スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メンフィス】 1月31日マチネ

「メンフィス」を観てきました♪


31日、メンフィス、マチネ
濱田めぐみさんと山本耕史くんが出てるのなら、これは観なきゃ!!って事で2日目のマチネに。

ストーリーはここで確認していただくとして。。。

まず言いたいのはこの舞台、泣きます。
そして、このポスターからイメージする内容ではございません!笑

このポスターをイメージしていったので、???ってなったし、あのポスターの濱田さんはいつ出てくるの?ってなった(笑)

開幕してすぐなので、内容にはそんなに触れないようにするけれど、感想は続きへ。。。

内容もろくに確認せずに舞台を観に行ってしまったので、時代背景とか理解していなかった。
黒人差別が色濃く残る時代だった。

使われている曲とかはかなり乗りやすい曲調で、私は観ながら、なんで他のお客さんは微動だにせずに観られるのだろうか?って思っちゃうくらい、身体を動かしたくなるような曲ばかり。
曲はそんな感じなのに、実は結構テーマは重い。

日本に暮らして、そこまでわかりやすい差別を目の当たりにすることもなく過ごしてきたので、差別のすごさに泣けてきてしまった。

白人の少女が教会へ行ったときや、濱田さん演じる黒人女性のフェリシアが
「黒い肌の女にはチョイスもチャンスもない」って歌うシーンはもうボロボロ泣きそうになった。
他にも何か所か泣けてしまったところはあるけれど、細かすぎて伝わらないと思うので端折る。。。

あのポスターからじゃ、泣くなんて思ってもいなかったから、タオルはカバンの中だし、結構大変だった。

ウエストサイドのようなシーンもあったし、(そこでも泣いた)舞台の構造も、そういった見えない壁的なものを表現する為なのか、センターあたりで段差ができていて、相反するもの同士がその段差を挟んで対立していたりする。

大きなセット転換はないものの、場面場面でがらっとイメージが変わる。

俳優陣もアンサンブルも、オケの方々も素晴らしくて、一見の価値ある舞台だと思ったし、観終わった後(観ている間も)すごく考えさせられる話だった。

私が観た回は、ちょっとお得?だったのか、濱田さんが出てこなかったりして耕史くんがアドリブ入れてたりで、そういった点でも面白かったし、めったに見られるものじゃないし、観に行けてよかったと思った。

濱田さんは「降りてくる俳優」だと思ってるので、今回はまだなじんでいないのか、「降りてきてる」感は感じられなかったけれど、それでもやっぱり濱田めぐみさんって女優さんはすごいなーと思わせるパワーを感じた。

山本耕史くんは、私の嫌いな色の髪の毛の色だったので、ちょっとがっかりしたけれど(黒髪が好き)、歌も踊りも隅々までステキで、舞台に立つ彼はまさに水を得た魚的なものがある。
どんなハプニングがあっても、それを楽しめる強みみたいのを感じたかな。

アンサンブルの方々は元四季の方も多く、見ごたえたくさん。
そしてダンスシーンがたくさんで、これ、1日2回公演はかなりハードだと思われる。
俳優さんたち本当にすごい。

上演期間は1か月ほどと短くて残念だけれど、できればもう1回(ちゃんと濱田さんが出てくる回・笑)を観たいなと思いました。
今度はタオルちゃんと持ってね。
スポンサーサイト
劇場版ムーミン 試写会 | Home | 生しばりでイキまShow!! 19:00~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。