スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Disney 『アナと雪の女王』 映画 吹き替え

映画ランキングでずっと上位にいるディズニーの『アナと雪の女王』をやっと観てきました。

最初、CMで観たのは英語の方。
その時は特に気にしていなかったんだけど、日本語の松さんの歌声を聴いたら吹き替えで観たい!!!
って思って。

感想は続きへ。。。
ちょっと否定的なところもあるから、そういった感想は受け入れられないって思う方は読まないほうがいいかも…です。
いい!!!

って評判しか聞いていなかったので、ちょっと期待しすぎていたのかも。

吹き替えで観た。
松さんはじめ、神田さん、他の声優さんたちもすごくよかった。
(基本的に映画とか吹き替えで観ないんだけど)
でも松さん(エルサ)のセリフと歌の少なさにはちょっと驚いたし物足りなかった。

音楽も素晴らしくて、曲もCMでも聴いていたしすぐに頭に残るメロディーで、観終わった後(前もだけど)氷の宮殿何個作るの!!!ってくらい歌った(笑)

画も本当に細かくて、テレビの特集で、雪は結晶から作ってある(そこまで映画では見えないのに)って言っていたのが納得できるくらい細かかった。
洋服や髪の毛の質感、そして水や氷。
まるで実写のような感じさえした。

なにが否定的になったのかっていうと、それはストーリー。
姉妹愛(絆)ってのはちょっと知ってたんだけど、最後 えっ? ってなった。

いいのよ、姉妹愛は姉妹愛で。
でも、力が抑えられず、人と極力接することなく、我慢に我慢を重ねて生きてきたのに、愛を実感した(大切だと思われてるって感じた)途端に力をコントロールできるって。。。

いや、エルサはいいの。
エルサには感情移入しちゃって、let it go のところではなぜか泣きそうにすらなったし。
アナだよ、私がまったくわからなかったのは。
ただ単に嫌いなタイプってだけかもだけど。
そもそも出会った日に婚約って。
しかも相手はどっかの国の13番目の王子でしょ。
一国の女王の戴冠式に13番目の王子を送ってくるだなんて、バカにされてるのか、侮られてるのかしらないけど、なんで侮辱って取らないのか。
王女としての教育がなってないじゃないの?
って親の教育を疑ったね。(←ここ、気にしなくていいところ?)

観終わった最終的な感想は、親が悪いんじゃない?
ってのと、すべてをひっくるめて愛することが大切ってのが言いたいのか?
って事かなぁと。

結局、親はエルサの力を認めなかったのでしょ。
城を閉ざして、ひたすらかくして、妹にすら接触させず。
押さえろ押さえろって。
心を冷たく閉ざさなければならない状況にいたのに、戴冠式でいきなり大勢の人の前に出て、アナのおバカで力の暴走(というか解放?)…。
雪だるまのオラフが生まれたのだって、小さい頃への回顧と寂しさの表れだったんじゃないかと。
雪だるまは幼かった時、楽しかった時の思い出の象徴なんじゃないかと。
エルサ、Wヒロインとか言われながら出番少ないしすごくかわいそうだよ、って思いつつも姉だから仕方がないのかもとも思ったり。

最後に妹の愛情表現によって力をコントロールできるようになったってのは、それだけエルサが孤独だったって事なのかと。
力を制御できるようになったら、あっという間に国の人にも受け入れられて…って、畳みかけるようなラストにちょっとなーと思わなくもないけれど、国としてみれば他の国から攻められても安心ってのはいい女王なのかも。
戴冠式にこれだけの力を見せつけたんだから、国としては成功なのかもね。

…そこまで考える必要はないか。

曲もいいし、画もすごいし、吹き替えした方々も素晴らしいし、キャラクターも(アナ嫌いだけど)いいし。
でもそれだけだったなーって感じ。
ちょっともったいないかも。

ディズニーらしいといえばディズニーらしい映画かも。
甥っ子はかなり気に入ったようで4回も見ている(笑)
主にオラフを見たいだけのようだけど。

芸能人がテレビで言っているように、何回も何十回も何百回も見たいとは思わなかった。
残念ながら。。。
曲は何回も聞きたいって思うけど。

舞台化の話も出ているらしいけれど、どうなるんでしょうね。


んー…、ちょっと経ってから思った。
エルサ、力を押さえるのはできなくてもコントロール(マイナスはできなくてもプラス)はできたのか、と。
だって宮殿や階段、氷の魔物まで作ってたし。
そしてドレスまで。
このドレスって冷たくないのかな?(笑)
そしてヒラヒラしてたから、氷ってより、結晶のドレスだったのかな?
生命まで作っちゃうし、エルサって最強の女王かも。(笑)
スポンサーサイト
テーマ: 映画館で観た映画 | ジャンル: 映画
オーシャンズ11 初日(2014/06/09) | Home | 『Music Museum』 4月27日 ソワレ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。