スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ifi (イフアイ) 青山劇場

千葉、船橋でミュージカル「POST」を観たあと、そのまま渋谷へ直行して、今度は青山劇場で「ifi (イフアイ)」を観てきました。

この舞台は(というか「も」)まったく知らなかったのだけれど、観に行けなくなった方からチケットをいただいたので、舞台の梯子は久々で体力的に大丈夫かな?って思ったけれど行ってきた。

そして今になって気づいた。
何にも写真撮ってなかった事に…。

キャストストーリーは公式で確認いただくとして、感想は続きへ。

あ、この舞台はAパターンとBパターンの2種類あったようで、私が観たのはBパターン。
(それを知ったのも幕間で一緒に行った友達に聞いて知った。。。)
この舞台はミュージカルってくくったら違うんだろうな。
どう説明していいのか難しい。
ダンスシーンもあって、ショウ的でもあるし、ミュージカルでもあるし。。。
映像もかなり使っているし、ま、いいとこどり的な?そんな感じ?←言葉にするのをあきらめた。

最後まで観て、あー、そうゆう事ねってすっきりした箇所があって、話の流的には(Aパターンとの違いを聞いて)Bパターンのがすっきりするのかな、と思った。
個人的な感想だし、Aを実際に観たら変わるのかもしれないけれど。

一番すっきりしたのは、最初の方のお店のシーンで、蘭寿とむさん演じるユーリが、恋人の弟のお店にいるところ。
弟と友達(彼女?)が話をしていて、ユーリもその話に相槌を打ったり、補足していたりするのに、2人はユーリの言葉に反応することなく会話を続ける。

1幕を観ていた時は、舞台ってそんなときあるしね、とも思ったんだけれど、やっぱりなんか引っかかって、ちょっと違和感があった。
そして2幕でほとんど同じようなシーンが出てきて、実はユーリは…ってわかった時に、存在する場所(次元)が違ったから会話として成り立っていなかったんだ…ってわかってすっきりした。

ちょっとホロリとしたり、考えてみたり。
もし、過去を選択し直せるなら、どこからやりたい?って自問自答してみたり。
色々どころか、かなりたくさん、というか、後悔ばかり思い出して、あれもこれもって思うけれど、やり直すと、出会った人たちとも出会わなくなったり、違った関係になるのか、と思うと、やっぱり今のままでいいなってところにたどり着く。

たくさんの後悔とか懺悔的なものは、来世でできたら~って結論に。。。
あ、一つ言えるのはやっぱり日本人として生まれてきたいな。

ってそれた。
この舞台、出演者さんは著名なダンサーさんとかが多かったようで、ダンスはステキだった。
それだけで美しいのにストーリーにも沿っているし、エンター的なものもある。
後は韓国の方が弟役だったかな。
もうちょっと日本語の発音がきれいだったらとも思ったけれど、ヒロ(ユーリの恋人)も外人設定?のような気がするから別にいいのかもと思い直した。

終演後はその韓国の方とヒロの役の方のトークショーがあって、そこまで聞いてきたけれど、ファンの方がすごかった。
本編中も手拍子の仕方とかが、前方だけ違ってたから、きっとどなたかのファンなんだろうなとは思ったけれど。。。
勝手に蘭寿とむさんのトークショーだと思っていたので、その点でもびっくりした(笑)


スポンサーサイト
南相馬、石巻への旅 | Home | 劇団ひまわり ミュージカル POST (船橋)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。