スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿弖流為 印象に残った台詞

さっき、勢いで思いつくまま感想を書きなぐった阿弖流為。

どの台詞もとても素晴らしく、心に残るものが多かったのだけれど、
ずどんと来たのがこの台詞。

人は義に生きる。
戦になると大義となり、急に胡散臭くなる。

坂上田村麻呂のセリフ。
あとでちゃんと確認してみたらそんなに大きく違わなかったことに驚いた。
大抵、舞台を観ながらこれは一言一句覚えておきたい!って思っても、何を覚えておきたかったんだっけ?って事が多くて。
あとでなんで紙もってなかったんだ?って後悔することが多々。

「人は義に生きる。
でもそれが戦になると大義になる。
義と大義。
大という字がつくだけでどうも胡散臭くなる…。」


この言葉の意味は、過去も、そしてこれからも変わることはないんだろうな。
戦事態がなくなればまた別だけど、人が生きている限り、それはなくならないんだろうな。

さっきのめちゃくちゃな感想の中、入れるところを探すのが面倒だったので、別でメモ書きしてみました。
スポンサーサイト
阿弖流為、東京公演 前楽 7/26 | Home | 新橋演舞場、歌舞伎NEXT 阿弖流為 7/22 昼

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。