スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカル座 『アイランド』 星組 14日ソワレ

先日観たミュージカル座の『アイランド』公演は月組。
今日のは星組!!

omote.jpg

キャストはこの前も書いたけど…。

■CAST ※一部Wキャスト 月組/星組
ティ・モーン
《主人公。黒人の少女》  片山陽加

ダニエル
《裕福な若い白人男性》  上野聖太

トントン・ジュリアン
《ティ・モーンの養父》  森田浩平

ママ・ユーラリー
《ティ・モーンの養母》 末次美沙緒

アグウェ《水の神》      石原慎一

アサカ《大地の母》     鈴木結加里

パパ・ゲー《死を司る悪魔》  小野田龍之介

エルズリー《愛の女神》    秋山エリサ

アンドレア
《ダニエルの婚約者》     藤澤知佳/般若愛実

リトル ティ・モーン
《ティ・モーンの幼少期》    清水詩音 /北川真衣

ストーリーテラー
【男性】 吉田 雄 /大塚 俊
     石岡貢二郎
     田中連太郎
     Adam
     森西 健
     鈴木雄太
     清水康雄
     冨田浩児 /吉田 雄

【女性】 柑奈めい
     鈴木彬子
     高橋伶奈 /高橋 咲
     緒川真生 /鈴木莉菜
     頼経 遥 /杉山奈央
     植竹奈津実 /沼館美央
     能勢真理子 /安尾絵美
     野上裕加 /平栗ひろみ
     遠藤友歌里 /滝口恵梨果
     大賀萌生 /櫻井恵里佳
チケット取った(と書くと自分で取ったみたいだけれど、お願いして取ってもらった)当初は1日のみのつもりだったんだけど(お財布事情でね…)キャストを見たら大塚さん?
元四季の?って事で追加で購入。。。

観終わった感想は、月と星では結構違うものになるのね、って事かな。
全体の声の印象も違うし、雰囲気も違う。
これは好みが分かれるところだから、うん、両方の組観たほうがいいんだな、これ。

で、やはり2回目。
前回は最初の方の冒頭部分(神々の事とか、その島に住んでる人たちの説明とかが入ってるところ)をスルーしていたって気が付いた。
こんな事説明していたんだ!!って。
1回観てるから耳に残ったのかも。

土曜公演でマチソワの2回ある日で、そのソワレを見たんだけれど、2回目とは思えないくらい力いっぱい演じていた。
でも初日と違って硬さはなかったから、前観たときよりは自然に見えた。
もうちょっとセンターに来て、正面を向いて歌いこむときを自然にできるようになったらいいんじゃないかなーなんて。
ちょっと違和感あったから。
前に来ます!
正面向いて歌います!!
って感じがして。

で、やっぱりティモーン(本当はティ・モーンだけど・打つの面倒)怖いわー。
ないわ、この子(キャラクターとして)笑

瀕死のダニエル拾って「看病するわ!」→村人反対→押し切って「看病したいの!」→義理の父、ダニエルの家族に知らせに行く(道は険しく遠く、白人側からは差別されているから何をされるかわからない)→義理父数日帰らず→食事も睡眠もとらず看病する娘(ティモーン)と帰ってこない旦那心配→ティモーン、そんな義理母のいうことも聞かず看病に没頭。。。

ってシーンがあって、義理母が(義理父が戻ってこない事に対して)「何とも思わないの?」とティモーンに尋ねる。
一切無視して「しーっ」って。。。
何?その態度?
ひっぱたきたくなる!!!
ティモーンってすっごい思い込みの激しい少女で、『美』少女だから許されちゃうんだろうなー、きれいって得よねーと「美」とは一切かかわりを持ってない私は思ってしまうわけよ。
拾って育ててもらった人たちに対してそれはないでしょ!!

「ダニエル助けるために自分は生かされた」
「私たちは結婚するのよっ」

って。。。
怒りを通り越してあっけにとられる発言多し!

ダニエルの聖太さんは、いやー、いつみてもキラキラ笑顔ね♪
ダニエルって裕福な家のおぼっちゃんで、世間知らず?なんだと思うのよ。
ダニエルも「愛する人と結婚する人」って内容の歌を歌ってるんだけど、その後ろではティモーンとアンドレアが。

最初観たときは聴いてる最中では理解できなかったのよね、愛する人=結婚する人って意味なのか、後ろにいる女性(ティモーンとアンドレア)に当てはめて愛する人→ティモーン、結婚する人→アンドレアなのか…。
そしてダニエルの気持ちとしても
①ティモーンとは最初から捨てるつもりで、ちょっとした遊び感覚で付き合った。
②ティモーンも自分とは結婚できないって知っていて、愛人としてこれからも一緒にいてくれる。
のどっちなのか。

①だと押しかけ看病に来たティモーンに対する態度がもっとたくらんでそうになるだろうし、って事で世間知らずなぼっちゃんとしては②なんだろうな、と。
で、もちろんティモーンがそんな事考えてるわけでもなく。
そしてティモーンの言葉も適当に聞いていたんだろうなと。
じゃなきゃ途中でこいつやばいかもって気づきそうだもの。
家が~とか子供が~とかの発言ばっかしてるし。

で、前回観たときにびっくりした入れかわり(というか抜け出した場面)、しっかり見なきゃと思っていたら、ちゃんと隠されていて、これじゃ気づかなかったかもと思った。
そして聖太さんの後に出てくるパパ・ゲーの龍之介くん。
出てくるのわかってて、そこばかり観ていたのにやっぱりびっくりした(笑)

龍之介君のパパ・ゲー、いやー、似合う!!!
似合うね~
彼は人間以外の役やったら全部好きになるのかも(笑)
ってまだ2役しか観てないんだけど(人以外の役ね)。
最初にはまったのもキツネだったしなー(もう半年たったのね。。。)、キツネに続いて悪魔か。
やっぱり声が好きなんだな♪
ちょっとした仕草(2幕で子供ティモーンに「ん?」みたいなところがあるのよ、かわいいの(笑)←観た人しかわからないんだけど)

初日に観たときに思っていた「一緒にリズム取りたい!!」ってのは叶ったような、叶わなかったような…(笑)
拍手で参加はあったんだけど、なんか「リズムに乗って」の手拍子ってのよりか「リズムに合わせて」って感じだった。
だから最初手拍子してるのに気付かなかったのよね。。。
後ろの方に座っていたからかもしれないけれど。
なんだろ、あれ。

で、大塚さん!!
って思ったのに、そんなにセリフないのね。。。
ダニエルのパパ役もやってるんだけど、杖もってるし、ゾーザ~~~ァ!!!!(アイーダのラダメス父)
って一人で興奮してしまったわ(笑)
パーティーでティモーンが踊るシーンもローブ前のダンスに似てて、ティモーンがメレブに見えてきて、
あら、あらら?
下手前にアイーダがいるような…って錯覚に陥る(笑)←実際は誰もいない!!
もう、島だけどピラミッドたてちゃいなよ!!
大臣!大臣どこ?
って一人妄想突っ走る(笑)

ってなるとティモーン(こっちのが先の場面だけど)の子供→大人になるシーンもライオンキングのシンバだし。
いっそ蔦にぶら下がって「しんぱいないさ~」って出てきたらいいのに!笑

なんてね。
話がそれたわ。

愛の女神、やっぱり可愛い♪
ドレス、オーロラ(ディズニー)に似てるんだとわかった。
なんだっけ、この感じって思ってたからすっきりした。
でも神としてはあまり好きではないかも。(←だから縁遠いのか?)
もしティモーンが愛を捨てた(あきらめた)ら、さっさと見限る怖さが後ろにありそうで。

そうなるとやっぱり個人的には悪魔とか死神とかの方が人に寄り添ってる感じがするのよ、この話とは別にして。
弱さに漬け込むけど、最後まで付き合ってくれるもの。
全て想像だけど(笑)
パパ・ゲーも靴持ってきてくれるし←意味が違うか。結局そのあと履いてないし。

大地の母はメインのシーンもリズム感あって楽しかったし、やさしそうで暖かかった。
ステキな俳優さんだな♪

ダニエルの婚約者のアンドレア。
星組のアンドレア声好き~♪
でもなんだろ、ちょっと弱そう。
月組のアンドレアはティモーンをうまく排除できそうだけど、星組のアンドレアはティモーンがパパ・ゲーうまく使ったりして逆に排除されちゃいそうって思っちゃった。

アンサンブルのみなさんもやっぱり、舞台に対する気持ちの入れようが強いなー、と。
作品とあってる生命力の強さってのが舞台から溢れてたなと思いました。
一人ひとりのお名前がわからないのが申し訳ないくらい。

で、私が観た回は最後から2回目。
あと1回で終わってしまう。
なのに、ピンがティモーンを追い切れてないってのはちょっといただけないかもー。
あの距離なんだから、もうちょっとちゃんと追ってもらいたかったな。。。
残念。
気になっちゃうくらいぶれてたからな。
もったいない。

もう1回くらい観たかったなー。。。
資金がないんだけれど。
オーシャンズ11もあるし、嵐の学校もあるし(グッズもあるし)、ゆずのライブも来月だし。。。
ますます自分にお金がかけられないわ。
何も残らないもの(グッズは別として)にお金が消えていく~
もうそろそろ、ちゃんと考えないとな。(すでに遅い気がするけど)

で、この感想、観た翌日(千秋楽の日)のサッカー観終わってから書いてるんだけど、サッカー見ながらこんなもの作って遊んでました(笑)

龍ちゃん、聖太さん




スポンサーサイト
キキララカフェ | Home | ミュージカル座『アイランド』 月組初日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。