スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団ひまわり ミュージカル POST (船橋)



ミュージカル 『POST』の船橋公演を観てきました。
おおまかなストーリーは「ここ」で。
過去の上演時のものだけれど、内容は同じ…はず。

観に行ったのは上野聖太さんが出ていて、「こちらのブログ」でもおすすめしていたので、行ってみよう!って事で観てきました。
劇場につくまでが結構大変だったのだけれど、聖太さんのブログに丁寧に道順が写真付きでUPされていたので何とかたどり着けました。。。
初船橋!!
ふなっしーの聖地★(というか生まれ故郷?)

市民参加型って事だったので、どんな感じ?と思っていたのですが、泣けました。
結構冒頭から泣いて(隣に座っていた小さなお嬢さんが引いていたのは気づいていた・笑)、散らばっているかのように思えていた舞台内容が、最後に一本の線に紐づく。
その構成にうわーーーーーーって感じの最後。
そこまで拾って結びついちゃうの?って驚きと、拾うからこその物語の深さがじわじわってくる。

ストーリーも心温まりつつも、悲しくもあり、どのポイントに焦点を置くかで変わった見方ができる舞台だと思いました。

聖太さんと言えば、最初に出てきたらそのあとちっとも出てきやしない(笑)
いつ出てくるの???って心の隅っこで思っていると、後半どぱっと出てくる。
もー、最初だけかと思っちゃったじゃん。←そんなはずないか(笑)

キャッツのように、客席にもキャストのみなさん(市民のみなさんも)もおりてきてくださって、歌い、踊ってくれる。
市民参加型で、客席の方々が出演者の方々とお知り合いってのもあったのだと思うけれど、会場全体も暖かかった。

主に泣いているのは大人?
やっぱり、何年も生きていると、感じることがたくさんあるのね、って。
私なんて、冒頭あたりのマジョリーナの経緯みたいなのを語られてるところですでに泣いていたしね。
これはちょっと早すぎと自分でも思ったけどさ。

後半、少年と父(マジョリーナおじさん)が再会できて、盛り上がってるところで、その後ろでひっそりと…ってシーンがあって、もうタオルなしではいられなかった。。。
泣けるけれど、救いがない終わりではないので、気持ち的には重くならない涙だったからよかった。

終演後にロビーにて俳優さんたちのサイン会(おそらくDVDとか買った人用なんだと思う)もあって、一瞬迷ったけれど、POSTを観た後に、渋谷でもう1本舞台を観ることになっていたので、後ろ髪引かれながら劇場をあとにしました。。。

心が疲れたとき
ちょっと寂しくなったとき
暖かい気持ちに浸りたいとき

そんなときに観ていただきたい舞台だなーと思いました。

※涙もありますが、笑いも結構あり、何度か爆笑し、何度も吹き出しそうにもなりました!

スポンサーサイト
ifi (イフアイ) 青山劇場 | Home | 非常に無気力。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。