつつも、ミュージカルナンバーとかだと、カラオケに聞こえる事が多々あって、ちょっと冷めちゃうときが結構あるんだけれど、この舞台はまったくそんな要素がなく、純粋に歌を楽しめた。
やっぱり歌い手さんたちがうまいからなんだろうな。

4回しかないだなんて本当にもったいない舞台だったのと、観に行けて本当によかったと思える舞台でした♪


で、その後はあるお方の誕生日のお祝いの食事に行きました♪
舞台前もクレープを食べたりして楽しかったし、充実した1日だった。。。
あーしあわせ。

しばらく観劇貧乏だけど、心の充実の為だから仕方がない。
頑張って仕事しよー。

スポンサーサイト
Disney 『アナと雪の女王』 映画 吹き替え | Home | 講談社文庫『魔法使いの弟子たち』 井上夢人

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。