スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤坂大歌舞伎 9月9日 12時~

『赤坂大歌舞伎』を観てきました♪





あいにくの雨だったけれど、そんなものは関係ない。
勘九郎さんの舞と、七之助さんの早変わりに期待しつつ、劇場へ。

ACTなら迷わず行けると思ったのに、降りる駅間違えちゃって、結構ワタワタしたのは内緒。
一、操り三番叟(あやつりさんばそう)

最初に出てくる新悟さん。
あぁ、かわいい。
でもすごく緊張しているのか手が震えていた。
出てくるとき、奥に彌十郎さんが見えた。新悟さんを見つめていた。

親子共演での舞、観行ってしまった。
衣装も動きも素晴らしく、素人の私には表現できないけれど、神事であることはひしひしと伝わってきた。

そして勘九郎さん。
先月は七之助さんが、今月は勘九郎さんが箱から出てきた。
その箱欲しい。。。
後見の国生さんとの息は微妙にずれていたけれど、それでも観えないところであそこまで合わせるのはすごい。
動きも本当にお人形。
瞬きもいつしているんだろうか?

額の文字は 「九」

9月9日で勘九郎で、9の三つ揃え!!!
行ってから気づいた。
狙って取っておけばよかったな、気持ちの問題だけど。


  於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)
二、お染の七役(おそめのななやく)
浄瑠璃「心中翌の噂」

七之助さんの早替えがメインなのですね、これは。
話は正直面白いとは思わなかった。
3列目で観てしまったので、舞台奥で走る音や、着替えの音、衣擦れの音なども聞こえてきて、臨場感たっぷり。
そのおかげで、客席後方から聞こえてくる「おぉ」といった歓声に逆に驚いたり。
だって、動きの音で早替えの時間が同時に進んでいるので、音が聞こえない席に比べると感動が薄くなるのかも。
(後日後方で観たときに実感した。後方で観たほうが早替えの醍醐味は味わえる)

どの役もかわいかったけれど、七之助さんと勘九郎さんが夫婦をやるところがすっごい好き。
勘九郎さん、めちゃくちゃかっこいい!!!!!
あの目でにらまれたい(笑)
この夫婦のシーンだけでも観に行ったかいがあるってものよ!!
他もステキだったけれど。

終演後、劇場外にでてびっくり。
携帯を立ち上げたら、地元に避難警報出てるんですもの。
慌てて帰ったわ。。。
もちろんグッズは買ったけど。
スポンサーサイト
テーマ: 観劇 | ジャンル: 学問・文化・芸術
赤坂大歌舞伎、千秋楽 | Home | ミュージカル 李香蘭 2015( 9月2日・マチネ)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。